深夜・夜中でも借りられる?20時まで審査可能のおすすめカードローン!


 

近年では、審査30分・即日融資というカードローンは多くなってきたものです。

 

お金が必要になってしまったときに、その日のうちにお金を借りることができるスピーディな対応はユーザーにとっても嬉しいメリットになりますよね。

 

しかし、そのお金が必要になってしまったタイミングが夜間だった場合には、どのような手続きをすればいいのでしょうか?

 

お金が必要になってしまうシーンは夜間の方が多い?

突然の飲み会の誘いや、明日の朝までに用意しなくてはならない支払いなど、急にお金が必要になってしまうシーンというのは、昼よりもむしろ夜の方が多いものです。

 

多くのカードローン会社が24時間受付可能・即日融資と宣伝をしていますが、夜間にお金が必要になってしまった場合にはどのような流れでお金を借りればいいのでしょうか?

 

特に、夜間にお金が必要になってしまう用事というのは翌日の朝にお金ができても遅い、ということも多いものです。

 

しかし、「夜間に友達や家族に電話してお金を貸してくれというわけにもいかない。」

 

夜間にその日のうちにお金を借りる方法に悩んでしまっている方も多いでしょう。

夜間・深夜でも即日融資してくれるカードローンはある?

即日融資を対応しているカードローン会社の中には夜間の審査申込み受付でも、その日のうちにお金を借りることができるカードローンもあります。

 

近年ではネット受付を24時間対応で受け付けているカードローンも多くなっています。

 

また、ネットバンクやカードローンの提携銀行の口座をお持ちの場合であれば、24時間対応で振込融資をうけることも可能です。

 

夜間にお金が必要になってしまっても、その日のうちにお金を借りることができるというのは安心感につながりますね。

 

ただし、新規申込みで夜間にカードローンを申込む際には、即日融資をうけることができる条件がありますので注意が必要です。

夜間にお金が必要になった時には何時までに申込めばその日のうちに借りられる?

夜間に急にお金が必要になってしまった時でも、カードローンで即日融資でお金を借りることは可能です。

 

24時間対応で申込みを受け付けているカードローンも多く、ネットでの申込みなら深夜でも、24時間いつでもカードローンの申込みをすることが可能です。

 

ただし、ここで注意が必要な点が「24時間受付」は、あくまでも申込みの受付が24時間可能であるということです。

 

24時間受付のカードローンだからと深夜に申込みをしても、審査の回答自体は翌日以降に持ち越されてしまうこともあるのです。

 

ここで、気を付けておかなくてはならないのが「審査回答時間が何時までなのか?」という点です。

 

カードローンに申込みをしても、実際に審査の答えをもらうことが出来なければ申込みが完了とはなりません。

 

夜中に新規受付が可能なカードローンの多くが審査可能時間は20時までとなっています。

 

審査受付の最終が21時となっているカードローン会社の場合でも、審査の回答には最短30分程度の審査時間が必要となります。

 

21時ギリギリに審査を申込んでも、審査の回答が出るまでに21時を過ぎてしまったら審査の回答が翌日に持ち越されてしまうこともあります。

 

夜中に確実にその日のうちにお金を借りるためには、審査時間まで余裕を持って20時には審査を申込んでおく必要があるのです。

夜間に即日融資でお金を借りる際に気をつけておくポイント

20時までに審査を申込みしても、場合によってはその日のうちにお金を借りることできないことがあります。

 

確実に夜中にお金を借りたいのに、お金を借りることができるのが翌日になってしまっては困ってしまいますよね。

 

そんなことのないように、ここでは夜中でも確実に即日融資をうけるために気をつけておくポイントを解説していきましょう。

夜間の振込が可能な金融機関を確認しておく

カードローン会社では、24時間振込受付対応というサービスを提供していることが多くなっています。

 

夜中にお金が必要になってしまった場合は、20時までに審査の申込みをしたうえで、振込で即日融資をうけることができます。

 

しかし、ここで注意が必要なポイントが、カードローン会社によって24時間振込融資が可能な金融機関が異なってしまうという点です。

 

