審査時間が「最短30分」は本当?カードローン会社の口コミの真相を調査!


 

カードローンには「最短審査時間30分」「最短即時融資」など、スピーディなサービスを売りにしているカードローンも多くなっています。

 

しかし、実際に審査に申込みをした時に本当に30分で審査の回答をもらうことができるのでしょうか?

 

ここでは、カードローンの良い面ばかりを伝えている広告サイトでは知ることができない、カードローンの審査時間の真実を丸裸にしていきましょう。

 

最短30分で審査が通る人はどんな人?

多くのカードローン会社が決まり文句のようにアピールしている「最短審査時間30分」

 

近年ではネット申込みの普及などにより、審査にかかる時間は短縮されており、来店不要で自宅に居ながらにしてスピーディにカードローンの審査結果を知ることが可能です。

 

しかし、実際に最短30分で審査の結果を知ることは可能なのでしょうか?

 

結論から言うと、最短30分で審査の結果が分かるかどうかは、申込み者によって変わってきます。

 

30分で審査結果を知ることができるのは、

 

・即時審査に通過できると判断できる方

・即時審査不可と判断されてしまう方

 

の両極端の属性の申込者となっています。

 

近年のネット申込みでは、コンピューターによる自動審査を採用しているカードローンが多くなっています。

 

コンピューター審査の結果、他社での借り入れ状況に問題がある人の場合は、最短30分もかかることなく即時審査落ちとなってしまいます。

 

特に、他社での借り入れ件数が4件以上の場合など、多重債務者の方の場合は即時審査ではじかれてしまうことが多くなっています。

 

それでは、最短30分で審査通過となる方はどういった方なのかというと、やはり年収や勤続年数も充分で、他社での利用状況もクリーンな方の場合が多くなっています。

審査に時間がかかってしまう方の傾向

明らかに審査通過もしくは審査落ちという判断がつく方は、コンピューター審査で結果が出るので審査の結果を最短30分というスピーディさで回答をもらうことが可能です。

 

それでは、どのような方が審査に時間がかかってしまうのか?というと、コンピューター審査では判断が付かずに、審査の回答に検討が必要な方です。

 

たとえば、総量規制の対象ギリギリの方などの場合ですと、他社での借り入れ状況と収入証明書を照らし合わせるために時間が必要になる場合があります。

 

また、年収や勤続年数に多少難がある方の場合でも即時審査落ちにさせるのではなく、審査の回答を検討する必要があります。

 

希望する限度額が大きい方の場合でも、審査に時間がかかってしまうことがあります。

 

ですので、審査に自信が無い方の場合では即時審査の結果が送られてくるよりも、審査に時間がかかってしまった方が望みがあると考えることもできます。

 

仮に審査落ちになってしまった場合でも、審査に時間がかかってしまったということは審査に通すか悩んだということですので、他のカードローンでは審査に通過する可能性もあるのです。

口コミから調べる本当の平均の審査時間

ホームページ上で「審査時間最短30分」と大々的に宣伝しているカードローンの場合でも、実際に30分で審査が完了するのはあくまでも「最短」なんでしょ?と思っている方もいるでしょう。

 

カードローンのことは、実際に利用した方に聞いてみるのが一番透明性が高いものです。

 

ここでは、ネット上に寄せられている口コミの情報から、本当の平均の審査時間を解説していきましょう。

 

SMBCモビットで実際に即日融資で借り入れをした方の場合

 

生活資金が月末までにあと3万円必要でしたのでSMBCモビットに申し込みました。

 

SMBCモビットの10秒簡易審査で合格になり10分後にSMBCモビットの担当者からの電話がありました。

 

それから約10分間程度のオペレーターとのやり取りののち、電話を切って5分程度で審査通過のメール。合計25分程度で審査を完了することができました。

 

このように、実際に30分以内での審査通過を果たした方の口コミをみることができます。

 

