体験型マーケティングの先駆けが提供するベストソリューション

即日融資可能!おすすめランキング

アコム

  • はじめての方なら最大30日間、金利0円!

  • 3秒診断で、融資可能か今すぐチェック!

  • 最短30分で審査回答・即日振込もOK!

  • 楽天銀行口座があれば24時間融資可能!

  • 無人機の営業時間が8:00~22:00に!

実質年率限度額審査時間融資スピード総量規制収入証明書
3.0%~18.0% 1~800万円 最短30~40分 最短1時間 対象 50万円まで原則不要
申込資格保証人返済システム来店必要の有無
20~69歳 無し 定率リボルビング方式 ネットだけで完結

公式サイトから申込

モビット

  • 10秒簡易審査、その場でわかる!

  • 職場への電話連絡なし!郵送物なし!

  • 「WEB完結」申込みで全て完了できます!

  • 限度額最大800万円!

  • 三井住友・三菱東京UFJ銀行口座があれば、より即日融資可能に!

実質年率限度額審査時間融資スピード総量規制収入証明書
3.0%~18.0% 1~800万円 10秒簡易審査 最短即日 対象 -
申込資格保証人返済システム来店必要の有無
20~69歳 無し 借入後残高スライド元利定額返済方式 不要

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトから申込

プロミス

  • 申込から借入までのスピードが最短1時間

  • 初めて利用する方は30日の無利息期間 !

  • 無人契約機にカード受取で土日祝でも即日融資可能!

  • 三井住友・ジャパンネット銀行あれば24時間365日融資可能!

  • カードレス対応で家族バレNGの方もOK!

実質年率限度額審査時間融資スピード総量規制収入証明書
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間 対象 50万円まで原則不要
申込資格保証人返済システム来店必要の有無
20~69歳 無し 残高スライド元利定額返済 WEB完結も対応可能

公式サイトから申込

プロミス 【レディース キャッシング】

  • 女性オペレーターが対応で安心!

  • パート・アルバイトの方でも申込可能!

  • 借入前の3秒診断で融資可能かチェック!

  • 三井住友・ジャパンネット銀行あれば24時間365日、融資可能!

  • メアド・Web明細登録で30日間無利息!

実質年率限度額審査時間融資スピード総量規制収入証明書
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間 対象 50万円まで原則不要
申込資格保証人返済システム来店必要の有無
20~69歳 無し 残高スライド元利定額返済 WEB完結も対応可能

公式サイトから申込

おまとめローン! おすすめランキング

オリックス銀行カードローン

  • 限度額300万円なら所得証明不要

  • 最高800万円の限度額

  • 月々の返済は最低7000円~

  • 提携ATM手数料は終日0円

  • おまとめローンの実績が豊富!

実質年率限度額審査時間融資スピード総量規制収入証明書
3.0%~17.8% 最高800万円 最短即日 契約後最短即日 対象外 300万以下は不要
申込資格保証人返済システム来店必要の有無
満20歳以上65歳以下 不要 残高スライド式リボルビング方式 ネット上のみで完了

公式サイトから申込

当サイトについて

即日融資可能なカードローン、キャッシング、消費者金融の比較サイト

思いがけない出来事などで、急にお金が必要になることは、よくあることだと思います。
お金はあることはあるけれど、定期預金にしているので崩せないし・・・、たとえば短い期間に少しだけお金を借りてみたい時は、どのようにしたらいいの?とお悩みではありませんか? 一口にお金を借りるといっても、いくつもの手段があります。
たとえば、即日キャッシング・低金利・無利息期間ローン・おまとめローン・女性向けローンなど、多種多様な借り方があります。
あなたの目的や条件に合うサービスを種類・特徴から探してみることが大切です。
豊富な口コミや評判を参考に安心して、お金の借り方や貸主企業選びをしましょう!

