カードローンは低金利で選ぶより無利息期間のある会社から申込みした方がいい理由


 

急な出費が重なることって、ありますよね。そのような時に頼りになるのが、カードローンではないでしょうか?

 

現在、カードローンは、3種類に大別されています。

一つ目が都市銀行、信託銀行、地方銀行、ネット銀行などの銀行系、次に信販会社やクレジット会社が発行する信販系、3つめが消費者金融会社の発行するカードローンです。

 

これらの中で、銀行のカードローンの金利が一番低くなっていますので、利用するなら銀行系カードローンです。

 

ただし、金利が低い分消費者金融に比べて審査が厳しいとか、カード発行までに多少日にちがかかってしまうというのが現状です。

なぜ審査が厳しくなるのか?

カードローンを利用するならば、当然利息は安いに越したことはありません。

 

金利の低いと言うメリットのある銀行系のカードローンの審査は、なぜ厳しいと言われるのでしょうか?

そもそも、なぜ審査を行うのか?審査の目的は、なんでしょうか?

 

それは、お金を返せる人と返せない人を見極めるため、それが理由です。

そのため、お金を返せそうにない状況にありそうな人ほど、審査には落とされやすくなっています。

 

審査に落ちてしまう理由のほとんどが、返済を疑われる状況ということで、他社からの借り入れが多いとか、収入と返済の金額バランスが良くないとかです。

細かい理由は多々ありますが、貸したお金を返してもらえるかどうか、それが審査の基準となっています。

 

審査基準は、厳しい順から銀行カードローン、信販系カードローン、消費者系カードローンの順です。金利も同じように銀行カードローンが最も低金利で、信販系カードローン、消費者金融系カードローンの順に少しずつ高くなっています。

審査に落ちると少しやっかい!

もし審査に落ちたら、また申し込めばいいよ・・・。

 

実は、そんなに甘くはなく、審査に一度落ちると最悪お金が借りられないだけではなく、銀行以外のカードローン審査にも、落ちやすくなるというデメリットが出てきます。

 

審査に不安がある方は、多少金利が高いのを我慢してでも、信販系、消費者金融系のカードローンを申し込んだ方が無難かもしれません。

ただし、どうしても金利が高くなるデメリットがついて回ります。

選ぶなら、一定期間無利息のカードローン

カードローンを利用するなら、金利は抑えたいですよね。そこで、おすすめしたいのが、無利息期間を設けているカードローンというものです。

しかし、無利息サービスを行っているカードローンの金利は高めです。

 

無利息サービスとは、借入日の翌日から、会社の規定に沿った○○日の設定期間の間は無利息というサービスですので、その設定期間内なら、金利を払う必要はありません。

 

つまり、期間内に完済できれば、利息ゼロでお金を調達したことになります。

今時、利息を払わないでお金を借りられるのは、かなりお得ではないでしょうか?

まとめ

無利息期間があるカードローンは、多少金利が高くても無利息期間が長ければ長いほど、金利の低い銀行系カードローンより、実質低金利になる場合もあります。

 

一定期間は支払利息が発生しないので、すぐに返済できる目途があるならば、無利息期間のあるカードローンは、審査は銀行系ほど厳しくないですし、便利でお得ではないでしょうか?

 

低金利で選ぶより無利息期間のある会社を選んだ方が無難にお金が借りれます
とにかく今日にでも確実にお金を借りたい方は消費者金融系カードローンがおすすめ
中長期でお金を借りる予定なのでできるだけ低金利を希望する方は銀行系カードローンがおすすめ

無利息期間カードローンは、無利息期間の日数に各社違いがありますので、日数を確認して上手にご活用ください。

Top