即日融資可能なカードローン会社で、確実にお金を借りるためのポイント


 

こちらの記事をお読みになっている皆さんの中でも、急にお金が必要になって「即日で融資を受けたい…!」という経験をされた方も多いのではないでしょうか

 

。最近は申し込みをした日に貸してくれる、いわゆる「即日融資」のサービスを扱っているカードローン会社が増えてきています。

 

ですが、キャッシングをこれまでご利用されたことがない人にとって、即日融資はなかなか敷居が高いもの。

 

実際、何を準備して、どこで何をすればよいかわからずに、結局チャンスを見逃してしまった…というケースも多いようです。

 

そこで今回は、急いでキャッシングを行いたいと考えている人が、その日にお金を借りるにはどうすればいいのか、やっておくこと・準備しておくことを説明していきます。

 

1. まずはどこのカードローン会社を利用するのか決めましょう

 即日融資をしてもらうためにまずやるべきことは、「どのカードローン会社を利用するか」を決めることです。決める基準は様々ありますが、以下の3点は特に重要です。

 

1) 即日融資を対応しているか

2) これまでの実績・知名度は充分にあるか

3) 普段の活動地域圏内の比較的近い場所に窓口(契約機)があるか

 

 1)の「即日融資を対応しているか」は当然として、2)の「これまでの実績・知名度は充分にあるか」は充分意識してお選びすることをお勧めします。お金のやり取りは「信頼」なくしては存在しえません。私たち利用者にとっても、信頼に足るカードローン会社を選定すると良いでしょう。

 

そして最後3)の「普段の活動地域圏内の比較的近い場所に窓口(契約機)があるか」も重要です。

 

もちろん今では、電話やインターネットからの問い合わせが主流となってきていますが、いざというときに「対面で相談したい」ということも出てくるかもしれません。

 

そんなときに、普段活動する地域の比較的近い場所に窓口(契約機)があると安心ですし、気持ちのゆとりにも繋がるでしょう。

 

 

「具体的には、どんなカードローン会社があるの?」という方のために、上記3点を適えている(3については、支店や契約機が比較的全国展開されている)お勧めのカードローン会社を3社ほどピックアップしてみました。

 

どのカードローン会社にすべきかお悩み中の方はご参考ください。

1-1 おすすめカードローン会社1)【アコム】

はじめにご紹介する「即日融資」可能なカードローン会社は、三菱UFJフィナンシャルグループの一員「アコム」です。

 

アコムの大きなメリットとしては、利用できるATMの種類が多く、三菱東京UFJ銀行のATMはもちろん、セブン銀行のATMや各種コンビニがご利用可能です。

 

更には、申し込みもネットから出来ますし、各地に設置されている、自動契約機(むじんくん)も利用できます。最近ご利用されている方々の反応からすると、自動契約機(むじんくん)を利用した借り入れの評価が高いようです。

 

評価の理由として、「とにかくスピーディにキャッシングを行えた」ということですので、「即日融資」で少しでも早くお金が必要と言うときは自動契約機(むじんくん)を利用すると良いでしょう。初めての新規契約者の方を対象に、最大30日間金利0円も人気のポイントです。

 

 

また、大手銀行のグループなので金利がぐっと低く抑えられており、実質金利が3.0%~18.0%と他と比べてもとかなり低いところも特徴です。更には最大貸し出し額が800万円までと、消費者金融としては大きな貸し出し枠を設定しています。

 

アコムの特徴

 

即日融資     可
借入限度額   800万円
金利(実質年率)  3.0~18.0%
申込方法   インターネット、自動契約機、窓口、電話、郵送
営業時間  

アコム店舗: 平日9時30分~18時 休日・祝日 休み

自動契約機:   平日・休日・祝日ともに8時~22時

アコムATM: 平日・休日・祝日ともに24時間年中無休

 

 

アコムの申し込み方法

アコムへの申し込みは、インターネット、自動契約機、窓口、電話、郵送の5パターンがあります。スピーディに完結できるお勧めの申し込み方法はインターネット、自動契約機(むじんくん)です。


 インターネット申込をおすすめする理由は、24時間受付しているためいつでも自分の都合で申し込み出来るところです。たとえば平日の14時までにWEB契約が完了すれば、即日振込融資も可能なので来店する必要もなくなります。また、前述のとおり「自動契約機(むじんくん)」での申し込みもおすすめですが、利用する前にインターネットで事前に申し込んでおくと、その後の手続きはさらにスムーズになります。

 

 

近所にアコム店舗があるという方は、店舗窓口での申し込みで「店頭スタッフと対話しながら申し込み出来る」メリットを利用しても良いかもしれませんが、営業時間(平日9時30分~18時 休日・祝日は休み)にご注意ください。

 

 

即日融資をするために有利な金融機関口座は?