「カードローンde即日融資」はお金を借りたいけど、はじめてでよく分からない方にわかりやすくおすすめのカードローンやキャッシングまで、はじめての方でもわかりやすく比較しています。
たとえば借りるときに、カードローン、キャッシング、消費者金融とある中、どのスタイルでどの企業のサービスを選べば良いか分からないという方のために、この比較サイトはお役に立ちます。
このサイトでは、金銭借入の基礎知識、融資までの流れ、役立つ情報、各サービスの特徴や内容をまとめているからです。
たとえば、私たち比較サイト「カードローンde即日融資」では、アコム、プロミス、アイフルのような消費者金融やバンクイックなどの銀行カードローンといった、カードローン、キャッシング、消費者金融の全10社以上が提供している情報を厳選し徹底比較を行っています。
低金利で利用できる即日融資キャッシングはどこがいいのか、複数の会社での借金を一括にしたい時はどこがお得なサービスを展開しているかなど、各社サービスの確認をしておけば、イザという時スムーズに行動できます。
金利関連の情報や借入限度額などのローン、キャッシングの詳細な項目も比較しやすいようにまとめていますので、今すぐお金を借りたい方は、是非このサイトのご利用ください。

金融機関の種類

カードローンとは・キャッシングとは・消費者金融とは

カードローンとは

カードローンとは、個人の信用を重視して無担保でお金を貸す融資のことです。
審査の状況によっては、否決されることも少なからずあります。
カードローンの申し込みは、原則的に定職に就いていて安定した収入がある人なら、誰でも申込みが可能です。
ローンには、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンといった資金の使途が限定される目的ローンと、資金使途が限定されないフリーローンの2種類があります。
つまり、フリーローンは旅行に使っても良いですし、その他の遊興費に使用することもできます。もちろん、ローンの借り換えに使うこともできます。
その代わりカードローンは、資金の使い道が限定されない分、目的ローンより金利が高めに設定されています。
カードローンの返済方式にはいくつかありますが、基本的には利用残高に応じて毎月決まった返済額に基づいて、返済を続ける残高スライド定額リボルビング方式が主流です。
そしてカードローンは、毎月の返済を続けているかぎり、限度額内であれば何回でも引き出しが可能です。

キャッシングとは

クレジットカードやキャッシングカードを利用して、消費者金融の窓口、銀行のATM、キャッシュディスペンサーからお金を借りることが出来るサービスをキャッシングといいます。
ここでは、クレジットカードのキャッシングを例にとってご説明しましょう。
クレジットカードの契約内容によって、キャッシングできる金額は決められています。
もちろん、クレジットカード保有前には審査があり、審査を通過しなければ利用することはできません。
ATMやキャッシュディスペンサーから現金を引き出し、キャッシングで借りたお金の返済方法は基本的に「翌月一括払い」です。
翌月の返済日までに、借入れた金額に加えて金利分を追加した金額を、クレジットカードの口座に返済するというイメージです。
当然ですが、借り入れの期間が短ければそれだけ、金利は少なくなります。
例えば、手元に今お金がないが、返済日までに返済に必要な金額を揃えることが出来る場合などは、金利はかかりますが借りやすい方法ではあります。
一括払いをしますので、返済完了までにかかる期間は限定されています。
その分、返済計画も立てやすく金利の計算も、カードローンで借りるよりもわかり安いでしょう。また、消費者社金融のキャッシングでは、ある一定期間の借金なら金利0円の無利息キャッシングや即日融資・収入証明書不要のキャッシングのシステムもあります。

