収入証明不要で借りられるカードローンは?50万円までなら即日融資可能?


 

お金が必要になってしまうときというのは、急に訪れてしまうものです。

 

すぐにお金が必要だけど、カードローンの申込みでは必要書類を集めたり時間がかかってしまうと思っている方もいるのではないでしょうか?

 

しかし、面倒な書類の提出無し、免許証1枚で即日融資でお金を借りることができるカードローンもあるのです!

 

今すぐお金を借りたいのに書類を用意する時間なんて無い!

お金が必要になってしまうときは、多くの場合が「いつまでにお金を用意しなくてはならない」という期限が決められてしまうものです。

 

カードローンでお金を借りるには収入証明書などを用意しなくてはいけないから、そんな時間は無い!と焦ってしまっている方も多いでしょう。

 

ここでは、カードローンの利用につきものとなってくる「収入証明書」についてお話をしていきましょう。

収入証明書とは?

カードローンの申込み時に提出する「収入証明書」とは、その名の通り「本人の収入を証明できる書類」のことです。

 

一般的には、

 

・源泉徴収票

・住民税決定通知書、納税通知書

・所得証明書

 

などを収入証明書として利用することが多いでしょう。

 

源泉徴収票は、サラリーマンの方であれば給与明細と一緒にもらうことができます。

 

申込みをするカードローンにもよりますが、直近2ヶ月分の給与明細の提出で収入証明書としてもらえるケースもあります。

 

また、住民税決定通知書、納税通知書・所得証明書は役場で発行してもらう書類になりますね。

 

他にも、

 

・確定申告書

・青色申告決算書

・収支内訳書

・支払調書

 

などの書類も収入証明書として提出することが可能です。

 

しかし、中には源泉徴収票や給与明細を保管していない、という方もいらっしゃるでしょう。

 

仮に保管していたとしても普段は全く使用する機会の無い書類ですから、どこに保管してあるかわからないという方もいるのではないでしょうか。

 

そうした場合に、役場に行って所得証明書などを発行してもらうのは、やはり手間になってしまいますよね。

カードローンを利用するには収入証明書が必要?

では、なぜカードローンを利用する際には収入証明書が必要になっているのでしょうか?

 

その最も大きな理由となるのが、申込み者に返済の能力があるかを審査するうえで、申込み時の年収の記載に間違いはないか?という点です。

 

カードローンの審査においては、やはり年収というのは大きな判断基準になってくるものです。

 

しかし、カードローン会社が申込み者の給与が申告と間違いないかを勤務先に確認することはできません。

 

ですので、申告した年収と相違が無いかを収入証明書で確認をとるために収入証明書の提出が必要になってくるのですね。

 

また、もう1つ絶対的な理由となってくるのが「貸金業法による規制」です。

 

貸金業法には「50万円を超える金額の貸付を行う場合は収入証明書を提出させること」という規制があります。

 

法による規制が、収入証明書の提出が必要な最も大きな理由となってくるのですね。

収入証明書なし、免許証1枚で即日融資も可能?

しかし、中には一定額の融資金額までに関しては収入証明書の提出不要でお金を貸してくれるカードローンもあります。

 

貸金業法の規制では「50万円を超える金額の貸付の場合には収入証明書の提出が必要」となっていますので、50万円未満の融資で収入証明書を提出させるかはカードローン会社の任意だということになります。

 

ですので、カードローン会社の中には、面倒な収入証明書の提出無しで融資を行う会社もあるのです。

 

ユーザーにとっては、本人確認書類の免許証1枚でお金を借りることができるようになりますので、手軽にカードローンを利用できるメリットがあります。

 

また、カードローン会社の側にとっても、収入証明書がないからという理由で顧客を得る機会損失をしてしまわないというメリットがあるのです。

 

収入証明書不要で申込みができる、というのは今やカードローン会社のひとつのサービスであるともいえるのです。

収入証明書無しで50万円を即日融資は可能?

