今すぐ5万~10万借りたい方必見!お金が必要な時のケースと対処法!


 

会社で仲良くなった後輩の女性と、休日の夜ライブイベントに出かけた既婚サラリーマン男性のAさん(31歳)。Aさんと後輩の女性は共にライブ好きで音楽の趣味も共通しており、イベント会場では2人ともとても楽しい時間を過ごせました…──のですが、さて帰ろうかと駐車場に停めてあるAさんの車まで戻ったときに、「あれ?」と2人は異変に気付きました。Aさんの車の周囲の地面が、不自然にキラキラ光っていたのです。

 

 

その光っていたものは、頼りなげにともされていた外灯に反射された、車の窓ガラスの破片でした。──そうです、Aさんの車は車上荒らしにあってしまったのです。カーナビや車内に置いていたAさんの貴重品はもちろんのこと、そして後輩の女性の、現金20万円が入った封筒が入っていたバックもごっそり、跡形もなく無くなっていました。

 

 

ライブに行くことも、そして一緒に行く相手が異性と二人きりであることも、Aさんは自分の奥さんには黙っていました。そして、なんとかこの事件を、奥さんに知らせることなく解決しようと考えました。後輩の女性が取られてしまった20万円も、自分の方で弁償したいと思いました。後輩の女性はAさんにとってのはじめての、大切な直属の部下だったのです。    ──ですが、先月Aさんは以前から欲しかった新型のノートPCを購入したばかりで、自身が自由に使えるお金は15万ほどしか残っていません。車の修理費を含めても、あと10万ちょっと足りません。

 

 

「どうしよう──」

 

 

今すぐお金が必要なのに、そのお金がない。今すぐお金を借りたいのに、借りる相手も思い浮かばない。Aさんは、途方にくれました。

 

実はこのケース、数年前に実際に起きた、私の体験談です(苦笑)。もちろん(と言って良いのか解りませんが)盗難の犯人は捕まりませんでしたし、このときの被害はすべて自身で補う必要がありました。今では、─若かりし頃の苦い体験─といった風に笑い話として、たまに友人や知人に話すこともありますが、その時は本当に焦りましたし、困りました。

 

 

さて、今回は、「急にお金が必要になったとき、今すぐお金を借りたいとき、どうすれば良いか」といったテーマのお話です。皆さんでしたら、上記のようなケースの時に、どうすれば良かったと思いますか?

 

ついでに、私が実際にその時どんな行動を取ったかについても、併せてお話ししていきたいと思います(笑)。

 

 

目次

1. 「急にお金が必要になったケース」というのは、実は多くの人が体験している!

このときの体験談を振り返って周囲の人たちに話したとき、意外と驚くのが、「自分も(そういう風に急にお金が必要になってしまったケースが)あった」という反応が良く返ってくることです。

 

どんなケースが多かったかについて、かいつまんで紹介していきましょう。

「急にお金が必要になったとき、今すぐお金を借りたいとき」でよくあるケース その1 【突発的な事故】

6412d2f5b5208652340b5a533dded364_s

 

周囲の人たちの話で特に多かったのが、「突発的な事故」、特に自動車を運転していての事故を起こしてしまって、または巻き込まれてのケースです(私のように、車上荒らしに遭ったという人も何人かいらっしゃいました)。具体的には、以下のようなケースがありました。

 

 ・公共の駐車場に停めた時に、隣の車との間隔が殆どなく、ドアを開けた時に隣の車を傷つけてしまった【結果、10万程の出費】

 

・自転車運転中に通行人と接触事故を起こしてしまい、被害者から示談金を要求された【結果10万程の出費】

※ 事故発生時に当事者同士の示談で済ますことは違法ではありませんが、後々トラブルに発展することが多いです。原則、警察に届け出る ようにしましょう。

 

・知人の車を借りて運転していた時に、車体を擦ってしまい修理に出さないと消えない傷が残ってしまった【結果、20万程の出費】

 

