今すぐ50万円借りたい!免許証1枚で50万円借りれるカードローンは?


 

急にお金が必要になってしまい、今すぐ50万円借りたい!

 

そんな慌てているときに「収入証明書」などを準備している余裕はありませんよね。

 

即日融資で手続きが面倒ではない、今すぐお金が必要な場合にはそういったスピーディなカードローンを利用したいものです。

 

お金の悩みは、今すぐ解決しましょう。

 

ということで、ここでは免許証1枚で今すぐ50万円借りられるカードローンをご紹介していきましょう。

 

また、「今すぐ5万~10万円借りたい方」「今すぐ20万円借りたい方」の記事も参考にしてみて下さい。

 

総量規制は大丈夫?

今すぐ50万円を借りたい、その前に「総量規制に引っかからないか」は確認しておいた方が安全です。

 

2010年に借りすぎによる生活破たんを防ぐために消費者保護を目的として施行された「総量規制」

 

基本的な内容としては、貸金業者による借り入れが「原則として、年収の3分の1を超えてはならない」という規制になっています。

 

ここでいう貸金業者とは、消費者金融系のカードローン会社のことを指します。

 

ですので、住宅ローンや車のローン、そして銀行による借り入れは総量規制の対象外となります。

 

注意が必要になってくるのは、すでに他社のカードローン会社で借り入れをしている方です。

 

年収が360万円の方がすでに120万円を他社で借り入れしていたとすると、それ以上借りてしまうと総量規制の対象になってしまいます。

 

その場合、消費者金融系のカードローンで50万円を追加で借りることはできませんので、総量規制の対象外となる銀行の系カードローンを選択する必要があります。

 

総量規制の対象となるかどうかで、申込みをするべきカードローン会社も変わってくるのですね。

そもそもどうしてお金を借りるのに収入証明書が必要なの?

カードローンを利用する場合、一定の金額以上の借り入れをする際には「収入証明書」の提出が必要となっています。

 

収入証明書とは、

 

・最新の源泉徴収票

・直近1か月分の給与明細書

・課税証明書

・所得証明書

 

などが収入証明書にあたります。

 

収入証明書の提出が必要な理由にも「総量規制」が要因となっています。

 

総量規制では「年収の3分の1を超える金額の借り入れはできない」ことになっていますので、申込み者の年収を知るために収入証明書が必要となるのです。

収入証明不要!免許証1枚で50万円借りられるカードローンは?

今すぐ50万円借りたいけど、面倒な書類の提出は嫌だ!免許証だけで貸して欲しい。

 

そんな都合の良いカードローンなんてあるわけない、なんてことはありません!

 

今すぐその日のうちに、収入証明書不要で50万円免許証1枚で貸してくれるカードローン会社をご紹介していきましょう。

アコム

 

限度額

最高800万円

金利

3.0%~18.0%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

無駄な審査時間を使わない3秒診断
土日祝日でも即日キャッシング可能
30日無利息で利用できる

 

自動契約機(むじんくん)でおなじみのアコムでも、50万円まで収入証明書不要で即日融資をうけることができます。

 

審査は最短30分・融資は最短1時間と、スピーディな対応が魅力のアコム。

 

インターネットから、年齢・性別・他社からの借り入れ状況を入力するだけで審査可能か簡易診断ができる「3秒診断」も人気です。

 

 

プロミス

 

限度額

最高500万円

金利

4.5%~17.8%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

30日無利息で利用可能
ウェブ完結でも対応可能なので即日融資も可能
コンビニATMと提携でATM手数料無料

 

スピーディな最短即日融資で人気の「プロミス」の収入証明書不要で、50万円まで即日融資も可能でsy。

 

特に人気のサービスとなっているのが、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら24時間対応で最短10秒振込の「瞬フリ」。

深夜や祝日にお金が必要になったときにも安心なのですね。

 

【プロミス】3項3秒診断!24時間申込みOK♪
メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で≪30日間無利息≫

SMBCモビット

 

限度額

最高800万円

実質年率

3.0%~18.0%

審査時間

最短30分

融資スピード

最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

電話連絡なしで会社や家族にバレない
安定した収入があればパートでも申込み可能
10秒簡易審査ができる

 

電話連絡なしで、職場や家族にバレずに作ることができる「SMBCモビット」も、即日融資が可能です。

 

安定した収入があれば、アルバイトやパート主婦の方でも申込み可能な点もSMBCモビットが人気の理由です。

 

ご主人にバレたくない主婦の借り入れの場合でも、自宅への確認の電話が無いので安心ですよね。

 

≪SMBCモビット≫WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆

50万円借りた場合の金利は?利息は?

免許証1枚で今すぐ50万円を借りることができるカードローン会社が以外と多いことはお分かりいただけましたでしょうか?

 

しかし、今すぐ審査をうけよう!というのはちょっと待ってください。

 

カードローンでお金を借りる際は、金利と実際に支払う利息をよく知っておく必要があります。

 

ここでは、年率18.0%の金利のカードローンで50万円を実際に借りた場合の、支払わなくてはならない利息をご説明していきましょう。

 

 

1回あたりのおよその支払い額

利息の総額

返済回数48回

15000円

204973円

返済回数36回

18000円

150721円

返済回数12回

46000円

50074円

 

 

カードローンの金利の計算方法は「借り入れ金額×年率÷365日×借り入れ日数=利息額」となります。

 

借り入れ日数は、カードの最終利用日から返済日までの間の日数となります。

 

これが少しわかりにくい点ですが、返済をした次の日は1日分の利息しか発生していないということになります。

 

また、借り入れ金額も返済をしたうえで残っている借り入れ金額からの計算となります。

 

48回返済の場合は、28回返済した時点でのおよそ借り入れ金額は50万円の半分の25万円となり、発生する利息も少なくなります。

 

そうした点から、上記の表のように、年利はおなじでも返済の回数が少ない方が支払う利息が少なくて済むということになるのですね。

50万円借りた場合の返済総額は?

