個人でも簡単に銀行でお金を借りられる?クレカのキャッシングよりもお得な銀行カードローン


 

お金が必要になってしまった時に、1番最初に頭に浮かぶのは「消費者金融」の利用ではないでしょうか?

 

しかし、人によっては消費者金融でお金を借りなくても、銀行からお金を借りることができる場合があります。

 

ここでは、銀行からお金を借りるためのTipsをお話していきましょう。

 

個人でも銀行でお金を借りることはできるの?

銀行でお金を借りることができるのは、企業などの法人だけと思っている方も少なくないかも知れません。

 

確かに、少し前までは銀行は法人向けの貸付が中心となっており、個人向けの融資は二の次という印象がありました。

 

しかし、近年では銀行も企業向けの貸付から個人向けの貸付に、より力を入れている傾向にあります。

 

各種の銀行で個人向けのローン商品をラインナップしており、個人の顧客の囲い込みに力を注いでいます。

 

その背景にあるのが、やはり先の見えない不景気であることはいうまでもありません。

 

法人中心の融資営業では、いつ貸付先の企業が倒産して貸し倒れになってしまうかわからない時代です。

 

そうした背景もあり、多くの銀行が法人向けの高額の融資中心であった営業方針から、個人向けの少額の融資を数多くこなしていくという営業方針に転換していったのです。

目的別で銀行でお金を借りることができる

近年では、銀行によって多くの個人向けローン商品が展開されています。

 

「目的ローン」という呼び方もしますが、銀行のローン商品は目的に合わせた金利と限度額で設定されています。

 

目的ローンの一例をあげると、

 

・住宅の購入のためにお金を借りる「住宅ローン」

・車の購入のためにお金を借りる「自動車ローン」

・結婚式のためにお金を借りる「ブライダルローン」

・進学のためにお金を借りる「教育ローン」

 

など、様々なお金を借りる目的に合わせたローンプランが用意されているのです。

 

当然のことですが、目的ローンで借りたお金を別の目的で使用することはできません。

 

例を挙げると、自動車ローンなどの場合は、ローンを組む際に「購入する予定の自動車の見積書が必要」になります。

 

また融資の貸付も、車のディーラーなどに直接振り込まれる場合もあり、目的ローンで借りた目的と別の用途でお金を使うことはできないのです。

 

では、生活費の補てんや、急なお金の要りようなどの特定の目的が決まっていない場合は銀行からお金を借りることはできないのでしょうか?

 

そうした、特定の目的では無い場合には「フリーローン(多目的ローン)」を利用して銀行からお金を借りることができます。

 

フリーローンの場合は、住宅ローンや自動車ローンなどのように決まった目的が決められていませんので、自由に借りたお金を使用することができます。

 

生活費の補てんやレジャー目的などの場合は、銀行のフリーローンを利用してみるのも良いでしょう。

手軽に利用するなら銀行カードローンがオススメ

銀行のフリーローンを申込むためには、銀行の窓口に出かけて手続きをする必要があります。

 

近年では、コンビニATMなどがこのコンビニに行ってもありますので、銀行の窓口は口座を作るときから利用したことが無い、という方も多いかも知れませんね。

 

平日の銀行窓口の混みようといったら、尋常な混み方ではありません(笑)

 

仕事で会社の入金などのお遣いをしたことがある方ならお分かりかと思いますが、1件入金をしたいだけなのに、自分の順番がくるまで1時間以上待ったという方もいるでしょう。

 

フリーローンを申込む際にはその窓口での待ち時間に加えて、申込み自体にも時間がかかってしまいます。

 

また、平日の9時から15時までしか窓口が開いていませんので、仕事の都合上物理的に窓口に行くことができないという方も少なくないのではないでしょうか。

 

銀行で手軽にお金を借りるのであれば「銀行カードローンがおすすめ」です。

 

銀行カードローンはクレジットカードのキャッシング機能のように、ATMにカードを入れて借り入れや返済ができる手軽なローン。

 

また、近年では銀行カードローンでも、銀行の口座さえあれば来店不要でウェブ完結で申込みから融資までを完結させることもできます。

 

申込みから融資までの時間も最短即日で完了する銀行カードローンも多く、急ぎでお金が必要になった時でも安心して利用することができますよね。

 

忙しい現代人にピッタリなローン商品が銀行カードローンであるといえるのではないでしょうか。

銀行でお金を借りるには連帯保証人が必要?