アコムでは、どの銀行口座を持っているかで、振込融資時間が異なります。楽天銀行口座なら曜日に関係なく、24時間いつでも受付完了から約1分以内に振込が完了されます。

 

ですが、その他の銀行の場合は平日14時または14時半までにWEB契約と振込受付を完了させなくては、その日のうちの振り込みとはなりません。即日融資を確実に進めるためには、事前に楽天銀行の口座を作っておくことをお勧めします。

 

 

その他アコムのおすすめポイント

 その他、アコムには以下のようなおすすめポイントがあります。詳しくは、公式HPでご確認ください。

アコムのおすすめポイント

 

    ・初めての方は30日間無利息期間

    ・楽天銀行口座ならいつでも短1分で融資

    ・派遣社員・主婦・学生は安定した収入があれば申込OK

    ・三菱UFJ銀行のカードローンコーナーでも契約可能

    ・カードローン付クレジットカードもある

 

 公式HP⇒はじめての方に!アコムの金利は安心の実質年率3.0%〜18.0%

1-2 おすすめカードローン会社2)【SMBCモビット】

 続いてご紹介する「即日融資」可能なカードローン会社は、三井住友銀行グループの「SMBCモビット」。

 

 

SMBCモビットはアコム同様スピード審査が売りの「即日融資」を可能とするカードローン会社です。更にSMBCモビットの大きな特徴つぃて、「WEB完結申込」で申し込んだ場合、銀行口座に振り込んでもらえるため、カードレスで利用出来るということと、条件が合えば「職場への確認電話」の連絡なしで利用を開始することができます(条件によっては要望に添えない場合もあります)。

 

また、SMBCモビットの金利は年3.0~18.0%で、ほぼアコムと同様であることと、更には借入限度額が800万円と、枠を大きめにとれるところも特徴のひとつです。

※ 消費者金融は総量規制の影響を受けるため、年収の3分の1までの借り入れしか出来ませんのでご注意ください。

 

SMBCモビットの特徴
即日融資  
借入限度額  800万円
金利(実質年率)  3.0~18.0%
申込方法 インターネット、自動契約機、電話、郵送
営業時間 自動契約機:平日・休日・祝日ともに 8時~21時

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビットの申し込み方法

SMBCモビットの申込方法は、インターネット、自動契約機、電話、郵送があります。SMBCモビットは有人店舗がありませんので、プロミスやアコムのように店頭窓口での申し込みは出来ません。

 

 

4つの申し込みの中では、インターネットからの申し込みがなんといっても一番便利です。自動契約機は営業時間があるため、その時間内に行かなくてはいけませんが、ネットでの申し込みは24時間受付けしていますし、人目も気になりません。振込融資の手続きをすれば、一度も来店せずに借り入れすることも可能です。

 

 

SMBCモビットのキャッシングをインターネットで申し込む場合、「カード申込」「WEB完結申込」の2つの方法があります。「WEB完結申込」は振込融資となり、ATMで借りることは出来ませんが、対応する口座がある方はその分スピーディにキャッシングを行うことができるでしょう。「ATMへ行くのは手間だし手数料もかかるから振込キャッシングのほうが良い」と思う人には「WEB完結申込」がお勧めです。ただし、WEB完結申込には以下の条件があります。

 

1)健康保険証・給与明細等の提出
2)三井住友銀行または三菱UFJ銀行の口座が必要

 

つまり、WEB完結申込は、健康保険証または組合保険証の提出と、給与明細や源泉徴収票などの提出が必要になるということですね。また、勤務先が発行する保険証が必要ですので、国民健康保険の人は申し込み出来ません。健康保険証や給与明細等の提出という条件もありますが、これにより勤務先に在籍していることがわかるため、電話連絡なしでの利用が可能となるというメリットにも繋がります。

 

また、振込先や返済用口座として、三井住友銀行または三菱UFJ銀行の口座を持っている必要もあります。

 

 

確実に即日融資を完結させるとしたら、WEB完結申込を平日14時50分までに振込手続きを完了することを目指すと良いでしょう。確実にその日のうちに振込融資してもらえます。

 

 

また、「カード申込」では、振込融資してもらえないのかというとそうではありません。カード申込でもSMBCモビット会員に登録して、振込先口座の登録をすれば、振込融資をしてもらうことが可能です。

 

即日融資をするために有利な金融機関口座は?