・無保険で事故をしてしまい、相手の車の修理代を支払わなくてはいけない事態となってしまった【結果、40万程の出費】

「急にお金が必要になったとき、今すぐお金を借りたいとき」でよくあるケース その2 【急に決まった冠婚葬祭】

c35edfa497e9798dd667a174f9fa68a4_s

 

続いて多いケースが、「急に決まった冠婚葬祭」です。

親戚や友人・知人の結婚式は前もって予定が立つ場合が殆どでしょうが、例外もあります。訃報に関しては尚更でしょう。私が周囲の方々から聞いたお話では、以下のようなものがありました。

 

・親族のみで行う予定だった友人の結婚式が、急きょ友人も呼ぶことになり、2次会含めて参加することに【結果、10万程の出費】

 

・参加予定の結婚式が、海外で行われることになり、連絡ミスで、そのことを2週間前に知った【結果15万程の出費】

 

・肉親が急逝した。葬儀代から諸々の手配に多くの出費がかかったが、急逝した当人の貯金はいったん凍結されてしまっていたので、近親の遺族達の手持ちで遣り過ごす必要が出た【結果、40万程の出費】

 

※ 口座名義人が亡くなった事実が金融機関に知られると、預金口座が一旦凍結され、引き出すことも入金することもできなくなることがあります。今回のテーマとは逸れますが、事前に「いざというとき」の準備をしておくことが、やはり何よりも大切でしょう。

如何でしょうか。こうやってみると、日々の生活の延長線上には、多くの「今すぐお金が必要」「今すぐお金を借りたい」というケースが発生しうるということが実感できたのではないかと思われます。

 

さて、そのようなケースが発生したときに、私たちにはどんな手段が用意されているのでしょうか。また、どのように対処するのが良いのでしょうか。

2. 「今すぐお金が必要な時」、どんな手段がある?

上記のような「今すぐお金が必要になった時」に、実際にそのときどう対処したかを併せて聞いてみると、人が取る行動はいくつかパターンに分かれるようです。

 

実際にそれらのパターンで切り抜けているようですので、今後皆さんが同じように突発的に「すぐにお金を用意しなくてはいけない」「今すぐお金を借りたい」といったときに参考になることもあるでしょう。

「今すぐお金が必要な時」対処方法1 【親・知人からお金を借りる】

c877fb9c823a3afca048ec91d686fee5_s

 

周囲の方々の話で一番多かった対処方法が、「親・知人からお金を借りる」でした。たしかに、無担保で(多くの場合は)利子もなくお金を借りられるとしたらこの方法を置いて他には無いでしょう。

 

「お金を借りる」という行為は、「信頼関係」があって初めて成り立ちます。とすると、すでに信頼関係が築かれているところから、お金を借りるというのはとても合理的な手段です。

 

 

ですが、どんなに信頼関係があったとしても、借金をした時点でその「信頼」自体が担保となっていることを忘れないようにしましょう。借りた際には返済期限をしっかり設けて、また併せてそれ以外にお礼をすることも考えて対応すると良いでしょう。

 

仮にお金を借りることができてその場は凌げたとしても、その後きちんと返済しきれなかったりして、大切なその人との信頼関係に傷をつけてしまっては、お金以上の損失です。

「今すぐお金が必要な時」対処方法2 【所有物をリサイクルショップや質屋で売る】

7055c09ffedc3ac00193cea56e3cd4a4_s

 

対処を考えるときに、「周囲に金銭面で頼れる人がいない」 、「自身のトラブルだから、周囲の人たちに迷惑を掛けたくない」と思われる方も多くいらっしゃるでしょう。

 

実際、「所有物をリサイクルショップや質屋で売る」ことによって、事態を解決された方も、私の周囲に何人かいらっしゃいました。ブランド物の洋服やバック、バイクなどは状態によっては結構な値段で取引されます。

 

しかも今はネット上でオークションを行えるサービスも沢山ありますので、売る手間であったり、より高く引き取ってもらえるところを探すうえでも、以前より大分スムーズに進めやすくなっています。

