消費者金融でお金借りるのは怖くない?本当はやさしい消費者金融の話


 

急にお金が必要になってしまった時に、皆さんはどうやってお金を用意しようと思いますか?

 

家族や友人に借りる、不要なものをネットオークションに出す、保険を解約するなど様々な方法があります。

 

しかし、どうやってもお金が用意できそうにない時には「消費者金融のカードローン」を利用することがおすすめ。

 

ここでは、初めて消費者金融でお金を借りるための基礎知識をお話ししていきましょう。

 

お金が必要になった時は消費者金融に借りるのもひとつの方法

急にお金が必要になってしまうケースというのは、人それぞれで様々な理由があるでしょう。

 

私の場合、集合住宅の駐車場に自分の車を停めていたのですが、ドアの開け閉めの際に、気付かない間に隣の車のドアを傷つけてしまっていました。

 

隣の車の持ち主の方に指摘され、修理代を負担することになったのですが、自動車保険を使用するほどの金額ではありませんでしたので、自腹で支払うことにとは言え、手持ちのお金がありませんでしたので、修理代の支払いには消費者金融のカードローンを使用することにしました。

 

私のケースのように、消費者金融は使い方を間違えなければ便利に利用することができるサービスです。

 

急な出費が発生してしまった時、誰にも迷惑をかけずにカード1枚ですぐに必要なだけの金額を借りることができるというのは、安心感に繋がりますよね。

 

 

たとえば私のケースの場合だと、自動車保険を利用すれば消費者金融で借金をしなくても済んだのではないか?と思われてしまうかも知れません。

 

しかし、自動車保険は事故などで保険を使用してしまうと、翌年の等級が3等級ダウンしてしまい保険料の支払い金額が多くなってしまいます。

 

ダウンした等級が元に戻るまでの間と、本来であれば上がっていた等級の割引金額をおおよそで計算すると、約10万円以上の損となってしまうのです。

 

隣の車の修理費は5万円程度の金額でしたので、消費者金融で借りてでも自分で支払った方がお得と判断したのですね。

 

返済は余裕を持って月々5000円ずつ支払っていましたが、最終的に1年間で返済を終えることができ、発生した金利も5000円未満で済みました。

 

自動車保険を利用していたら10万円の損失が出てしまったところを、5000円の利息で回避することができたのですね。

 

 

お金が急に必要になってしまった時は、消費者金融を利用してお金を借りるのもひとつの解決方法となるのです。

お金の貸し借りは人間関係を壊してしまう

急にお金が必要になっても、親兄弟や友人に借りるから大丈夫とタカをくくっている方もいるかも知れません。

 

しかし、知人間でのお金の貸し借りは人間関係を壊してしまう最も大きな理由となります。

 

お金を借りて、約束の時期に返せればいいですが、なんらかの理由で返済することが難しくなってしまう場合もあるでしょう。

 

そうした場合に、キチンと連絡をしていればまだいいものの、家族や友人に対する甘えと言いにくさもあり、返済をはぐらかしてしまうこともあるのではないでしょうか?

 

そうなってくるともう最悪です。

 

家族や友人はお金を貸した本人には言いづらくて借金の催促などはしてこないかも知れません。

 

しかし、やはりお金を返してもらえなくてモヤモヤしてしまっていると、誰かに話したくなるものです。

 

そうなると、他の家族や周りの友人に「お金にだらしがないヤツ」という印象を持たれてしまいます。

 

お金を貸してくれた本人とは、もちろんのこと以前と同じような関係でいることは難しくなってしまうでしょう。

 

お金とは恐ろしいもので、5000円・1万円の少額の貸し借りでも人間関係を壊してしまうことは少なくないのです。

 

そうした人間関係のトラブルを起こさないようにするためにも、お客さんとして利用することができる消費者金融でお金を借りるのもひとつの人間関係を円滑にする手段となるのです。

消費者金融でお金を借りるのって怖くないの?

いまだに、消費者金融と聞くと「怖いお兄さんが取り立てに来るんじゃないの?」とか「法外な金利を取られてしまうんじゃないの?」というイメージを持っている方も多いかも知れません。

 

しかし、バブルの時期ならまだしも、2017年の現代でそんな経営をしているカードローン会社はあっというまに潰れてしまいます。

 

消費者金融の経営は私たちの想像以上に厳しいものになっています。

 

・貸金業法の改正によって年利の低金利化

・総量規制によって貸付の制限

・過払い金請求による過払い金の返還

 

など、平成18年の貸金業法の改正以降、中小の消費者金融で経営破たんした会社の数は数え切れません。

 

業界最大手のひとつでもあった「武富士の経営破たん」が記憶にある方も少なくないでしょう。

 

現在は消費者金融業者にとっては冬の時代であるといえます。

 

つまり、現在まで潰れずに生き残っている消費者金融業者はそうした苦境を乗り越えてきた優良企業であるということができるでしょう。

 

また、大手消費者金融業者の多くが銀行などとの提携を行い、クリーンな経営に努力しています。

 

