30日間無利息のカードローン特集!初めての方も安心、金利0円で借りる!


 

お金が必要になってカードローンを利用したいけど、カードローンでお金を借りると高い利息を取られてしまいそうで心配という方も多いでしょう。

 

カードローンで無駄な利息を支払いたくない方は「30日間無利息」のついたカードローンを利用するようにしましょう。

 

ここでは、利息ゼロでカードローンを利用することも可能な、賢く使える30日無利息のカードローンについて、詳しくお話していきましょう。

 

カードローンを利用する場合には利息に注意!

カードローンを借りて、返済する時には「借りた元金」に併せて「利息」の返済が必要になってきます。

 

利息は金利と借りた金額・そして返済回数などによって変わってきますが、返済回数や金利によっては、返済までに支払う利息が借りた金額の3割程度の金額になってしまう場合もあります。

 

ですので、カードローンでお金を借りる場合には、実際に支払わなくてはならない「利息」を含んだ支払い総額を把握しておくことが必要になってくるのです。

 

カードローンの金利は、約17.0%~18.0%が平均的な実際に摘要される金利になっています。

 

たとえば、18.0%の金利のカードローンで50万円を1ヶ月借りた場合の利息は「7397円」にもなってしまいます。

 

カードローンを初めて利用する場合には、返済をする時に支払わなくてはならない「利息」も頭に入れて利用する必要があるのです。

カードローンを利用する場合には無利息期間のついたカードローンを選ぼう

カードローン会社には、新規顧客獲得のためにサービスの一環として「無利息期間」を設けているカードローンも多くなっています。

 

カードローンを利用するうえで頭に入れておかなくてはならない利息を得することが出来る、無利息期間の付いたカードローンを選ぶことがカードローン選びのポイントのひとつとなるのです。

無利息期間とは?

カードローンを利用するうえで、利用者にとってやはり負担になってしまうのが「利息」です。

 

無利息期間はカードローン会社の提供するサービスの一環として、一定期間の借り入れ金額について利息が掛からずに利用することができるサービスです。

 

たとえば、30日間無利息のサービスが適用されているカードローンの場合であれば、借り入れをしても無利息の期間内に返済をすれば「利息ゼロ」でお金を借りることも可能です。

 

特に短期の借り入れで利用する方には大きなメリットがある無利息期間ですが、長期で借り入れをする場合でも無利息期間があれば最終的に支払う利息は少なく済みます。

 

カードローンを選択する際には金利で選ぶのももちろんですが、無利息期間の付いたカードローンを選択することも大切なポイントとなってくるのです。

無利息期間を利用するなら、無利息期間内に完済しなくてはいけないの?

初めてカードローンの無利息期間を利用する方の中には「30日無利息だと30日以内に返済をしなくてはならないの?」と思ってしまう方もいるかも知れません。

 

無利息期間のあるカードローンの場合、無利息の期間中に完済をすれば利息ゼロでカードローンを利用することができますが、必ずしも無利息期間中に完済をしなくてはならないわけではありません。

 

たとえば、30日無利息のカードローンを利用して12回に分けて返済する場合には、最初の30日分の利息が無利息になり、11回分の利息しか支払う必要がないということになります。

 

また、カードローンによっては「35日のサイクル」で返済をしていくカードローンも多くなっていますが、この場合最初の返済までに無利息期間が終了してしまうこともあります。

 

30日間無利息・35日返済サイクルのカードローンの場合、初回返済が借り入れ日から35日目となりますので、無利息期間の30日を5日過ぎて初回の返済をすることになります。

 

この場合、利息が発生するのは30日間無利息期間が終了してから初回の返済までの5日間のみとなり、わずかな利息で返済をすることができるのですね。

30日間無利息で実際の支払いはどれくらい得する?

