総量規制対象外のカードローンでも即日融資できる?審査も最短30分?


 

カードローンでお金を借りる際に耳にする機会が多くなる「総量規制」

 

年収の3分の1を超える金額の借り入れを規制する総量規制に抵触する可能性があるためにカードローンの利用を諦めてしまっている方も多いかも知れません。

 

しかし、カードローンの中には総量規制対象外となるカードローンも存在します。

 

ここでは、年収に左右されずにお金を借りることができる「総量規制対象外のカードローンについて」お話していきましょう。

 

総量規制とは?

バブル崩壊後、法外な金利や脅迫まがいの取り立てを行う闇金業者から消費者を守るために改正され、施行された法律が「貸金業法」です。

 

総量規制は、改正貸金業法の規制の一部として施行されており、利用者の返済能力を超える「過剰貸し付けを抑制」させるために施行された規制となっています。

 

総量規制では、原則として貸金業者に対して「申込み者の年収の3分の1を超える金額の貸し付けを禁止」しています。

 

また、総量規制を守るための利用者の年収確認の方法として「50万円を超える貸し付け、または他社と合わせて100万円を超える貸し付けの場合には収入証明書を義務付ける」としています。

 

総量規制によって、カードローンの利用で収入証明書の提出が必要になったり、年収の3分の1を超える金額の借り入れができないなどの規制が行われるのですね。

 

消費者保護のために施行された総量規制は、基本的には私たちカードローンの利用者を守ってくれるものです。

 

しかし、本当にお金が必要になってしまった方にとっては少々厄介な規制であることも事実なのです。

総量規制対象外となるカードローンは?

では、年収の3分の1を超える金額の借り入れは、どのカードローンでも不可能なのか?というと、決してそのようなことはありません。

 

総量規制の元となる貸金業法とは「貸金業者」に対して施行された法律となっています。

 

貸金業者とは「金融の形態のひとつで、消費者や事業者を対象に融資を行う事業者」とされています。

 

しかし、貸金業者の定義には「ただし書き」があり、

 

・銀行

・協同組織金融機関

・保険会社

・証券金融会社

・短資業者

 

は、貸金業者から除外されると規定されています。

 

ですので、銀行からの借り入れの場合は総量規制対象外となり、総量規制は適用されないということになります。

 

また、銀行が提供する銀行カードローンも、一般の銀行での借り入れと同じ扱いになりますので、総量規制対象外となります。

 

年収の3分の1を超える金額の借り入れを希望する方には、受け皿として銀行カードローンが用意されているのですね。

 

また、総量規制対象外の銀行カードローンの場合、収入証明書の提出が必要になる金額も100万円以上からと高くなっています。

 

申込みの際に面倒な収入証明書の提出を省略したい場合でも、銀行カードローンは便利に利用することができますね。

総量規制対象外カードローンでも即日融資できる?

消費者金融系のカードローンを利用される方が求めているものとしては、即日融資で借りることができるスピーディさが挙げられるでしょう。

 

お金が必要になってしまうときというのは、急に訪れてしまうものです。

 

そうした、急ぎでお金が必要な場合でも、消費者金融であれば即日融資ですぐにお金を借りることができるメリットがあります。

 

総量規制対象外となるカードローンは、銀行のカードローン。

 

銀行でお金を借りるとなると何日も待たされてしまったり、時間がかかってしまうイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?

銀行カードローンの審査は最短30分

近年では銀行カードローンの場合でも、消費者金融系のカードローンと同じようにネットでの申込みが可能なカードローンが主流となっています。

 

銀行カードローンでもスマホやタブレットから手軽に申込みをすることが可能で、ネット完結での即日融資をうけることができる銀行カードローンも多くなっているのです。

 

銀行カードローンの場合では、自社の銀行口座を持っている顧客の場合は時間外でも振込融資をうけることが可能など、銀行が提供するカードローンならではの利便性もメリットです。

 

また、銀行カードローンの中にも、

 

・都市銀行や地方銀行の提供するカードローン

・ネット銀行など無店舗型のカードローン

 

の2種類の銀行カードローンがあります。

 

特にネット銀行などの無店舗型のカードローンの場合、ネット銀行であるメリットを活かしてスピーディーな取引が可能となっています。

 

近年では銀行カードローンの場合でも、多くの会社が審査の最短30分・即日融資が可能になっているのですね。

総量規制対象外のカードローンなら専業主婦でも借りられる?

総量規制によって借り入れが制限されてしまうことで、最も影響をうけてしまうのが「専業主婦」の方ではないでしょうか。

 

年収の3分の1を超える金額の借り入れが制限される総量規制では、収入がゼロの専業主婦の方では原則として借り入れをすることができなくなってしまいます。

 

総量規制には例外もあり「配偶者貸し付け」によって、ご主人に年収があれば借り入れをすることができる場合もありますが、ご主人の同意書が必要になります。

 

総量規制対象外である銀行カードローンを利用することで、総量規制によってお金を借りることができない専業主婦の方でも融資をうけることが可能です。

 

ご主人に内緒でカードローンを利用したい専業主婦の方にも、銀行カードローンを利用するメリットがあるのではないでしょうか。

 

また、専業主婦の方だけではなく、学生の方でも銀行カードローンを利用してお金を借りることができるメリットがあります。

 

アルバイトをしておらず、収入が無い学生の場合でもやはり総量規制の対象となる消費者金融での借り入れはできなくなっています。

 

総量規制対象外の銀行カードローンなら、専業主婦・学生の方でもお金を借りることができるのですね。

 

参照:「専業主婦でもお金借りることできる?旦那にバレないカードローンとは?