消費者金融とはいっても、大手の消費者金融は銀行のカードローンを利用するのと変わりないのですね。

消費者金融とはいえ、サービス業

インターネット社会である現代では、TwitterやFacebookなどの普及により1億総発信者時代であると言われています。

 

例えば、接客態度の悪いお店などがSNSで炎上してしまい、閉店に追い込まれてしまうということが普通にある時代なのです。

 

消費者金融もサービス業の1種であることに変わりはありません。

 

もし、マンガの金融屋さんのような怖いお兄さんによる取り立てをする消費者金融があったら、SNSであっという間に拡散されてしまい、社会問題になってしまいます。

 

消費者金融という業種の性質上、他の業者と比べてイメージはマイナスの部分から入ってしまいます。

 

それだけに、消費者金融の接客対応は他の接客業と比べても丁寧で明るいサービスである必要があるのです。

 

実際に、私が利用した消費者金融のコールセンターも非常に丁寧な接客で、こちらが恐縮してしまうくらいでしたよ。

消費者金融ですぐにお金は借りることができる?

お金は友人関係を壊してしまうとわかっていても、急にお金が必要になってしまった時に、すぐ近くの友達に頼んでしまうという場合もあるでしょう。

 

消費者金融でお金を借りるには、審査や面倒な書類の提出の手続きなどがあって面倒くさそうと敬遠してしまっている方もいるでしょうね。

 

しかし、消費者金融ではすぐにお金を借りることは可能です。

 

スピード感が求められる現代では消費者金融も即日融資を対応している会社がほとんどになっています。

 

最近ではウェブ完結で、ネット銀行に必要なお金を振り込みで融資してくれる場合もあり、友人にお金の無心をしてから借りに行くよりも早い場合もあります。

 

審査のスピードも最短で30分、融資まで1時間という消費者金融も多く、午前中に申込みをすれば昼には遅くてもお金を借りることができるのです。

 

それだけではなく、24時間365日ネットから申込みすることが出来る消費者金融も多くなっており、夜間でもすぐに申込みすることができます。

 

友人にお金を借りる場合は、急いでいてもお金を受け取ってすぐにわかれるわけにはいきませんので、お茶などを飲んで話をしますよね。

 

ですので、むしろ急いでいる時ほど、友人や知人にお金を借りるよりも消費者金融でお金を借りた方が早いのです。

消費者金融でお金を借りる前にしっておかなくてはいけないこと

消費者金融でお金を借りる前に知っておかなくてはならないのが、お金を借りると利息が必要ということです。

 

当然、消費者金融も慈善事業ではありませんので、タダでお金を貸すわけにはいきません。

 

融資した金額の利息が消費者金融の収益となり、健全な経営をすることができるのですね。

 

お金を借りる際には、利息を含めた最終的な返済金額がいくらになるのかをよく把握しておく必要があります。

 

また、利息を含めた毎月の返済の金額が最低いくらになるのかを知っておくことも必要です。

 

消費者金融でお金を借りると、毎月の最低支払い金額が設定されます。

 

最低支払い金額は多くの場合、借りた金額の3%程度に設定されることが多くなっています。

具体的には、

 

・10万円を借りた場合の毎月の最低支払い金額は3500円程度

・20万円を借りた場合の毎月の最低支払い金額は7000円程度

 

と、毎月の最低の支払い金額が設定されます。

 

これで「10万円を借りても30回支払いをすれば返済できるね」と思ってしまった方は少し危険です。

 

前述のとおり、消費者金融でお金を借りる場合には「元金+利息を支払う必要」があります。

 

毎月3500円の支払いでは最初のうちは半分近くが利息に充当されてしまいますので、3500円ずつの返済だと36回返済を続ける必要があります。

 

返済の支払い回数によっても、月々に支払う利息は変動してきますので、余裕があればできるだけ早い回数で返済をした方が良いのですね。

消費者金融でお金を借りると利息はどのくらいになる?

実際に消費者金融でお金を借りると、支払わなくてはならない利息はどの程度の金額になってくるのでしょうか?

 

消費者金融の利息の計算方法は「(借り入れ金額)×(年利)÷365日×(借り入れ日数)」となります。

 

実際に10万円を年利18.0%の消費者金融で借りた場合の1ヶ月分の利息を計算してみましょう。

 

計算式は「100000円×18.0%÷365日×30日」=1479円となり、1ヶ月で支払う利息は1479円になることがわかります。

 

上記でも説明したように、10万円を借りた場合の月々の支払い金額は3500円となりますので、そのうち約1500円が利息・残りの2000円が元金に充当されるのが分かりますね。

 

それでは、返済の完了でずっと毎月利息は1500円なのか?というと、そういう訳ではありません。

 

利息の計算は現在の借り入れ金額から計算されますので、半分程度支払いの期間が過ぎ元金が5万円になると「50000円×18.0%÷365日×30日」=739円と、支払う利息も半分になります。

 

また、返済から返済までのスパンが「借り入れ日数」となりますので、例えば10万円借りて、初回の返済3500円を入れた1週間後に1万円の余裕ができて入金したとすると、