30日無利息期間のあるカードローンの場合、無利息期間の30日以内に返済をすれば利息ゼロでお金を借りることができます。

 

しかし、実際にお金を借りる場合には複数回の返済回数で返済をするケースが多いでしょう。

 

ここでは、30日無利息のカードローンを利用した場合とそうでない場合で、どれくらい利息をお得に利用することができるのかシミュレーションしてみましょう。

 

18.0%の金利で3万円・5万円・10万円をそれぞれ12回の返済回数で返済した場合の支払う利息の差を比べてみましょう。

 

 

30日無利息の利息

無利息期間の無い利息

得になる利息

3万円

2487円

3000円

513円

5万円

4147円

5002円

855円

10万円

8389円

10011円

1622円

 

表をご覧になっていただくとわかるように、3万円を借りた場合でも500円・10万円の場合では1600円程度の金利の差が出ることが分かると思います。

 

カードローンの利息を計算する際には「元金×金利÷365日×借り入れの日数」という計算式で計算をします。

 

30日無利息のカードローンを利用した場合、最初の返済日までの30日間が利息が掛からずに返済することが可能です。

 

3万円の返済の場合で考えると、12回払いでの1回当たりの返済金額は月に約3000円となりますので、初回の3千円の返済は全て元金に充当されることになります。

 

初回の支払いで元金を減らすことができますので、2回目以降の利息も減った元金から計算されることになり、最終的に支払う利息も少なく済むということになるのですね。

30日間無利息の注意点

このように、支払う利息をお得に利用することができる30日無利息のカードローンですが、無利息期間を利用するには注意しておかなければならなポイントもあります。

 

利用の方法によっては、無利息で利用したつもりが実際には利息が発生してしまったということにも繋がってしまいますので、しっかり注意しておきましょう。

無利息期間の適用開始日に注意する

利用するカードローン会社によっては、30日無利息の適用開始日が初めての借り入れ日ではなく、カードローンとの契約日になっていることもあります。

 

その場合、30日間の無利息期間のカウントダウンが契約日からスタートしてしまうので注意が必要です。

 

たとえば、30日無利息期間の適用開始日が契約日のカードローンで、契約から10日後に初めて借り入れをした場合、無利息期間の残りは20日間となってしまいます。

 

それだけではなく、無利息期間の適用開始日を知らずに契約日から30日が過ぎてしまった場合には、30日の無利息期間は利用することなく消滅してしまいます。

 

無利息期間のあるカードローンを利用する場合には、無利息期間の適用開始日を確認しておくことが重要となります。

無利息期間でも返済日には返済をしなくてはならない

カードローンを契約する際の返済日の契約によっては、無利息期間中に初回の返済日が到来してしまうこともあるでしょう。

 

無利息期間中でも、当然のことながら返済日が来れば初回の返済をする必要があります。

 

30日間無利息で25日後に初回の返済日が到来してしまった場合、次回の5日分の期間に無利息期間が適用されます。

 

30日間無利息だからと、返済日を過ぎても返済しないと利息どころか高額の「遅延損害金」が掛かってしまいますので、無利息期間中であっても返済日を忘れないようにしましょう。

30日間無利息にデメリットはある?

カードローンの返済の際の利息を節約することができる「30日無利息」のサービス。

 

良いことだらけのサービスのようですが、30日無利息にはデメリットとなる部分はないのでしょうか?

基本的に初めての利用の方に限定されてしまう

30日無利息のサービスを利用することができるのは、基本的にはそのカードローンを初めて利用する方に限定されてしまいます。

 

また、無利息期間が適用されるのも「初回の借り入れに限定」されてしまうことも多く、無利息の適用条件が限定されてしまうのがデメリットといえるでしょう。

 

たとえば、初回に5万円借りて、翌日に10万円追加で借り入れをした場合に、無利息期間が適用されるのは初回の5万円に対しての利息のみとなってしまいます。

 

また、そのカードローン会社で2回目以降に利用する際にも無利息期間は適用されませんので、注意が必要となります。

 

無利息期間を利用したカードローンを完済した場合には、新しく無利息期間のあるカードローンを利用した方がメリットがあるかも知れませんね。

初めての方も安心の無利息期間がついたカードローン特集!