消費者金融とは

消費者金融とは、個人への金銭の貸付け(小口融資)を中心に、無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態のことをいいます。
消費者金融での借入金の返済は、毎月定額のリボルビング払いが主流です。
ローンの種類も、個人の利用であれば自由に使えるフリーキャッシングや、目的別ローンなどがあり、用途や必要額に応じて使い分けることも可能です。
ほとんどの消費者金融では、申し込みの当日に即日融資で対応しています。
パソコンやスマートフォンから申し込みを行い、30分程度の審査で即日融資となるシステムです。
また、銀行口座への振り込みによる借り入れも可能となっていますので、申し込みから借り入れまで店舗や消費者金融が設置している契約機に行く必要もなく手軽に借りることも可能です。
ただし、銀行振り込みでの借り入れの場合、規定の時間内に手続きを終えないと当日融資の手続きがとれません。
大手の消費者金融では、平日14時を当日振り込みの対応可能時間としているところもありますので、振り込み融資の利用時には、時間を計算してWeb契約の手続きをする必要があります。
消費者金融のサービスは、店舗や提携ATMでの利用のほか、銀行やコンビニなどに設置されている提携ATMで必要な金額を借りることも可能です。消費者金融での借り入れ方法は、最近ではこのように周囲の目を気にしなくても良いように展開されています。

融資の流れ

融資までの流れ

消費者金融で借り入れをする時の流れは、「申込み」「審査」「契約」と、どこでもこの3ステップです。申込みは、最近では店舗以外にもパソコンやケータイ、スマホのほか、金融会社の自動契約機や電話など、様々な方法を選ぶことができます。
それでは、申込みから融資を受けるまでの流れをご紹介しましょう。

1:消費者金融会社を選ぶ

まずは、どの貸金業者から融資をしてもらうか?つまり、消費者金融会社選びから始めます。最近では、CMでお馴染みの会社が増えてきました。自分のイメージに合ったところを選ぶのも良いですが、基本的な選び方としては、金利や融資限度額だけでなく信頼性や安全性を基準に考えていきましょう。

2:申し込みをする

消費者金融の申し込みは、多様な方法が選択できます。
『申込み方法』
*インターネット(パソコン、スマートフォン)
*電話(スマホ、固定電話)
*自動契約機・ローン申込機(借入れ専用機)
*店舗(消費者金融ショップの店頭窓口にて)
*郵送(申込書を郵送)

3:審査

申込み内容に応じて、消費者金融会社が申込者の融資資格審査を行います。
審査時間は、最近では最短30分程度で完了する場合もありますが、融資金額や申込者の借り入れ内容などで審査時間が異なります。
審査の時点で、金融会社の担当者から勤め先などに、在籍の確認電話が入ることがあります。

4:借入れの契約

審査を通過して、契約可能金額の合意が整いましたら、実際に消費者金融会社と契約を結んでいきます。契約する方法は、必要書類をメールや郵送、もしくは直接店舗に行くなどして進めていきます。もちろん、パソコンや自動契約機から直接契約できるシステムを運用している金融会社もあります。

5:融資実施、受け取り

消費者金融会社との契約が成立しますと、融資金の受け取りをします。
融資金は、銀行口座への振込みとか、消費者金融会社やその他の金融期間の提携ATMなどからの引き出しという方法があります。
最近は、消費者金融の利用法も借入者に便利に多様化していますので、利用するときにはより快適でスピーディーに借りられる方法を調べてみましょう。

融資の条件

即日融資ができる条件は!?

現在、ほとんどのキャッシング審査で、即日融資が受けられるようになっています。
お金を借りるために用意する必要書類は、基本的に運転免許証だけとなっています。
もちろん、運転免許証がない場合は、健康保険証、パスポート(顔写真と住所記載のページ)でも必要書類として通用します。
これらの本人証明書類は、自動契約機であればその場でスキャン、ネット申し込みの場合はスキャンデータを、メールもしくはFAXで送付すれば大丈夫です。
ただし、借入額が100万円以上になる場合には、もう1つ書類が必要になります。
源泉徴収票、確定申告書、市民税・県民税額決定通知書、所得証明書などの収入証明書類です。
この3種類のうち一つあれば問題ありませんが、これらを用意するのが無理であれば、直近3か月以内連続2か月分の給与明細でも代用が可能です。
給与明細書は、本人の氏名/発行年月/勤務先名(発行元)/月収・総支給額の記載が必要となり、担当者印だけの手書きの給与明細書の場合は、勤務先の社判または社印が必須となります。