カードローンの返済金額は「借り入れ金額+利息」を返済する必要があります。

 

上記でも説明をしましたが、発生する利息は返済の期間が短いほど少なく済ますことができます。

 

それでは、18.0%の年利で50万円借りた場合の返済総額を比較してみましょう。

 

 

利息

返済総額

返済回数48回

204973円

704973円

返済回数36回

150721円

650721円

返済回数12回

50074円

550074円

 

このように、50万円を借りても48回払いの場合は返済の総額が70万円と、約1.5倍近い金額の返済をしなくてはならないことがお分かりいただけるかと思います。

 

カードローンの返済には、多くの会社で「最低返済金額」という金額が定められています。

 

50万円を借りた場合は最低返済金額が毎月15000円の48回払いで設定されることが多くなっています。

 

しかし、最低返済金額は、あくまでも「最低このくらいは返済してください」という金額。

 

お金に余裕がある時は少しでも多く返済し、返済回数を減らすことが無駄な利息を支払わずに済む方法となるのです。

50万円借りたいけど審査は通る?

収入証明書不要、免許証1枚で今すぐ50万円を借りることができるオススメのカードローンをご紹介してきました。

 

しかし、中には「今すぐ50万円を借りたいけど審査に通るのか?」という点が不安な方も少なくないでしょう。

 

ここでは、カードローンで50万円を借りるために知っておかなくてはならないポイントをご説明していきましょう。

総量規制を確認する

冒頭でもご説明をしたように、現在では貸金業者からお金を借りる際は、総量規制によって年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。

 

例えば、年収360万円の方の場合は、すでに100万円を他社から借りていると、50万円を借りようとしても総量規制に引っかかってしまうので借り入れをすることができません。

 

また、50万円まで収入証明書の提出が不要なカードローンの場合でも、複数の会社の借り入れを合計して100万円を超える場合は原則収入証明書の提出が必要となります。

 

総量規制の対象にはならなくても、他社での借り入れと合計して100万円以上の借り入れとなる場合は、収入証明書を用意しておいた方が無難でしょう。

 

 

それでは、年収の3分の1を超える金額の借り入れになってしまう場合には、50万円を借りることはできないのでしょうか?

 

どうしてもお金が必要な人は、闇金かクレジットカードの現金化をしなくてはならないなんて酷い法律だ!と思ってしまいますよね。

 

もちろん、救済措置は用意されており、銀行カードローンは総量規制の対象外となっていますので、50万円を借りると年収の3分の1を超える場合でも借りることができます。

 

総量規制に引っかかってしまいそうな方の場合は、銀行カードローンの審査を受けるようにしましょう。

他社の借り入れ件数を可能な限り減らす

カードローンの審査の際には、他社からの借り入れの総額よりも、むしろ借り入れの件数が大きく影響してきます。

具体的にいうと、

 

1社から50万円を借りている場合
4社から10万円ずつ40万円借りている場合

 

では、借り入れの総額が少ないものの「4社から10万円ずつ40万円借りている場合の方が審査には不利」になってしまいます。

 

一般的には、4社を超える借り入れ件数がある方の場合は、新規での借り入れが難しくなってしまう傾向にあります。

 

4社以上借り入れがある方の場合は、限度額に余裕のある会社に可能な限りまとめて、借り入れ件数を減らしてから申込みをした方が無難です。

携帯電話・家賃の滞納が無いか確認する

カードローンの審査の際には、保証会社によって個人の信用情報が調査されます。

 

個人の信用情報にはカードローンの利用状況やクレジットカードの利用状況などがあたり、他社カードローンの支払いが遅れがちな方などの場合は審査通過が難しくなるでしょう。

 

しかし、カードローンやクレジットカードの利用が無い方の場合でも注意が必要です。

 

現在では、携帯電話の支払いや家賃の支払いにも保証会社が信用情報を管理しているケースが非常に多くなっています。

 

他社のカードローンの利用もなく、年収も平均なのにカードローンの審査に落ちてしまったという方の非常に多くに、携帯料金が未納になっているケースがあるのです。

50万円借りるために絶対にやってはいけないこと

お金が必要になってしまう時というのは「どうしてもお金が必要」と追い詰められてしまっていることが多いでしょう。

 

しかし、いくらお金を借りたいと言っても、審査の際に絶対にやってはいけないことがあります。

申込み書に虚偽の申告をすると、最悪詐欺罪に

カードローンの審査を申し込む際に自分の年収に不安がある方は「年収を少し多く書こうかな?」と思ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、これは絶対にやってはならないことです。

 

収入証明書の提出が不要のカードローンなら、年収を虚偽の申告をしてもバレないと思ってしまうかも知れませんが、嘘はいつかバレてしまいます。

 

申込み時に明らかに故意で虚偽の申告があった場合は、契約が解除されてしまい、一括での借り入れ金額の返済を求められてしまうことになります。

 

また、最悪の場合は詐欺罪として訴えられてしまうこともあるのです。

時代はウェブ完結、免許証だけで50万円は借りられる

今すぐ50万円を借りたい、と思ったときに収入証明書の提出不要で申込みができるカードローンは多数あります。

 

今回はその中でも「即日融資」「即時審査」のカードローンをピックアップしてご紹介してきました。

 

お金の心配というのは、長引けば長引くほどストレスになってしまうものです。

 

お金を借りたい!と思ったら、カードローン会社の簡易診断機能で借り入れ可能かを診断してみるのもひとつの手段です。

 

しかし、50万円必要な際には自分が総量規制に引っかかってしまわないかの確認は必要ですね。

 

Top