初めてカードローンを利用するのであれば、無利息期間の特典が付いたカードローンを利用しない手はありません。

 

ここでは、特におすすめすることができる無利息期間ありのカードローンの特徴と、無利息期間の適用条件を解説していきましょう。

アコム

 

実質年率

3.0%~18.0%

限度額

最大800万円

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書

50万円まで不要

 

「アコム」は特にオペレーターの対応の評価も高く、初めてのカードローンとしておすすめのできるカードローンのひとつです。

 

ネット審査のスピーディさも人気のひとつとなっており、即日融資でお金を借りたい方にもピッタリのカードローンといえるのではないでしょうか。

 

初めてアコムを利用する方は「30日無利息期間」も利用することができますので、お得に利息を節約することが可能です。

 

アコムの無利息期間の適用条件は、初めてアコムを利用する方で、かつ「35日サイクルでの返済を選択した方」となっています。

 

また、アコムの無利息期間のカウントは、アコムとの契約日からカウントが始まりますので注意が必要です。

 

契約日から10日経って、初めて借り入れをする場合の無利息期間は残り20日間となってしまいますので、アコムでは契約してすぐに借り入れをした方がお得となりますね。

 

はじめての方に!アコムは30日間金利0円

プロミス

 

実質年率

4.5%~17.8%

限度額

最高500万円

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書

50万円まで不要

 

大手カードローンのひとつである「プロミス」も、スピーディな審査・融資で人気の高いカードローンとなっています。

 

初めてプロミスを利用する方は「30日間無利息サービス」を利用することができます。

 

プロミスの無利息期間の適用条件は、初めてプロミスを利用する方で、メールアドレスの登録・およびWeb明細利用で申込みをした方となっています。

 

プロミスの30日無利息の期間は、初めての借り入れから30日間を無利息で利用することが可能ですので、最大に無利息期間の特典を受けることができますね。

 

また、プロミスでは「ポイントサービス」が用意されており、プロミスからのメールの受信や収入証明書の提出でポイントを貯めることができます。

 

初めての利用だけではなく、貯まったポイントで無利息サービスをうけることもできますので、利息を節約したい方には嬉しいサービスとなっていますね。

 

プロミスは30日間無利息!詳しくはプロミス公式サイトで確認♪

アイフル

 

実質年率

3.0%~18.0%

限度額

最大800万円

審査時間

最短30分

融資スピード

最短即日

収入証明書

50万円まで不要

 

スピード・シンプル・シークレットを経営理念に掲げ、ユーザーにとって利便性の高いサービスを提供している「アイフル」

 

大手カードローンの中では珍しく、銀行等との提携を行わずに自社単独で経営をしているアイフルは、審査にも通りやすいカードローンとして人気を集めています。

 

初めてアイフルを利用する方は「30日間無利息サービス」を利用することができます。

 

ただし、アイフルの無利息期間はアイフルとの契約日からカウントが開始されますので、利用には注意が必要です。

 

契約から数日経って初めて借り入れをする場合には無利息期間が少なくなってしまいますので、アイフルを利用する場合には契約日に借り入れをするようにしましょう。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

 

初めてのカードローンには、利息を無駄遣いしない「30日無利息」のカードローンで!

カードローンを利用する際には返済する際に支払う利息もしっかりと考えてお金を借りることが重要です。

 

利息を考える際には、金利を見てカードローンを選択することが多いかと思いますが、30日無利息が付いているカードローンを選択することもお得なポイントです。

 

特に、短期でお金を借りる場合には利息ゼロでお金を借りることも可能になりますので、今回ご紹介した30日無利息のカードローンを選択するようにしましょう。

 

ただし、30日無利息でカードローンを利用する場合には、無利息期間の適用開始日をしっかりと確認しておく必要があります。

 

30日無利息の期間をマックスで活用できるように、自分の申込むカードローンの適用条件を確認して利用しておくようにしましょう。

 

 

Top