しかし、中には以下の方のように審査に少々時間がかかってしまった方のケースもあります。

 

プロミスで実際に即日融資で借り入れをした方の場合

 

申込み希望額が50万円でしたので、プロミスで審査が通過するか不安でしたが、数時間で審査結果がでました。

 

融資額も希望以上の金額になり、満足しています。

 

なぜ、この人が審査に時間がかかってしまったのかは「審査が通過するか不安」「融資額が希望額以上」という点にポイントがあると考えられます。

 

このように、やはり同じように最短30分を謳っているカードローンの場合でも、申込みをする方の属性によっては審査時間に違いが出てくる傾向にあるようです。

 

SMBCモビットが早くて、プロミスが遅い、というわけではなく申込みをする人の状況によって審査時間が変わってしまうのですね。

 

口コミ情報を調査した結果によると、実際の審査の時間は30分~1時間30分程度になっていることが多くなっているようです。

 

私が実際にアコムをネット完結で申込みをした際には、オペレーターから申込み完了の電話をうけるまで、約30分程度で審査を完了することができました。

 

SMBCモビットを申込みした方の審査結果が早かったのは、電話で直接オペレーターと話したこともひとつの要素になっているでしょう。

 

ネット申込みの場合でも、申込み完了のメールが届いたら1本オペレーターに電話を入れた方が、審査の結果が早く出る傾向があります。

最短30分で審査結果がわかるカードローン

口コミを実際に確認してみても、最短30分で審査回答と謳っているカードローンで実際に30分以内で審査回答を得ることができた実例は多くなっています。

 

やはり、できるだけ早くお金を借りたいのであれば「最短30分」の審査が可能なカードローンを利用する必要があるのですね。

 

ここでは、当サイトおすすめの最短30分で審査結果がわかるカードローンをご紹介していきましょう。

アコム

 

実質年率

3.0%~18.0%

限度額

最大800万円

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明

50万円まで不要

 

審査最短30分で即日融資可能!
初めての方は30日無利息サービス
業界最大手の安心感

 

カードローン業界最大手のひとつでもある「アコム」は、スピーディな申込みでも人気を集めているカードローンのひとつです。

 

スマホ1台で申込み可能なWEB完結申込みにも対応しており、最短30分で審査の結果を知ることができます。

 

また、審査の結果をお急ぎの方には、融資可能かすぐに知ることができる「3秒簡易診断」も用意されており、よりスピーディに審査の結果を知ることができます。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

プロミス

 

実質年率

4.5%~17.8%

限度額

最高500万円

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明

50万円まで不要

 

初めての方は30日間無利息サービス
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
ポイントサービスで無利息サービスを利用できる
上限金利が17.8%と他社に比べて安い

 

大手カードローンのひとつ「プロミス」も、ネットからの申込みで最短30分での審査が可能なスピーディなカードローンです。

 

申込み後も、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を登録すれば、24時間最短10秒で振込が可能というスピーディな取引ができることでも、人気を集めています。

 

プロミスを初めて利用する際には30日間無利息サービスを利用することができますが、2回目以降もメール会員の登録などで貯めたポイントで無利息サービスを利用することができます。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

SMBCモビット

 

実質年率

3.0%~18.0%

限度額

最大800万円

審査時間

最短30分※

融資スピード

最短即日

収入証明

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

カードローンの全てをネットで完結できる「WEB完結」
自宅への郵送物なしで家族にバレにくい

 

申込みから審査、借り入れ・返済までのカードローンの全ての取引をネットで完結できる「WEB完結」の先駆けとなったのが「SMBCモビット」です。

 

SMBCモビットではネットからの申込みで、最短30分での審査回答(※)をうけることができる、スピーディな取引が魅力となっています。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

≪SMBCモビット≫申込~利用までワンストップ対応!PC・スマホからWEB完結☆

アイフル

 