銀行でお金を借りる際には連帯保証人が必要と思い、銀行でお金を借りることを諦めてしまっている方も少なくないでしょう。

 

連帯保証人になってしまったが為に他人の借金を背負わせてしまったという話はよく聞くものです。

 

そんな連帯保証人に頼める相手なんていない!と心配をしてしまっている方も少なくないでしょう。

 

しかし、そんな心配は全く必要ありません。

 

銀行でお金を借りる場合でも、フリーローンや銀行カードローンでお金を借りる時には連帯保証人を立てる必要はありません。

 

それどころか、銀行カードローンではスマホの操作だけで免許証1枚でお金を借りることができるのです。

 

銀行カードローンでは、100万円未満・もしくは50万円未満などの少額の借り入れであれば、収入証明書などの提出不要でお金を借りることができます。

 

周りの人に迷惑をかけることはできないからと、銀行カードローンでお金を借りることを躊躇してしまっていた方でも、安心して利用することができるのですね。

銀行でお金を借りるメリット

では、銀行でお金を借りることでのメリットはどのような点が挙げられるでしょうか?

 

まず第1に、銀行からお金を借りているという安心感があると思います。

 

近年では、消費者金融もクリーンなイメージを前面に押し出しており、以前のように「サラ金」といったイメージはありませんが、やはり銀行の方が安心できるというのが人間というものです。

 

私が若い頃に、自動車免許の取得のためのお金を銀行から借りた際には、母親が「銀行でお金を借りれらる信用が出来たってことは大人になったね」と褒めてくれたものです。

 

お金を借りる「借金」という点では、消費者金融から借りても銀行カードローンで借りても同じなのでしょうが、やはり銀行の方が信頼感があるということでしょうね。

 

そして、大きなメリットとなるのが銀行でお金を借りる際の金利の安さです。

 

目的の決まった目的ローンでは3%・2%を切る金利というプランも少なくなく、手軽な銀行カードローンでも下限金利が3%を切るプランも用意されています。

 

お金を借りる際には、借りるまでではなく、返済を済ませるまでが重要なポイントとなります。

 

金利の安い銀行カードローンでお金を借りることで、無理なく返済を進めていけるという点が、銀行でお金を借りる最も大きなメリットとなるのですね。

消費者金融と銀行でお金を借りた際の金利の差は

銀行でお金を借りる際の最も大きなメリットとなるのが金利の安さです。

 

それでは、実際に消費者金融でお金を借りた時と比べて、どの程度金利に差ができてしまうのでしょうか?

 

消費者金融系のカードローンの平均的な金利は17%前後といわれています。

 

カードローンの金利は「3.0%~18.0%」など、下限金利と上限金利が表示されています。

 

この金利表示を見て「最低金利は3%なら、3%で利用できたら安い!」と思ってはいけません。

 

消費者金融系のカードローンの多くが、初めての利用の場合は上限金利の近くで金利設定されます。

 

消費者金融系のカードローンでは、「上限金利を18.0%で設定されている場合が多く17%という平均値」になるのですね。

 

それに対し、「銀行カードローンの平均金利は14%程度」であるといわれています。

 

銀行カードローンの場合でも、上限金利は18.0%に設定されていることが多くなっていますが、銀行カードローンの場合は上限金利を下回る金利で設定されることが多くなっています。

 

