カードローンで即日審査を通すために必要な条件とは!?


 

急な出費の時に助けてくれる「カードローン」ですが、初めての利用の際と言うのは不安もつきものです。

 

特に、審査をしてカードローンの審査に通るかどうかを待っている時の不安と言うと、その本人にしか分からないものなのではないでしょうか?

カードローンを利用しようと考える時というのは「どうしてもお金が必要」なタイミングなことが多いでしょう。

 

カードローン利用の不安を少しでも無くす為に、カードローンで即日融資を受けるポイントを抑えておきましょう!

カードローンの審査、その基準とは??

近年では「即日融資可能」なネットでの審査申し込みが主流になりつつあります。

申し込みも手軽にできて店舗に足を運ぶ手間もありませんので、急にお金が必要な時には便利な時代になりましたよね。

 

カードローンでお金を借りる際には「審査」によって融資を受けられるかどうかが決まります。

 

審査と言うのは簡単に言うと「申し込み者に返済能力があるかどうか」を判断することで、カードローン会社は審査の際には「信用情報機関」の情報を照会して、申し込み者の信用を調査します。

 

キャッシングを利用したことが無い方でも、近年では携帯電話の料金の支払い状況なども信用情報期間に残されているケースがありますので、携帯電話料金の未払いがある方は審査に不利になってしまうことがあります。

 

審査の基準をまとめると、

 

安定した収入があること
現在の仕事の勤務年数が1年以上あること
過去にカードローンなどの未払い履歴がないこと

 

などがあげられます。

 

現在では「総量規制」と言うものも定められており、年収の3分の1までしかカードローンでは借り入れができなくなっています。

審査の前に源泉徴収などを確認して、自分の年収を一度確認しておいた方が良いかも知れませんね。

即日審査を通すための審査のポイント

カードローンの審査の基準はわかったけど、まだ実際に審査をするのは不安と言う方の為に「審査を受ける際のポイント」をご説明しておきましょう。

【電話料金、家賃等の未払い・督促が来ていないか確認する】

先程もご説明したように、電話料金だけではなく家賃等の支払い状況が信用情報期間に残ってしまっているケースがあります。

一般的には口座振替ができずに督促のハガキが送られてくる、と言う状態が3か月連続すると信用情報期間に記録されてしまうことがあるようです。

思い当たる方は、少なくとも半年程度は綺麗な支払いを続けてから改めてカードローンの審査をした方が確実かも知れませんね。

【借り入れ希望額は、最初は少なめで審査をする】

カードローン会社を最初に利用する時というのは、その会社との取引実績がない状態です。

ですので、いきなり高額の融資を希望しても審査に通りにくくなってしまうだけですので、最初は少額で確実に審査を通すように心掛けましょう。

審査OKで取引履歴が出来れば、融資額の増額は比較的簡単にできるのです。

【審査を受ける会社は1社に絞る】

これは非常に重要なポイントですので次項でも詳しくご説明しますが、複数のカードローン会社に審査を申し込み「お金を借りられればどこでも良い」と思われてしまうのは得策ではありません。

確実に融資を受けられそうで、なおかつ信用のおけるカードローン会社1社に絞って審査を受けるようにしましょう。

 

これらのポイントを抑えておけば、即日審査を通すこともそう難しくはないでしょう。

カードローン審査で絶対にやってはいけない注意点

カードローンを利用する時と言うのは、往々に切迫してお金が必要になっているタイミングなことが多いのではないでしょうか?

 

中には審査に落ちる不安から解消されたいが為に「審査でやってはいけないこと」をしてしまっているケースも少なくありません。

カードローンの審査においては審査に通りやすくなるポイントの他に、審査での注意点もあります。

 

せっかく審査に通る基準を満たしていたにも関わらず、自分のミスによって審査が通らなかったと言うケースもありますので、審査における注意点をまとめておきましょう。

 

まず、第一に「申し込み時の記入内容を間違えない」と言うことです。

 

当然のことではありますが、審査の際に年収の情報や勤務先の情報などを記入間違いしてしまうと、事実確認を取ることができずに審査に落ちてしまいます。

訂正が効く間違いならまだ良いのですが、例えば年収の情報などを記入間違いしてしまった場合「虚偽の記載」をした、と判断されてしまい、審査に通らないどころか信用情報機関にその旨が記録されてしまうこともあります。

 

特に近年ではスマホなどでも申し込み可能なネット審査でのカードローンの申し込みが主流になっており、うっかり間違いが手書きの場合と比べて多くなってしまいますので、申し込み内容を送信する前には充分な確認をしてからクリックするようにしましょう。

 

実際と異なる情報を審査の際に記載してしまうと、審査に落ちてしまうばかりか、信用情報機関に虚偽の申告をした申し込み者であることが記録され、その後の審査に影響を与えてしまうことがあります。

 

ですので、間違いも気を付けなくてはなりませんが、故意に虚偽の申告をしてしまうことは論外です。

 

審査に通りたいばかりに年収や他社からの借入額など嘘をついてしまうと、その名の通り「自分の信用に傷をつけてしまう」ことになってしまいますので、絶対にやってはいけませんね。

 

また、1社で審査に通るかどうか不安なあまりに、同時に複数の会社に審査の申し込みをすることもNGです。

 

カードローン会社は審査の際に、必ず信用情報機関を通して申し込み者の信用を調査します。

当然ですが、同時期に複数の会社に審査を申し込んでいる、と言う事実も信用情報機関に残されてしまいます。

「複数の会社に申し込みをしている」=「よほどお金に困っている」と判断されてしまい、審査基準に対して不利になってしまうことがあるのですね。

 

近年では即日審査結果が出るカードローン会社も多くなっていますので、1社で審査を決められるようにドンと構えておく余裕も必要なのかも知れませんね。

どんな人が即日審査を通すことができるのか?

ここまでのポイントをまとめて、カードローンで即日融資を受けることが出来る人と言うのはどのような方なのでしょう?

 

カードローンの利用履歴がこれまでにない
電話料金などの未払いや遅延がない
正社員の方で勤続が3年以上

 

の方であれば、ほぼ問題なく即日融資を受けることが可能です。

 

正社員でなくても、派遣やパート先で安定した収入がある方なども、即日融資を受けられる可能性は充分高いと言えます。

 

問題は他社での借り入れがある方ですが、この場合も総量規制と照らして、借入額が自分の年収の3分の1以内であれば可能性はあります。

 

3分の1を超えてしまっている場合は、審査OKの確率は少なくなってしまいますが、総量規制の対象でない「ネット銀行系」のカードローンでの審査にかけてみてもいいかも知れませんね。

最後に

カードローンの審査に関しては「数打てば当たる」と言う戦法は大きな間違いの元です。

数を打てば打つほど「審査に落ちた」と言う履歴が信用情報期間に残されてしまい、その信用情報だけで審査落ちしてしまうこともあるのです。

 

ここでご紹介したポイントを抑えて、即日審査OKを目指してみてくださいね!

Top