カードローン会社は銀行と提携をして運営していることが多く、自社の提携銀行や一部のネットバンクで24時間振込融資を対応しています。

 

24時間振込を対応している金融機関以外の口座では、通常は平日の14時までの振込受付分しか当日の振込になりません。

 

仮に20時までに審査を完了し振込の手続きをしたとしても、24時間振込融資可能の金融機関では振込が翌日以降に持ち越されてしまうのですね。

 

これが、金曜日の夜中に申込みをした場合だと最悪、お金が実際に振り込まれるのは月曜日の朝になってしまうのですね。

 

せっかく20時までに審査の申込みが完了しても、当日お金を借りることができなければ意味がありませんよね。

 

そうした失敗の無いように、申込みをしようとするカードローン会社が夜中でも振込を対応してくれる金融機関を確認しておく必要があります。

夜間振込対応の金融機関の口座を持って無い場合は、無人契約機でカード受け取り

カードローン会社が夜間に振込対応をしている口座を持っていない場合でも、無人契約機でカードを受け取ることでその日のうちにお金を借りることが可能です。

 

無人契約機は21時まで営業をしている場合が多く、夜中に即日融資をうけたい場合にはカードローン会社指定の振込口座が無い場合には無人契約機でカードを受け取ることができます。

 

無人契約機でカードを受け取る場合でも、20時までにネットでの申込みを済ましてからカードの受け取りのみを無人契約機に選択するとスムーズに手続きを済ますことができます。

在籍確認の方法を考えておく

夜中の審査の申込みの場合、意外なハードルになってしまうのが「勤務先への在籍確認」です。

 

20時頃に審査の申込みをした場合、勤務先によっては会社が終業時間を過ぎてしまい在籍確認を取れないという問題が生じてしまいます。

 

在籍確認が取れないと、やはり審査を完了させることができずに、審査回答が翌日以降に持ち越されてしまうことになってしまいます。

 

カードローン会社によっては、給与明細の提出や社会保険証の提出で職場への在籍確認の代わりにしてくれるケースもあります。

 

夜中に確実に即日融資でお金を借りるためには、オペレーターに在籍確認の方法を相談してみるのもひとつの方法となります。

 

また、できるだけ早く審査を完了させるために、申込み確認メールに記載されたフリーダイヤルに電話をするというのも良いでしょう。

深夜にどうしてもお金が必要になってしまった時には?

カードローン会社では、新規の申込みの場合には20時までに審査の申込みを完了させておかないと、即日融資でお金を借りることができません。

 

深夜にお金が必要になってしまった場合でも、新規での申込みの場合では遅くとも20時までに審査を申込んでおかないと即日融資を受けることができないのですね。

 

1度カードローンに申込みをして審査に通過しておけば、指定金融機関での24時間振込融資をうけることができます。

 

ネット銀行などをお使いの場合であれば、振込での借り入れはもちろんのこと24時間ネットでの返済をすることもできます。

 

また、カードローンのカードをお持ちであれば、コンビニATMなどで24時間借り入れ・返済をすることも可能です。

 

カードローンではATM手数料が無料の会社も多くなっていますので、銀行の時間外手数料を支払うのよりも安い利息でお金を借りることもできるのです。

 

1度申込んでおけば、24時間体制で深夜・夜中でもお金を借りることが可能になるのですね。

 

深夜にお金が必要になってしまう場合に備えて、時間に余裕がある時にカードローンを1つ申込んでおくというのも安心に繋がりますね。

20時までの申込みで即日融資可能なおすすめカードローン

近年では、20時までに申込みをすればその日のうちにお金を借りることができるカードローンは多くなっています。

 

すでに申込みを完了していれば、24時間体制で夜中でも振込融資をうけることができますので、非常に便利に利用することができるのですね。

 

しかし、どのカードローンを利用すれば夜のうちに即日融資をうけることができるのかわからない、という方も多いでしょう。

 

ここでは、当サイトおすすめの20時までの申込みで即日融資可能なカードローンをご紹介していきましょう。

プロミス

 

限度額

最高500万円

金利

4.5%~17.8%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

「プロミス」では20時までの審査申込み受付で、最短即日でお金を借りることができます。

 

プロミスはSMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンスのカードローンとなっていますので「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」の口座をお持ちであれば夜間の振込融資も可能。

 

他社の口座をお使いの方の場合でも、20時までのネットでの申込み完了後に無人契約機でカードを受け取ることで、夜間でもその日のうちにお金を借りることができるのです。

 

プロミスには、はじめての利用の方に30日間無利息のサービスがありますので、夜間にお金が必要になっても翌日返済すれば無利息でお金を借りることができます。
※30日間無利息の適用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

もちろん、翌日に慌てて返済しなくても30日間は無利息で利用することができますので安心ですね。

 

キャッシング・消費者金融のプロミス♪ 審査は最短30分!24時間申込OK!

アコム

 

限度額

最高800万円

金利

3.0%~18.0%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

「アコム」でも、20時までの審査申込み受付で完全来店不要の振込融資でその日のうちにお金を借りることができます。

 

アコムで20時以降に振込で即日融資をうけるためには「楽天銀行」の口座が必要です。

 

楽天銀行の口座をお持ちでない方が20時までの申込みで夜間の融資を受けるためには、無人契約機でのカード受け取りが必要となります。

 

また、アコムの場合ではATM手数料が無料ではありませんので、カードを受け取ったらアコムのATMでそのまま必要なお金を引き出しておいた方がお得です。

 

アコムを利用する際には、楽天銀行の口座を持っていれば24時間振込手数料無料で振込融資でお金を借りることができますので、楽天銀行口座を作った方がお得といえるかもしれませんね。

 

はじめてアコムを利用する方には30日間無利息期間の特典もつきますので、その点もアコムのメリットとなります。

 

はじめての方に!アコムの金利は安心の実質年率3.0%〜18.0%

SMBCモビット

 

限度額

最高800万円

実質年率

3.0%~18.0%

収入証明書の提出

審査時間

最短30分※

融資スピード

最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

「SMBCモビット」でも20時までの審査申込みで即日融資でお金を借りることができます。

 

SMBCモビットでウェブ完結での融資をうける際には「三井住友銀行」または「三菱UFJ銀行」の口座と、健康保険証が必要となります。

 

SMBCモビットが職場への電話連絡なしで申込み可能なのは知られていますが、社会保険証などが在籍確認の代わりになるのですね。

 

指定銀行の口座を持たない方が夜間の即日融資をうけるためには、20時までにウェブでの申込みを完了したうえで無人契約機でカードを受け取る必要があります。

 

また、SMBCモビットの大きなメリットとなるのが下限金利が3.0%という銀行カードローンなみの低金利な点です。

 

限度額も800万円までと高額の融資に対応できますので、おまとめ・借り換えにも適したカードローンであるといえるでしょう。

 

≪SMBCモビット≫WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆

アイフル

 

限度額

最高800万円

金利

3.0%~18.0%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

「アイフル」では、20時までの審査申込みのうえ、無人契約機でのカード受け取りで即日融資でお金を借りることができます。

 

アイフルでは振込での即日融資は平日の14時までに審査完了していなければいけませんが、ウェブ申込み後の無人契約機でのカード受け取りで夜間でもその日のうちにお金を借りることができます。

 

カード受け取り後は、セブン銀行などの提携ATMを利用して手数料無料で24時間借り入れ・返済をすることができますので、深夜に急にお金が必要になった場合でも安心です。

 

また、はじめてアイフルを利用する方には30日間無利息のサービスが付くのも、アイフルのメリットとなる点です。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

深夜・夜中にお金が必要になっても諦めないで!夜間に即日融資可能なカードローンはある。

夜中に急にお金が必要になってしまうと、慌ててしまうものです。

 

しかし、お金が必要になってしまった時間が20時前なら、まだ慌てることはありません。

 

カードローン会社には20時までの審査申込みで、夜中でも即日融資が可能なカードローンもあります。

 

1度カードローンの審査に合格していれば、24時間いつでもお金を借りることができます。

 

深夜・夜中にお金が急に必要になってしまう場合に備えて、時間の余裕のあるときにカードローンを申込んでおくのも良いのではないでしょうか。

 

 

Top