実質年率

3.0%~18.0%

限度額

最大800万円

審査時間

最短30分

融資スピード

最短即日

収入証明

50万円まで不要

 

来店不要のネット契約可能
最短1秒の簡易診断
初めての方は30日間無利息サービス

 

スピーディ・シンプル・シークレットを掲げている「アイフル」でも、ネットで申込み~借り入れまでの全てを完結できる「WEB完結」での利用が可能です。

 

シンプルな記入で申込みが完了するネット申込みでは、最短30分で審査結果を知ることができます。

 

アイフルの公式サイトでは、融資が可能か最短1秒で簡易診断をすることができる「1秒簡易診断」を受けることもできます。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

仮審査ならもっと早い?

カードローンの審査の流れとしては、

 

・申込み

・仮審査に通過

・本人確認書類などの提出、在籍確認

・本審査に通過

 

という流れになります。

 

ですので、カードローンの審査に通過するためには「仮審査」「本審査」という2つの審査に通過しなくてはならないことになります。

 

しかし、ほとんどの場合「仮審査」だけをうけることはありませんので、仮審査と本審査は1つの流れで行われます。

 

今から「仮審査を受けるぞ」「本審査を受けるぞ」というイメージを持って審査をうけるかたというのは少ないでしょう。

 

仮審査とは、

 

・年収

・年齢

・勤続年収

・他社への借り入れ状況

 

などの数値的な要素をコンピューターによって判断する審査になります。

 

仮審査に通過すると、申込み情報に虚偽はないか?などの要素を実際に人間の判断で審査されるという流れになります。

 

審査落ちをしてしまう方の場合、ほとんどの方は仮審査の段階で落ちてしまうということになりますね。

 

当然、本審査までの時間に比べて、仮審査だけだと最短30分よりも短い時間で審査の結果を知ることができます。

仮審査の前に各カードローン会社で利用できる簡易診断機能

ネット申込みでの必要事項を入力して、オペレーターからの入電があった場合は仮審査通過となります。

 

WEB完結申込みの場合は、本人確認書類のアップロードまで申込みが進めば、仮審査に通過したことになるのですね。

 

申込みから仮審査までの時間は、申込みから10分~20分程度となっており、その後に本審査となり、総計で最短30分の審査時間が必要になります。

 

もっと早く審査結果を知りたい、という方の場合は各カードローン会社が提供している「簡易審査機能」を利用することができます。

 

・アコム:生年月日・年収・性別・独身既婚・他社借り入れ状況で分かる「3秒診断

・プロミス:生年月日・年収・他社借り入れ状況で分かる「お借入れ診断

・SMBCモビット:名前・性別・性別・メールアドレス・携帯電話番号・年収・他社での借り入れ状況で診断できる「10秒簡易審査

・アイフル:年齢・雇用形態・年収・他社借り入れ金額で分かる「1秒診断」

 

など、最小限の入力で即時融資可能かどうかを診断することができる簡易診断を利用することが可能です。

 

審査の結果に不安がある方などは、まずは簡易診断を受けて、自信をつけてから申込みをしても良いかも知れませんね。

ネット申込みなら、最短30分の審査は可能!

今回、実際にカードローンを利用した方の口コミの情報も参考にして、最短30分審査は真実なのか?という点を検証してきました。

 

審査時間を最短の時間で完了させるためには、申込み者の属性や希望する限度額なども影響してきます。

 

しかし、他社借り入れ状況などがクリーンな方の場合は、最短30分での審査を実現していることを知ることができました。

 

この、スピーディな取引を可能にしたのが、ネット申込みの普及であることはいうまでもありません。

 

コンピューター審査による、スピーディな仮審査で本審査までの時間を短縮することが可能になってきたのですね。

 

また、申込みの前に融資可能かを簡易診断することができる「簡易審査」も便利なサービス。

 

お金が必要になったら、まずは簡易審査でお金を借りることができるか診断してみてはいかがでしょうか。

 

Top