WEB完結申込を行うとしたら、前述のとおり三井住友銀行または三菱UFJ銀行の口座を持っている必要があります。

 

その他SMBCモビットのおすすめポイント

 その他、SMBCモビットには以下のようなおすすめポイントがあります。詳しくは、公式HPでご確認ください。

 

SMBCモビットのおすすめポイント

 

    ・WEB完結申込は、電話連絡なしや郵送物なしで利用出来る

    ・コンビニはじめ、提携ATMが豊富

    ・派遣社員・主婦・学生は安定した収入があれば申込OK

   

 公式HP⇒≪SMBCモビット≫WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆

1-3 おすすめカードローン会社3)【プロミス】

最後にご紹介する「即日融資」可能なカードローン会社は、プロミスを運営しているSMBCグループに所属するSMBCコンシューマーファイナンスです。プロミスのテレビCMはいつも多くの視聴者から反響が多いようで、印象に馴染みのあるという方もいらっしゃることでしょう。

 

 

プロミスはキャッシングの大手ということで、申し込み、借り入れ、返済などに対して様々な方法が用意されているなど、各種サービス体制が充実しています。プロミスポイントや会員限定の優待サービスなどがあるのも魅力です。

 

 

更には、プロミスのキャッシングを初めて利用する方の場合、30日間無利息期間があります(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。また、プロミスポイントを貯めれば、初めてに限らず何度でも無利息サービスを使うことも可能です。

 

 

また、金利は4.5~17.8%となっており、他のカードローン社より若干低い上限金利が設定されています。

 

プロミスの特徴
即日融資
借入限度額 1~500万円
金利(実質年率)   4.5~17.8%
申込方法 インターネット、自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、電話、窓口、郵送
営業時間 

プロミス店舗:10:00~18:00※店舗により営業時間、休日が異なります。 休日・祝日 休み

自動契約機: 平日・休日・祝日ともに9:00~22:00※一部21時もあります。

 

プロミスの申し込み方法

 

プロミスの申込方法は、利用者のニーズに合わせて様々用意されています。ですが、申し込みに場所や時間を選ばず、手間がかからないのはやはりインターネット申込でしょう。契約もインターネットで出来ますし、振込手続きをすれば口座に振り込んでもらえます。即日融資狙いでしたら、インターネットからの申し込みがお勧めです。

 

 

更に、インターネットでの申し込みでは、必要書類は画像をアップロードして提出すれば、来店せずにWEBのみで契約を完結することが出来ます。カードの発行は、ありかなしかを選択出来ます。振込キャッシングして口座振替やネットバンキングで返済するなら、カードレスを選ぶと良いでしょう。ATMで借り入れや返済したい方は、カードありを選びます。

 

 

プロミスで即日融資をしてもらうには、基本平日14時までにWEB契約を完了させる必要があります。振込手続きを平日14時50分までにすれば、当日中の振り込みとなります。平日14時以降や土日・祝日の申し込みは、即日振込融資してもらえませんので、急いでいる場合は自動契約機で契約・カード発行する流れが良いでしょう。

 

 

自動契約機での発行の場合は、営業時間内に契約機に行って申し込みを行い、その場で審査結果を待ちます。審査合格となったら契約手続きをします。カードの発行ができたら、そのままATMですぐに借入可能です。その際に、事前にインターネットで申し込んでおき、自動契約機では契約やカード発行部分のみを利用すれば、手続きがスムーズになって時間も短くなります。自動契約機を使って手続きされる方は、「インターネット申込してから自動契約機へ」の流れがお勧めです。

 

 

プロミスの自動契約機は全国各地にあり、三井住友銀行のローン契約機でも申し込みやカードの発行が出来ます。

 

即日融資をするために有利な金融機関口座は?

プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座の場合、24時間最短10秒で振り込んでもらえる「瞬フリ」というサービスがあり、利用可能です。その他の金融機関で即日振込してもらうには平日14時50分までに振込手続きを完了させる必要がありますので、プロミスでのキャッシングをご検討されている方は、事前に三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を用意しておくと良いでしょう。

 

その他プロミスのおすすめポイント

 その他、プロミスには以下のようなおすすめポイントがあります。詳しくは、公式HPでご確認ください。

プロミスのおすすめポイント 

 

    ・年4.5~17.8%で他社より上限金利が少し低い

    ・最大30日間無利息サービスがある

    ・プロミスポイントサービスがある

    ・三井住友銀行ジャパンネット銀行の口座で「瞬フリ」

    ・主婦・学生でもパートやアルバイトで安定した収入があればOK

 

 公式HP⇒キャッシング・消費者金融のプロミス♪ 審査は最短30分!24時間申込OK!

2.即日融資をする前に、準備しておくことと注意しておくこと

ここまで、アコム、SMBCモビット、プロミスそれぞれの、即日融資可能なカードローン会社の特徴、申し込み方法について説明しましたが、如何でしたでしょうか。大分イメージはついてきたものの、「まだ少し不安だ…」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ここからは、実際に即日融資をする際に、準備しておくことや注意しておくことを説明していきます。

2-1 はじめに、何を準備するべきか

即日融資の手続きに準備するものは各カードローン会社によって若干変わってきます。ですので、詳細は必ず公式HPで確認いただければと思いますが、基本以下の準備が必要になることも意識しておくと良いでしょう。

 

カードローン契約時に必要となるもの
身分証明書(運転免許証や保険証+1点(例:住民票)、パスポートなど)
収入証明(給与明細等)
インターネット接続環境、PCまたはスマホ(WEB経由の申し込みの場合)
印鑑(店頭・窓口での申込の場合)

2-2 事前の借入・返済計画はしっかりと!