「今すぐお金が必要な時」対処方法3 【日払いのバイトをする】

「他人には迷惑を掛けられない、でも代わりになるような価値のあるものも所有していない」という場合、「日払いのバイトをする」という対処法で切り抜けた方もいらっしゃいました。

自身の労働力を担保にする、ということですね。「日雇いのバイトを募集している企業に応募して数日間働く」、もしくは「知人の仕事を手伝う」といった形で切り抜けたとのことでした。

 

 

こちらも有効な手段ではありますが、「今すぐ」といった緊急性が強く求められる事態では、ややスピード性に弱いようです。

「今すぐお金が必要な時」対処方法4 【消費者金融やカードローン会社を利用する】

7725e05d33e817f32f0bfaff85e09c4f_s

 

最後に紹介する対処方法が、「消費者金融やカードローン会社を利用する」です。周囲の人たちの話でもこの対処法で切り抜けた、というパターンも多かったです。この手法の最大のメリットは、「対処の簡便さ」と「スピード性」でしょう。

 

 

現在多くの消費者金融会社、カードローン会社が全国展開していることもあって、最寄り駅や1日の行動範囲内に「消費者金融・カードローン会社の窓口が一切見当たらない」という方はどちらかというと、レアケースなのではないでしょうか。更にはインターネットからの申し込みも可能ですし、「即日融資」を謳っているカードローン会社も多数あります。

 

 

非常に有効な手段ではありますが、これまで消費者金融・カードローン会社からお金を借りたことのない人からすると、「見えない相手からお金を借りる」というのはなかなか敷居が高いものです。その為、何とか前述の対処方法1~3の範囲内で解決されようとする方が多いようです。

 

 

ですが、現にこれだけカードローンのサービスが多数出ているということは、それだけ多くの人たちがこれらサービスを利用している、ということですよね。サービスが多く利用されているのは、それだけ便利な点があるからです。

 

 

では、この対処方法4の「消費者金融やカードローン会社を利用する」にて、どんな便利な点があるのかを、前述の対処方法1~3では解決できない(もしくはできなかった)方の為に、詳しく説明していきたいと思います。

3. 「今すぐお金を借りたい」場合の、カードローン利用における最良の選択とは?

8e26b7542c284553b7d8dceb55779c81_s

 

 「とにかく今すぐお金を借りたい、でも親や知人には頼れない」という方に残されたかつ有効な手段は、「カードローンの利用」です。最近では様々なカードローン会社が出てきていますので、マーケット競争原理からサービス自体の品質も上がってきています。

 

──つまり、より良いカードローンのサービスを行っている会社を利用するのがお得、ということですね。

 

ここからは、カードローンサービスを選ぶとき、利用するときのポイントをお話していきます。

即日融資できる可能性の高いカードローン利用を選択

「即日融資※」を提供可能としているカードローン会社

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

アコム  :  はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

SMBCモビット  :  はじめてのローンはSMBCモビットへ!

プロミス  :  【プロミス】平日14時までに契約完了で<当日振込>

借入期間は1ヵ月以内に返済予定、借入金額は10万円。

初めてカードローンを利用される方は、借入期間は1ヵ月以内に返済する予定で組むこと、更に借入金額は10万円あたりに留めておくことをお勧めします。

 

なぜかというと、早いタイミングで返済した方が利子が多くかからずに済むこと、また金額も必要以上に借入されると同じく利子が多くかかってしまうからです。

 

更には、初回カードローンご利用の方向けに、30日間(1ヶ月間)金利無料のサービスを提供しているカードローン会社もありますので、そういったサービスも活用されると、よりお得でしょう。

 

初回30日間(1ヶ月間)金利無料のサービスを提供しているカードローン会社

 

アコム    アコムは新規の方は30日間、金利手数料無料

プロミス    プロミスは30日間無利息!詳しくはプロミス公式サイトで確認♪

カードローンのメリットとデメリットを理解しておく

カードローンを活用する場合は、そのメリットとデメリットをしっかり理解しておくことも大切です。

あとになってから「そんなの知らなかった!」となっても自業自得です。どんなサービスも、正しく理解することによって、便利さ・お得さを最大限高められるものです。

 