総量規制対象外の銀行カードローンを利用するメリット

総量規制対象外の銀行カードローンを利用することで、年収の3分の1を超える金額借り入れが可能になり、収入の無い専業主婦の方でもお金を借りることができます。

 

すでに消費者金融カードローンで年収の3分の1の融資をうけている方でも、銀行カードローンであれば追加の融資をうけることも可能です。

 

それだけでも銀行カードローンを利用するメリットは大きいですが、それ以外にも銀行カードローンでお金を借りるメリットはあるのでしょうか。

高額の融資をうけることができるので、おまとめ・借り換えに使える

総量規制対象外となる銀行カードローンでは、年収の3分の1を超える高額な金額の融資をうけることができるのもメリットのひとつとなります。

 

銀行カードローンの場合、利用限度額も高く設定されていることが多くなっており、おまとめローン・借り換えにも利用することが可能です。

 

複数の会社でお金を借りていると月に何件も返済をしなくてはならなくなり、借り入れの管理をするのも面倒になってしまいます。

 

総量規制対象外で高額の融資をうけることが可能な銀行カードローンで、複数の会社をまとめることで返済にも有利になってくるのですね。

 

参照:「カードローンの借り換えは本当にお得になるの?借り換えはメリットだらけ?

銀行カードローンならではの低金利でお金を借りることができる

銀行カードローンを利用することでの、最も大きなメリットとなるのが「低金利」でお金を借りることができる点です。

 

一般的に、消費者金融系カードローンの平均的な金利は17.0%銀行カードローンの場合は14.0%前後であると言われています。

 

実際に、3%の金利の差があった際にどの程度の利息の差がでるのかを、50万円借り入れ・48回返済の場合で比較してみましょう。

 

 

1ヶ月の利息 

返済時の利息総額

返済総額

消費者金融(17.0%)

7083円

192502円

692502円

銀行カードローン(14.0%)

5833円

155807円

655807円

 

このように、実際に比較してみるとわずか3%の金利の差でも、支払う利息には大きな違いがあることがお分かりいただけるかと思います。

 

17%の金利の消費者金融と14%の金利の銀行カードローンでは、完済時の支払った利息に約4万円の差がついてしまっています。

 

低金利でお金を借りることができるということは、そのまま無駄な利息を支払わなくて済むということに繋がりますので、カードローンを利用する上で大きなメリットになります。

 

ここでは、14%の銀行カードローンを例に出して比較してみましたが、銀行カードローンでは融資の金額によって低金利での融資が可能になる傾向があります。

 

ですので、特に上記でも説明をしたようなおまとめ・借り換えローンの場合では低金利が適用されますので、大きなメリットがあるのですね。

 

参照:「低金利でお金を借りる方法は?金利で返済総額が15万以上変わることも!?

総量規制対象外のカードローンは審査が難しい?

ここで不安に思ってしまうのが、総量規制対象外となる銀行カードローンは審査が難しくて通らないのではないか?という点でしょう。

 

一般的には、消費者金融の2倍は審査が難しいといわれている銀行カードローン。

 

審査が厳しいのであれば、やっぱり自分にはお金を借りることができないと思ってしまうかもしれませんね。

 

カードローンの審査は保証会社が審査をおこないます。

 

その流れは、消費者金融系のカードローンの審査の流れと大きな違いはありません。

 

それどころか、審査をする保証会社を消費者金融カードローンが利用する保証会社と同じ保証会社を利用している銀行カードローンも少なくないのです。

 

それではなぜ、銀行カードローンの審査が難しいといわれているのか?その理由もやはり総量規制が関係してきます。

 

年収の3分の1を超える金額の借り入れを希望する場合には銀行カードローンで申込みをするほかなく、銀行カードローンには多重債務者の申込みが多くなっている傾向にあります。

 

そうした申込み者の多くが支払いの遅延をしてしまっているなど、クリーンな支払いができていないことが理由で審査に落ちてしまうのです。

 

銀行カードローンといっても、他社での支払いの遅れなどのマイナス要素が無ければ充分に審査に通過する可能性はあるのです。

総量規制対象外で即日融資可能のおすすめ銀行カードローン

総量規制対象外となる銀行カードローンは、低金利で高額の融資をうけることができるメリットがあります。

 

ここでは、審査30分・即日融資でお金を借りることができるオススメの銀行カードローンをご紹介していきましょう。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

 

実質年率

1.8%~14.6%

収入証明書の提出

200万円まで不要

限度額

最高500万円

審査

最短30分

融資

最短即日

 

3大メガバンクのひとつである三菱UFJ銀行の提供する「バンクイック」は、銀行カードローンの中でも特に信頼感の高いカードローンのひとつです。

 

消費者金融系カードローンと同じような気軽さで利用することができながら、総量規制対象外の銀行カードローンとしてのメリットをうけることができるのが魅力となっています。

 

特に注目をして欲しい点が、上限金利でも14.6%という低金利でお金を借りることができる点です。

 

数十万円単位の少額の借り入れの場合では上限金利近くの金利に設定されてしまうことが多くなっていますが、それでも14.6%以下の低金利ですので安心ですね。

どうしてもお金が必要な時は総量規制対象外のカードローンで!

消費者保護のために施行されている総量規制は、基本的には我々カードローンの利用者を守ってくれるための法律です。

 

しかし、ときには年収の3分の1を超える金額となってしまっても、お金を借りたいときというのはあるでしょう。

 

そうした際に頼りになるのが、総量規制対象外となる銀行カードローンです。

 

「総量規制対象外でお金を借りられる」方法を検索すると、クレジットカードの現金化や悪質な闇金業者がヒットしてしまいます。

 

総量規制でお金を借りることができなくなってしまった方も、安易にそうしたサイトに手を出してしまうのではなく、安心できる銀行カードローンを利用しましょう。

 

 

Top