 

「96500円×18.0%÷365日×7日」=333円が利息

 

となりますので、9667円が元金に充当されることになります。

 

このように、出来るだけ短いスパン・そして早めに元金を減らすことで、無駄な利息の支払いを最小限にすることができるのです。

初めて消費者金融を利用するなら利息無料サービスを選ぼう

消費者金融の返済には、借り入れした元金とあわせて利息の返済も必要です。

 

しかし、はじめて消費者金融を利用する方には「金利無料」のサービスがついたカードローンもあります。

 

ここでは、金利無料サービスのあるオススメカードローンをご紹介していきましょう。

アコム

 

限度額

最高800万円

金利

3.0%~18%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

消費者金融系カードローンの中でも、最高800万円の限度額と最高クラスの利用限度額を誇る「アコム」

 

アコムでは、はじめて利用する方限定で「30日間金利0円」サービスを提供しています。

 

はじめて消費者金融を利用する方は、審査について不安を抱えてしまうものです。

 

アコムでは、本番の審査の前に借り入れ可能かどうかを簡易診断することができる「3秒診断」を利用することができます。

 

自分が審査に通過する可能性が高いことを診断してから審査を申込むことができますので、はじめてでも安心して利用することができますね!

 

はじめての方に!アコムは30日間金利0円

プロミス

 

限度額

最高500万円

金利

4.5%~17.8%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

SMBCグループのカードローン会社であるSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」は、銀行が母体となる安心の消費者金融カードローンです。

 

プロミスでは初回利用の方に「30日間無利息※」のサービスを提供しています。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

申込み方法も、ウェブでの入力に慣れている方に便利に使える「フル入力」、そしてウェブでの入力に慣れていない方でも安心の「カンタン入力」の好きな方で申込みをすることが可能です。

 

申込みをする際のユーザーの利便性も考えた事細かな気づかいが嬉しいですよね。

 

【プロミス】3項3秒診断!24時間申込みOK♪
メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で≪30日間無利息≫

アイフル

 

限度額

最高800万円

金利

3.0%~18.0%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

消費者金融でも3本の指にはいる大手カードローンの「アイフル」

 

アイフルでもはじめてのご利用の方に「30日間無利息」の特典が用意されています。

 

アイフルの特徴としては、1000円から借り入れすることができる柔軟な融資サービスが魅力となっています。

 

必要最小限の借り入れをすることができますので、借りすぎの為の金利の支払いで困ってしまうということも無いのですね。

 

また、レディースローンをはじめとした多彩なプランが用意されているのもアイフルのメリットといえるでしょう。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

消費者金融の審査を通すためには

消費者金融でお金を借りるためには「審査」が必要になります。

 

審査というとものものしい響きに聞こえてしまいますが、要は「申込みをした人がお金を借りて、返済していく能力があるか」を判断する、ということになります。

 

審査は消費者金融そのものが行うのではなく、保証会社が行う形になります。

 

審査の際に重視されるのは、年収や今の会社での勤続年数はもちろんのこと、他社のカードローン会社での利用状況が大きな判断基準となります。

 

消費者金融を初めて利用する方であれば、他のカードローン会社でお金を借りたことが無いから大丈夫と安心してしまうかも知れません。

 

しかし、近年ではスマートフォンは非常に高額な買い物になり、多くの方が携帯ショップで「端末の月払い」を選択しているのではないでしょうか?

 

携帯電話の端末料金の月賦での支払いも、保証会社により管理されています。

 

ですので、携帯電話料金の未払いが続いてしまっている方は、消費者金融を利用したことが無い方の場合であっても審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

一般的には、口座での携帯電話料金の振り替えができず、コンビニでの払い込み用紙が送られてくるということが3か月以上連続してしまった方は、審査通過が難しくなってしまう傾向にあります。

 

また、年収が高い方が審査に通りやすいからと、年収を実際よりも高く書いてしまうのは絶対にやってはいけないタブーです。

 

故意に虚偽の申告をしてしまうと、仮に一旦カードローンの審査に通過していたとしても、契約を解除されてしまい、一括での返済を求められてしまうこともあるのです。

本当は怖くない消費者金融、上手に付き合えば安全

消費者金融でお金を借りたことがない方は、消費者金融でお金を借りるというとやはり怖い印象を持っている方も少なくないでしょう。

 

しかし、その恐怖心というのは持っておいた方が良いものです。

 

近年では消費者金融もクリーンな経営を目的としており、お金を借りるに当たって怖い思いをしてしまうということは、まずありません。

 

1番怖いのが、「カードローンで借りたお金を自分の貯金だと思ってしまうこと」です。

 

消費者金融のカードローンで借りたお金は必ず返済する必要があり、返済する際には元金に加えて利息を返済していかなければなりません。

 

消費者金融は上手に付き合えば安全で便利なものです。

 

必要最低限のお金だけを借りるようにして、消費者金融のカードローンを上手に活用しましょう。

 

Top