融資の審査は、最短30分というスピード回答が各社基本のスピードとなっています。
即日で審査を短時間で審査に通るには、提出書類のミスの内容に注意してください。
今すぐお金を借りたい方は、提出した書類に、ミスや虚偽の申請事項があると、審査が滞ってしまい30分という短時間で審査通過どころか、悪くすると審査に落ちてしまうこともあるようなので気を付けましょう。

即日融資は、最近では身近な存在となりました。アコム、プロミス、レイクなど日本中どこにでもあるというほど主要な駅近くには、店舗やATMを見かけるようになりました。
どこにでもあり非常に便利になりました。身近になった分、借りやすくなったと言うことの裏返しです。簡単に借りられるからといっても、しっかりした返済計画を立て、借金を必ず返済しましょう。なぜなら、返済をきちんとする人にしか融資取引をしなくなったとも言われているからです。

Q&A

質問一覧

A1.はじめてお金を借りるのですが恐くないですか?

思いがけない急な出費で、どうしてもお金が必要になることもあります。そのような時にみなさんはどうされていますか?
親や友人から借りられれば良いかもしれませんが、ちょっと借りにくいということもありますよね。その場合、簡単で気軽にお金の調達が出来るのが消費者金融です。
しかし、消費者金融で借りた経験のない方は、はじめてお金を借りるときにどうしても怖いイメージをお持ちになる方もいるのではないでしょうか?
それは、その昔に一部の貸金業者が行った社会問題にもなった「怖い取り立て」方法にあるのだと思います。
しかし、今ではそうした取り立ては法律で厳しく禁じられており、消費者金融が「怖い取り立て」行いますと、即刻営業停止処分になります。また借入額についても法律が改正されまして、収入に応じた金額しか借入ができなくなりましたので、借金が返せないような状況になることは少なくなりました。
すなわち、消費者金融でお金を借りるという行為は、以前よりその危険度はずっと低くなった訳ですので、怖いというイメージはもたれる必要は無いかと思います。
銀行よりも、審査スピード速いことで手軽にお金を貸してくれますので、消費者金融とのつきあい方次第で実は意外に便利な存在にもなってくれます。

A2.何時までに申込みすれば即日融資してもらえますか?

即日融資を掲げている消費者金融はたくさんありますが、実際に何時までに申し込んだら、即日融資してもらえるかというのは、わかりにくいです。
まずは、融資をしてもらえると言うことは、審査に通過する必要があります。
つまり、どの時間帯で審査しているかです。
たとえば、インターネットから申し込みをしますと、昼間であれば夕方や夜の時間帯には審査回答をくれる場合があります。
そう考えますと、振込で即日融資を受けたいとなれば、午前中には申し込むことが必要となります。
借入先の金融機関にもよりますが、平日であれば14時までに申し込めば、即日に振り込み融資をしてくれる会社もあります。銀行振込が反映される時間というのは、一般的に平日15時までとされていますので、14時ぐらいまでに申し込みを済ませ、30分で審査を通過させ15時までに借入額を振り込んでくれるという仕組みです。
14時を過ぎて申込んだ場合、審査回答が15時を過ぎることもあります。そのような時は、消費者金融カードローンの店舗などへ来店し、自動契約機の利用する方法もあります。
会社にもよりますが、消費者金融の自動契約機のある店舗へ来店することが出来れば、1番遅い時間で当日22時までお金を借りる(引き出す)事が可能となります。つまり19時・20時でも審査が通った段階で自動契約機を利用すれば即日融資が可能となります。流れとしては、審査通過後、店舗でローンカードを発行してもらい、本支店のATM・提携ATMからキャッシングをするという方法です。よって、ローンカードさえ発行されれば即日融資が可能となるわけです。

A3.会社や家にばれませんか?