事前にどれだけ借入すべきか、返済をどれくらいでやっていくか、といった借入、返済計画は事前にしっかり立てておくようにしましょう。計画なしの即日融資は絶対にお勧めしません。

 

 

また、「今の自分の条件だったら、どれだけ即日融資してもらえるんだろう…」「毎月どれくらいの返済額になるのだろう」という点を気にされる方もいらっしゃることでしょう。そんな場合は、各カードローン会社のHPに診断ツールがありますので、そちらを利用すると良いでしょう。

 

参考:各カードローン会社の診断ツール

アコム⇒「3秒診断」

SMBCモビット ⇒ 「お借入診断」

プロミス ⇒ 来店不要で即日回答!3項目の入力で3秒診断!

2-3 申込の登録や本人確認書類の撮影は確実、丁寧に!

「早くお金を借りないと!」という状況になると、人はどうしても焦ってしまうものですが、キャッシングにおいては焦りは禁物です。急ぎで借りたいのであれば慎重になるべきで、つまらないミスで審査落ちとならないように気をつけましょう。

 

 

というのも、キャッシングの審査落ちで最も多いとされる原因の一つに、申し込み内容の不備があげられるからです。名前や住所の著しいミスや、年収や借り入れ状況の入力間違いがあると審査にも悪影響が出ます。特に年収や他社借り入れについては大きな要素となりますので、嘘を書いたつもりは無くとも年収が一桁多くなってしまっていたり、または逆に年収を少なくしてしまうと返済能力を疑われて審査ではNGとなる場合があります。

 

 

免許証などの本人確認書類の撮影を求められているときも同様です。ピントがずれていたり、フレームから外れてしてまっていたらそれだけで審査に落ちることだってあり得ます。

 

 

急いでいたとしても、申し込みというのは、それを確認する人がいてこそ成り立つものです。早くに借りたいときこそ入力内容の確認をしっかりと行い、万全の状態で申し込みをするようにしましょう。また、その為にも、審査時間は余裕をもって、できるだけ早めに申し込むことが大切です。

2-4 借入金額は無駄に増やさない!

 たとえそれが借りたお金であっても、手元にまとまった金額があると人はどうしても気持ちが大きくなるものです。そういったところから、一度に結構大きな金額を借り入れる人や、以前の借入返却が終わらないまま新しい借り入れを行う人もいるようです。ですが、借入額は本当に必要な金額だけで設定するようにしましょう。無駄に借入額を増やしても、後の返済が辛くなるだけです。

 

 

ちなみに、アコムやプロミスなどの消費者金融では、他社消費者金融の借り入れも合わせて、年収の3分の1までしか借りられないという決まりがあります。みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなど、銀行カードローンには「年収の何割まで」という決まりはありませんが、審査の際は収入と借入額のバランスを見てきますのでご注意ください。そのほか、審査によっては、希望していた額よりも実際に借入可能な額が低くなる場合もあります。

 

 

「審査に通るか不安だから…」といって同時にいくつもの会社に申し込まれる方もたまにいらっしゃるようですが、同時に複数のカードローン会社に申し込むのは逆効果です。また、同時申込は3社が限界と踏まえておくと良いでしょう。「カードローンに申し込みをした」という情報も、信用情報機関に集約されているのです。同時にいくつものカードローン会社申し込まれている方は、「お金に相当困っていそう。返却能力があるか不透明」と判断して、審査を落とす消費者金融や銀行もあるのです。

 

 

借入金額は、本当に必要な額だけにしておくこと。そして自身の収入と借入額のバランスを見ること。この2点は常に意識して、カードローンをご利用されることをお勧めします。

まとめ 即日融資は、賢く、効率的に。

 ここまでお読みになられて、如何でしたでしょうか。

 

 

 「即日融資」を活用することによって、皆さんのビジネスやプライベートなど様々な場面で役立てることができるでしょう。ですが、きちんと前情報を持っていなかったり、計画的な運用をプランニングしていないと、正しく活用することが出来なかったり、または返済に非常に苦労してしまうリスクもあります。即日融資に限らず、便利なものというのは、正しい使い方と正しく使うための意識(スタンス)があって初めてその効果を発揮するものです。

 

 

皆さんが「きっと今が即日融資をするタイミングだろう」と感じられたときに、この記事の内容がお役に立てることを、心から願っています。

 

Top