収入証明書の提出が不要ということは、申込みの手間が非常に省かれることに繋がります。

 

収入証明書不要のカードローン会社では、融資金額が50万円までなら収入証明書の提出が不要という会社が多くなっています。

 

近年では、ウェブでの申込みで即日融資が可能なカードローンも多く、申込み後最短1時間でお金を借りることも可能になっています。

 

収入証明書の提出が不要の場合では、免許証などの本人確認書類を携帯のカメラで送れば書類の提出完了となりますので、申込みも非常に手軽になっています。

 

言ってしまえば、免許証1枚で50万円を今すぐ借りることも可能になっているのですね。

 

50万円を超える場合は、貸金業法によって収入証明書の提出が必要になりますので高額の融資の場合は収入証明書を用意しておくようにしましょう。

収入証明書不要でお金を借りれるメリット

それでは、カードローンの申込みの際に収入証明書の提出が不要だと、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

ここでは、収入証明書の提出不要のカードローンでお金を借りるメリットをご紹介していきましょう。

申込み時の手間が少ない

まず、収入証明書の提出不要のカードローンでお金を借りる、最も大きなメリットとなるのは「申込み時の手間が少ない」という点でしょう。

 

源泉徴収票や給与明細書などは日常的に使う書類ではありませんので、保管をしていない方や、どこにあるかわからなくなってしまったという方も多いのではないでしょうか?

 

その場合、収入証明書は役場などに出かけて発行してもらう形になりますが、非常に面倒なものです。

 

また、平日の17時までしか役場は開いていませんので、仕事の都合上物理的に役場に行って収入証明書を取得することが難しい方も少なくないでしょう。

 

お金が必要なときというのは、往々にしてお金を用意しなくてはならない期限が決められてしまっているものです。

 

急いでお金を用意しなくてはならないのに、収入証明書を用意するのに時間がかかってしまってはイライラしてしまいますよね。

 

収入証明書の提出が不要のカードローンを選択すれば、そうした手間を省くことが出来る点が一番のメリットであるといえるでしょう。

パート主婦などの収入の少ない方でも借りやすい

また、収入証明書の提出が不要な融資金額は50万円未満の比較的少額の融資となります。

 

収入証明書の提出が不要ということは、審査の際に年収はそれほど大きな判断材料になっていない、ということもいうことができるでしょう。

 

カードローンの審査は保証会社が申込み者の審査を行いますが、

 

・年収

・年齢

・現在の住所での居住年数

・他社のカードローン会社などの利用状況

 

を総合的に判断されます。

 

収入証明書の提出が不要なカードローンの審査の場合では、主として「他社カードローンの利用状況」が大きな判断材料となるのです。

 

収入の少ないパート・アルバイトの方でも、他社のカードローンでの利用の無い方であれば審査に通過する可能性は充分高くなってくるのですね。

収入証明書不要なら、年収を多く書いても大丈夫?

悪知恵の働く人であれば、収入証明書の提出が不要なカードローンなら実際の年収よりも多く書いてもバレないのではないか?と思ってしまうかもしれませんね。

 

収入証明書で確認しないのであれば、年収を確認する方法がないから大丈夫!と思ってしまうのは大きな間違いです。

 

カードローンの申込みをする際には、年収だけではなく自分の働いている仕事の業種や自分の役職、そして会社の社員数などを記入することになります。

 

カードローンの審査をする保証会社には膨大なデータベースがあり、その業種・役職の方の平均年収を把握しています。

 

申告した年収があまりにも不自然な年収だった場合には、収入証明書の提出が不要なカードローンだった場合でも収入証明書の提出を求められてしまうことがあります。

 

提出した収入証明書の年収と、申告した年収に明らかな誤りがあった場合には、言わなくてもわかるとは思いますが、審査に通過することはできないでしょう。

 

そればかりか、虚偽の申告をした申込み者として、保証会社に目を付けられてしまう場合もあるのです。

 

下手なウソはつかずに、正直に申告するのが1番!ということですね。

収入証明書不要でお金を借りるデメリット

面倒な手間なくお金を借りることができる収入証明書の提出が不要なカードローンですが、デメリットとなる部分は無いのでしょうか?