基本的に融資を申し込んで、それがばれると言うことは、ほとんどありません。
まず、何かの連絡が会社や家に来ると思われるわけで、そういう心配をされているのだと思います。
融資の申し込み審査の時は、本当に本人が申込書に記載されているように、その会社にいるのかどうかを調べる在籍確認というものをします。
それでは、ばれてしまうのでは?と思われるかもしれませんが、実はこの電話は、社名やサービス名は名乗りません。
担当者個人の名前を名乗ってかけてくる金融業者が多いからです。(銀行の場合は、銀行名を名乗る場合もあります)
ただし、自営業の方は、自宅でお仕事をされているので、自宅に在籍確認の電話がかかってきます。

また、融資を受けた後でも金融会社から何かの連絡で、自宅に電話がかかってくるとか、何か郵送物が送られてきて、家族にばれるのではとご心配の場合は、連絡先を携帯電話にしましょう。
そして、きちんと返済していれば金融会社から送られてくるのは、借り入れ明細書程度ですので、手続きをするときに明細をWeb明細にしておけば、自宅に明細書が送られてくることも無いはずですので、これらの理由から会社や家にお金を借りていることがばれる心配は無いでしょう。

A4.他社から借りていますが、借りられますか?

現在借り入れがあって、その残額を返済中だけど、他社から借りられるかどうかということでしたら、原則的に借りることは可能です。
基本的には、総量規制(借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み)に引っかからなければ、他社から借りることは可能です。
しかし、すべての融資会社がOKを出すかどうかは、その会社の判断によって委ねられますので、ご注意ください。融資OKの会社もあれば、融資NGの会社も多々あるということです。その争点は「既に融資を受けているのに、どうしてまたお金が必要な状態なのか」というところです。
融資する会社も、お金を貸したのはいいけど、返済されなければ貸し倒れになってしまい損失を受けるからです。
そういうわけで、当然審査は厳しくなります。例えば、どこが借りられる消費者金融なのか見極めるには「おまとめローン」なるサービスを提供しているかで、見極めても良いでしょう。
現在A、Bの2社から借りている場合、新規に他社から借りようと申し込んでも、なかなか審査が通らないことがあります。
解決作としては、先にご紹介した「おまとめローン」のサービスを利用して2社の借入金を精算してしまう方法です。
借り入れしている2社へは、この追加融資を受けて返済して、借入件数を減らすことで審査も通りやすくなるということです。

A5.アルバイトでも借りられますか?

アルバイトでも、一定の収入があれば、借入は可能です。即日融資のカードローンなどは、「安定した収入がある人」と明記していますので、基本的には収入があれば、誰でも借りることが出来ると考えて問題は無いでしょう。
近頃は、働き方も様々な形態が増えて、審査も柔軟な対応が増えてきていますので、アルバイトの方でも、融資可能としている金融会社は多く、銀行系・消費者金融系のどちらもアルバイトの方を対象にしたサービスがあります。
審査基準は、各会社によって様々なのですが、どの会社でも共通な事は借りたお金を返せるかどうか、個人の信用力があるかどうかというところを審査基準として、一番重要視しています。
個人の信用力というのは、例えば現在のアルバイトを長期間していて、毎月一定額の収入があるということです。金額的にも毎月10万円以上の収入がある場合でしたら、信用度は高いと思われます。また、バイト先が新しく変わったたばかりでも、以前のバイトでの収入証明も考慮されますので、借りられる可能性は高くなります。
ただ、そうはいってもアルバイトですので、雇う側の業績にも左右されてしまう職種ですから、借り入れの限度額はあまり高くは望めません。

A6.審査に通るためのコツはありますか?