カードローンサービスのメリット

 

#1 初めての方は30日間金利無料のカードローン会社もある

 

#2 保証人不要で誰にも迷惑をかけない

 

#3 1回審査に通ってきちんと返却できれば、今後同じ状況になったときも同様に審査に通りやすい。また、「こうすれば乗り越えれる」という学習機会に繋げられる。

#1については、前述のとおりです。

 

#2は、「自分自身のことなので、周囲に迷惑かけずに解決したい」という方には大きなメリットになるでしょう。

 

また、「今すぐお金が必要な時」というのは、えてして人生に何回か起こり得るものです。一度切り抜けた経験を持てば、次回同様の事態が発生しても落ち着いて対応できるようになるでしょう。

 

カードローンサービスのデメリット

 

#1 利息分の支払いが発生する

 

#2 会社バレ、家族バレの可能性がある

 

#3 限度額が自分の預金と勘違いして使いすぎてしまう可能性も

 

続いて、カードローンサービスのデメリットですが、まずなによりも#1の金利と支払う利息の仕組みを理解しておくと良いでしょう。 カードローンの利息の計算方法は以下のようになります。

 

利息 = 元金 × 金利 × 借入期間

 

仮に、元金10万円、年利18.0%のカードローンを60日間で完済したとします。この場合にかかる利息はいくらか計算してみましょう。

 

 

利息=10万円 × 18.0%÷365日 × 60

出てきた利息は2,958円です。では頑張って30日で完済したとします。

 

 

利息=30万円 × 18.0%÷365日 × 30

利息は、ちょうど半分の1,429円です。非常に単純な計算ですが、カードローンは借入期間が短いほど、負担する利息は少なくて済むということですね。

 

 

また、#2については、カードローン利用時に、カードローン会社から勤務されている会社への在籍確認の連絡があるため、ローンを利用したということが会社にわかってしまう可能性があります。実際は、カードローン会社は社名ではなく個人名で問い合わせるなど、カードローン利用の確認であることを伏せて勤務会社に電話することが多いので、気づかれないケースの方が多いのですが、「気づかれる可能性もある」と認識したうえで申し込んだ方が無難でしょう。

 

※ カードローン会社のSMBCモビットでは、1)健康保険証・給与明細等の提出および、2)三井住友銀行または三菱UFJ銀行の口座を開設している場合、勤務会社への確認連絡なしにローン申し込みをすることが可能となっています。何かしらの理由で、勤務会社への確認連絡は回避したいという方は、SMBCモビットの「WEB完結申込」を利用されると良いでしょう。

 

 勤務会社への確認連絡なしに申込可能なカードローン会社

SMBCモビット   

※ 詳細や申し込みの条件はHPの内容をご確認ください。

 

 

#3については多くの説明は不要かもしれませんが、借入限度額を「自分が使えるお金」と錯覚し、返済能力を超えたお金を借りてしまう人も少なからずいることを認識しておくと良いでしょう。

 

人は「見えないもの」に対しては、良い方に錯覚してしまう生き物です。#1の利息の観点も踏まえて、正しく自身の状況、身の丈にあったご利用を目指されるようにすると良いでしょう。

4. カードローン利用で、確実に今日中に借入を成功させるためのポイント

さて、ここまでで「今すぐお金を借りたい」ときのカードローン利用について、大分イメージは持ててきたのではないでしょうか。続いては、カードローンを利用する際に、「確実に即日で、借入を成功させるためのポイント」をご紹介していきます。

申込前に簡単審査を試して見る

多くのカードローンサービスの提供会社では、Web上で無料簡単審査サービスを用意しています。

 

まず初めに、現在考えているプランで借り入れが可能か、事前にチェックしてみると良いでしょう。

 

また、「今の自分の条件だったら、どれだけ即日融資してもらえるんだろう…」「毎月どれくらいの返済額になるのだろう」という点を気にされる方もいらっしゃることでしょう。そんな場合にもおすすめの診断ツールが、多くのカードローン会社で用意されています。

 

参考:各カードローン会社の診断ツール

 

アコム「3秒診断」  :   アコムの3秒診断で今すぐチェック!