 

ここでは、収入証明書の提出無しでお金を借りるデメリットを考えてみましょう。

申込み可能な金額が限られる

収入証明書の提出が不要なカードローンの場合でも、50万円以上の申込みの場合には収入証明書の提出が必要になってくることが多くなっています。

 

ですので、収入証明書の提出無しでお金を借りることができる金額はある程度限られてしまう、という点がデメリットとなります。

 

しかし、「貸金業法で縛られるのはあくまで消費者金融のみ」で、「銀行カードローン」の場合は貸金業者にあたりませんので貸金業法には縛られません。

 

実際、「銀行カードローンの場合では収入証明書の提出は100万円まで不要」など、消費者金融と比べて収入証明書の提出無しで借りることができる金額は大きくなっています。

 

50万円を超える金額を収入証明書の提出無しで借りる場合には、銀行カードローンを利用するのも賢い手段といえるでしょう。

原則、在籍確認の電話がある

収入証明書の提出が不要のカードローンでは、原則として職場への在籍確認の電話は必須となっています。

 

給与明細書の提出などで在籍確認の代わりにしてもらえるカードローンもありますが、所得証明書も無し、在籍確認も無しでは本当に働いているのか確認できませんので当然ではありますよね。

 

ただし、カードローン会社も「ウチを利用しているのを知られたくないだろう」というのは当然自覚があります。

 

会社で私用電話が使えない方などは、オペレーターに相談してみれば代替案を考えてもらえることもあります。

収入証明書不要で即日融資できる、おすすめカードローン

アコム

 

限度額

最高800万円

金利

3.0%~18%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

「アコム」では50万円まで収入証明書不要で即日融資でお金を借りることが可能です。

 

当日14時までの申込みでネット完結での即日融資が可能となっており、アコムのメリットはなんといってもスピーディな審査スピードです。

 

特に、審査に不安を抱えている方は審査の前に事前に審査の可否を簡易診断することができる「3秒簡易診断」を便利に利用することができます。

 

本審査の前に、審査に通過するかどうかの簡易的な診断をすることができますので、安心してから審査に臨むことができるのですね。

 

また、はじめてアコムを利用する方には30日間無利息期間も用意されており、無駄な金利を支払わなくても良いのも嬉しいポイントです。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

プロミス

 

限度額

最高500万円

金利

4.5%~17.8%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

「プロミス」も50万円まで収入証明書不要で最短即日融資でお金を借りることが可能です。

 

ウェブ完結の振り込み融資では、カードレス※・郵便物なしでの申込みをすることができますので、カードローンの利用を知られたくない方にもオススメです。

※対象金融機関は200行以上あります。

 

SMBCグループのカードローン会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)では、三井住友銀行のATM利用手数料が無料です

 

プロミスでも、はじめての利用の方に30日間の無利息期間※が特典となっており、利息を節約することができます。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

来店不要で即日回答!3項目の入力で3秒診断!

アイフル

 

限度額

最高800万円

金利

3.0%~18.0%

収入証明書の提出

50万円まで不要

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

 

「アイフル」でも50万円まで収入証明書不要で即日融資でお金を借りることができます。

 

アイフルでは、女性専用ダイヤルやおまとめローン専用プランが用意されているなど、多種多様なユーザーの要望に応えるサービスが魅力です。

 

店舗や契約機への来店不要のウェブ完結で即日融資をうけることができますので、お急ぎの方でも面倒なくお金を借りることができますね。

 

また、アイフルでもはじめて利用の方に30日間無利息期間が設けられており、無駄な利息を支払うことなく利用することができます。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

急いでいるときに収入証明書なんて用意できない!免許証1枚で即日融資の会社を選ぼう

収入証明書の提出が50万円まで不要で、50万円までを即日融資で借りることができるカードローンをご紹介してきました。

 

紹介したカードローン会社を見てもらうと、業界でも大手のカードローン会社が50万円まで収入証明書の提出不要で申込み可能なことが分かっていただけるかと思います。

 

お金が必要で急いでいる時に、どこにしまったかわからない収入証明書を探している時間など無いものです。

 

収入証明書の提出の手間を省くことも、カードローン会社のサービスの一環であると言ってもいいでしょう。

 

面倒な書類提出無しで、免許証1枚で即日融資できる会社を選びましょう!

 

Top