審査に通るコツというのは、あなたの状況が借りやすい状態にあるかです。
借入審査の内容とは、申込者の希望通りに融資が行われるかは、申込者の個人の属性(勤続年数、持ち家など)や過去の借入履歴や、その時の返済状況などによって決定されるからです。
借入審査には、こうしたポイントが重視されます。用件に満たしていればすぐにでも融資が開始されます。
ただし、気をつけたいのが、借入額です。現在、個人の借入の限度額は年収の1/3までと「総量規制」という法律で定められています。
すなわち、借入額は年収の1/3を超えることは出来ませんので、申込書類に借り入れ希望額はその範囲内になければなりません。もちろん、他社で借り入れがある場合は、その残額も含まれます。

次に、審査のポイントで重要視されているのが、申込者の勤務先や勤続年数をみて、返済能力があるかどうかです。勤務先が大手企業や公務員ですと、当然貸し付け側も安心ですから、審査は通りやすくなります。
そして、過去の借入履歴も審査には影響してきます。過去にキャッシングやクレジットカードなどでトラブルがあると、審査に不利な状態となります。
他社から借入をしていても、きちんと返済していれば問題はありません。

最後に、借入希望額は必要最小限にしておくことです。どうせ借りるなら、たくさん借りておこうとすると、希望借入金額が多いことで、賃金業社は審査を慎重に行うようになります。返済のこともきちんと考えて、借入金額は必要最小限にする用に心がけましょう。

A7.いくらまで借りられるのでしょうか?

消費者金融などでお金を借りる場合、借り入れ金額には一つのルールがあります。
それは、年収によって借りられるお金の上限金額は決まっているということです。

例えば、あなたの年収が400万円ですと、借りられる金額は120万円が上限となります。これは、総量規制という貸金業法に定められています。もちろん、この120万円というのは、消費者金融会社全体で借りられる額ですので、他社から借り入れのある場合は、その残高を120万円から差し引いた額が借入限度額となります。

それでは、年収とは何を指すのでしょうか?年収とは、年間を通してある定期的な収入のことであり、会社員であれば「給与」退職者であれば「年金」「恩給」もしくは「定期的に受領する不動産の賃貸収入(個人財産のものに限られます)」事業経営者ならば「年間の事業所得(過去の事業所得の状況と照らして安定的と認められるものに限られます)」などとなります。

もし、総量規制の金額よりどうしても必要な場合は、どうしたらいいでしょう。
実は、総量規制対象外のローンを利用すれば、これを実現できる可能性もあります。
総量規制対象外のローンとは、貸金業者ではない銀行のローンを指します。
総量規制は貸金業法ですので、銀行法という法律を遵守する銀行には、ルールとしては適用されません。そうした理由から、銀行のカードローンなどは総量規制の対象からは外されるというわけです。

A8.主婦でもお金を借りることできますか?

以前は主婦の人は、借り入れが出来ないことがほとんどでしたが、現在では融資をしてくれるキャッシングサービスが出てきています。
パートで働いていれば、安定収入がありますので、その収入で消費者金融に申込が可能になります。
しかし、専業主婦の方は、消費者金融では総量規制の関係もあり収入のないことから申込不可になっています。では、専業主婦の方だとお金を借りることができないかというと、これが専業主婦の方でもお金を借りることが出来ます。ただし、専業主婦方は基本的無収入ですから、世帯主や夫の収入証明をキャッシング会社に提出する必要が出てきます。
これ以外にも、世帯主や夫の同意書や、夫婦関係にあることを証明する公的な書類の提出を義務づけることもあります。

このように、専業主婦の方が借り入れをする場合は、夫の承諾を得る必要があります。
もちろん、銀行よりは消費者金融の方が、借入の審査も通りやすい傾向にありますが、夫の承諾がないと審査は通りにくいものです。審査の段階で、夫の勤め先に在籍の確認電話が入りますので、夫に黙ってキャッシングをしたいと考えているとすれば、それには無理があります。

Top