 

SMBCモビット「お借入診断」  :  三井住友銀行グループのSMBCモビット10秒簡易審査限度額800万円、実質年率3.0%~18.0%

 

プロミス「お借入診断」  :  【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

 審査時間が最短30分以内のカードローン会社を選ぶ

「なるべく早くお金が必要」というときでは、申し込んでからの審査結果が翌日以降では間に合わない、ということもあるでしょう。

 

また、審査に落ちてそこから別のカードローン会社を選んでいたら、どんどん日数が経ってしまいます。 それくらい急ぎの時は、「スピーディな審査時間」を特徴とするカード会社を選ばれることをお勧めします。

 

各カードローン会社では、審査時間の目安をHP上に記載しておりますが、審査時間を「最短30分以内」としているのは、以下の4社になります。

 

参考:審査時間を「最短30分以内」としているカードローン会社

 

アコム :   <実質年率4.7%〜18.0%>はじめての方にアコム!審査もスピーディー

 

SMBCモビット :    ≪SMBCモビット≫WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆

※審査によりご希望に添えない場合もございます。

 

プロミス :    【プロミス】実質年率『4.5〜17.8%!』 審査は最短30分♪

ちなみに、アコムでは、借入者が楽天銀行の口座を持っている場合は最大1分で審査可能と明記しています。審査スピードでは、最優秀のカードローン会社と言えるでしょう。

初回の借入金額は5万~10万以内に収める

初回の借入金額はあまり高額に設定しないことをお勧めします。

 

なぜなら、その方がカードローン会社の方でも「その金額なら問題なく返却してくれるだろう」と信用して、審査も通りやすくなるからです。

 

カードローン会社からお金を借りるときも、やはり重要となってくるのは「信頼関係」です。最初の借入は5万~10万以内に収めて申し込まれると良いでしょう。

営業時間 申込時間が15時以降なら自動契約機を利用する

「その日のうちにお金が必要」としても、多くのカードローン会社の有人窓口は平日の18時までです。午後の遅い時間帯に行っても、審査や融資に時間がかかって翌日に跨ぐことも予想されます。

 

そういった場合は、各カードローン会社の「自動契約機」を利用されることをお勧めします。無人契約機の多くは休日も含めて21時くらいまで受付を行っており、アコムに至っては平日・休日ともに22時まで営業しています。

 

参考:各カードローン会社の自動契約機の営業時間

 

アコム(自動契約機):平日・休日・祝日ともに8時~22時

 

SMBCモビット平日・休日・祝日ともに 8時~21時

 

プロミス平日・休日・祝日ともに9時~22時※一部21時もあります。

 

まとめ 「今すぐお金が必要になったとき」一番の対処方法は?

 ここまでお読みになられて、如何でしたでしょうか。

 

 

「今すぐお金が必要になった!」という状況は、誰にでも起こりえるものです。そのようなときに、一番良いのはやはり、親や友人などすでに深い信頼関係を結んでいる人から借りることでしょう

 

ですが、その手段を選べない・もしくは別の手段で検討したい、という方はカードローンを活用することもとても有効な手段なのではないでしょうか。そして、その手段をより有効にしていくためには、上に記載させていただいた通り、「カードローン利用についての方法を熟知しておくこと」、「確実に素早く借り入れできる為のポイントを知っておくこと」が大切です。

 

 

ちなみに、冒頭でお話した私のケースでは、カードローン会社からの借入サービスを利用しました。おかげで盗難に遭ってしまった後輩の女性にも迅速にフォローも出来ましたし、奥さんや周囲の友人にも不要な心配や手間をかけずに済みました。

 

 

 人は誰しも一人では生きられません。いざというときには周囲からの助けが必要になってくることも多くあります。そして、そのときに大切になってくるのはやはり「信頼関係」。いざというときの対処に、信頼関係を損なわずに乗り切るためにも、カードローンサービスの活用を「手段の一つ」として知っておいて、決して損はないでしょう。

 

 

Top