また銀行カードローンの商品によっては、上限金利そのものが7%と設定されているプランもあり、低金利でお金を借りることができるのです。

金利の差によって、実際に支払う利息が変わってくる

7%・14%・18%と数字を並べても分かりにくいかと思いますので、表にして比較してみましょう。

 

30万円を借りて4年間48回で返済する際の金利による利息の違いを比較してみましょう。

 

 

完済時の利息

完済の総額

金利18%

122981円

422981円

金利14%

93485円

393485円

金利7%

44813円

344813円

 

このように、実際に支払う利息を計算してみると、消費者金融の上限金利である18%の場合は10万円を超える利息が発生してしまうことになります。

 

それに対して、年利7%の銀行カードローンを利用すると、支払う利息は3分の1で済むことが分かります。

 

金利が安いことで、実際に支払わなくてはならない利息が安くなり、完済までに支払う総額が少なくて済む、というのが銀行カードローンの最も大きなメリットとなるのです。

今持っているクレジットカードのキャッシングとどちらがお得?

なかには、お金を借りる必要ができてしまったら、現在持っているクレジットカードのキャッシング機能を利用する、という方もいるでしょう。

 

しかし、実はクレジットカードのキャッシングが、最も損をしてしまうお金の借り方であることをご存じでしょうか?

 

クレジットカードのキャッシング機能は、非常に金利が高く設定されています。

 

平均的なクレジットカードのキャッシングの金利は18%と、消費者金融の平均金利17%よりも高い金利設定となっているのですね。

 

手軽に利用できるからと、クレジットカードのキャッシング機能を利用してしまうと、無駄な金利を支払ってしまうことになってしまいます。

 

お金を借りる際には、利用しようと思っているローン・キャッシングの金利をよく比較してみることが重要なのです。

 

新しく銀行カードローンを申し込んでも、ウェブでの入力だけなら5分程度で完了するもの。

 

その5分間を惜しんでしまったために、数万円の利息の差になってしまうのはもったいないですよね。

専業主婦や学生でも銀行でお金を借りることができる?

銀行カードローンのもうひとつの大きなメリットとなるのが、収入の無い専業主婦の方や学生の方でもお金を借りることができる点です。

 

現在では貸金業法の改正に伴い、貸金業者では年収がゼロの専業主婦や学生の方の利用はできなくなっています。

総量規制とは?

総量規制とは貸金業法の改正に伴い施行された規制で「原則として、年収の3分の1を超える金額の借り入れができない」といった内容になっています。

 

その総量規制によって、そもそもの収入がゼロである専業主婦や学生は、貸金業者である消費者金融系のカードローンを利用することができなくなっているのです。

では、なぜ銀行カードローンならOKなの?

それでは、なぜ銀行カードローンでは専業主婦や学生のように収入が無い方でもお金を借りることができるのでしょうか?

 

銀行カードローンは、貸金業法でいうところの貸金業者にはあたりません。

 

よって、貸金業者に向けて施行された総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える金額の融資も可能なのです。

 

そもそもは、返済能力を超えた借り入れを防ぎ、消費者保護のために施行された総量規制ですが、どこにも借りるところが無ければ「闇金」などでお金を借りるほかありません。

 

そういった行き場のない方への救済措置としての意味合いもあり、銀行カードローンの利用は総量規制の対象外となっているのです。

銀行カードローンの審査を通すためには

銀行カードローンは、一般的に消費者金融系のカードローンよりも審査の基準は厳しいといわれています。

 

ですので、銀行カードローンを通すためには、審査に通りやすい銀行を選択する必要がありますよね。

安心と信頼感、そして低金利の銀行でお金を借りよう

近年では、各銀行も個人向けの融資に力を入れており、様々な個人向けのローン商品が展開されています。

 

また、ネットバンクなどの店舗を持たない銀行も、銀行カードローンに力をいれています。

 

お金が必要になった時には、信頼感もあり低金利な銀行カードローンでお金を借りましょう!

 

 

Top