カードローンの限度額を引き上げるための目安は?増額を勝ち取るコツとは


 

カードローンで最大限にお金を借りることができる上限の金額のことを「限度額」といいます。

 

既にカードローンを利用中の方には、現在の限度額では足りない!という方もいるのではないでしょうか?

 

そうした方の中には現在のカードローンの限度額を「増額」させることが可能な方もいるかもしれません。

 

ここでは、カードローンの限度額を増額させるための条件を細かく解説していきましょう!

 

カードローンの限度額は希望した金額まで?

カードローンを申込みする際には、自分の希望する利用限度額を申請して審査を受ける流れになります。

 

カードローンを利用する際に大きなお金が必要で無かった方の場合では、希望した利用限度額を少なく申込みをしている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで気になってしまうのが、カードローンは自分が希望した限度額までしか利用することができないのか?という点です。

 

結論から言うと、カードローンの限度額は1度決まったものがずっと適用されるわけではありません。

 

利用状況に応じてカードローンの限度額は現在の限度額よりも増額することが可能なのです。

 

既にカードローンを利用されている方の中には、現在の利用限度額では少なくなってしまっている方もいるかも知れません。

 

そうした方は今使っているカードローンの増額申請を受けてみるのも良いのではないでしょうか。

新規申込みの際の限度額は少ない?

なぜ、カードローンは限度額の増額が可能なのでしょうか。

 

申込みの段階で年収に応じたMAXの限度額を提示してくれているのでは?と思ってしまう方もいるかも知れませんね。

 

しかし、カードローンの審査には、年収や勤務形体の他に、カードローンの利用実績も大きな判断材料になります。

 

初めてカードローンを利用する場合には、カードローン会社にとっては申込み者がきちんと返済をする人なのかという信頼感が不透明なもの。

 

そうした背景もあって、カードローンを新規で申込みをした場合の限度額は低めに設定されている場合が多いのです。

 

ですので、一定期間カードローンを利用して、クリーンな返済を続けていれば利用限度額の増額ができる可能性は充分にあるのですね。

限度額を増額するために必要な条件は?

それでは実際にカードローンの限度額を増額してもらうため必要な条件はどのようなポイントになるのでしょうか?

 

ここでは、カードローンを増額させるための最低限必要な条件を解説していきましょう。

増額の審査とは

カードローンの限度額を増額させるためには、増額の為の「審査」をうける必要があります。

 

増額の審査では、カードローンの利用実績・年収の変動などを判断して増額が可能かどうかを判断されます。

 

増額の審査の場合、審査に落ちてしまっても現在のカードローンが利用できなくなってしまう訳ではありません。

 

カードローンの中には、会員サイトの中からネットで簡単に増額の審査をできる会社もあります。

 

必要に応じて気軽に増額の審査にチャレンジしてみると良いでしょう。

契約からの利用実績と返済の状況

カードローンの増額の審査をうけるためには、最低限のカードローンの利用実績が必要となります。

 

当然のことながら、新規申込みをして即時増額の審査を受けることはできません。

 

増額の審査を受けるためには最低でも契約から3か月~6か月経過している必要があります。

 

また、直近3か月~6か月の間に返済に延滞がある場合には、増額の審査を受けることはできません。

 

カードローンの限度額を増額させるためには、一定期間のクリーンなカードローンの利用実績が必須の条件となるのですね。

カードローンの増額の為には収入証明書が必要

カードローンの限度額の増額の審査を受けるためには、金額によって収入証明書の提出が必要になってくる場合があります。

 

カードローンの申込みでは、収入証明書の提出不要で50万円まで申込みをできるケースが多くなっています。

 

申込みの際に50万円未満でカードローンを利用した場合には収入証明書が未提出のままの方も多いでしょう。

 

増額後の限度額が50万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要になってくることもあります。

 

増額の審査を受ける場合には、源泉徴収票、または直近2ヶ月分の給料明細書などの収入証明書を用意しておけばスムーズに申込みをすることができるでしょう。

カードローンの増額審査を通過するためのコツ

それでは、カードローンの増額審査に通過するためのコツとなるポイントはどのような点になるのでしょうか。

 

まず、カードローンの限度額の増額に前提として必要なのが、クリーンに返済を続けている利用実績です。

 

最低でも契約開始から3か月~6か月の間、返済に延滞なくカードローンを利用していれば増額申請を受けることが可能です。

 

返済が延滞してしまった心当たりのある方は、最低でも3か月は遅れなく返済を続けてから増額の審査を受けるようにしましょう。

 

カードローンの増額審査に通過しやすいタイミングとなるのが、年収が増えたタイミングです。

 

増額の審査は、利用実績・年収を再度審査して、申込み者に利用可能な限度額を増額する審査となります。

 

ですので、年収が申込み時よりも増えた場合というのは、限度額を増額させるまたとない機会となるのですね。

増額の審査の際の使用目的にも注意が必要

増額の審査の際に、意外と影響してくるポイントが「使用目的」です。

 

カードローンの新規申込みの場合と同じく、増額の審査の際にも融資の金額の使用目的を記入する欄があります。

 

やはり、生活費・ギャンブルなどを使用目的にしてしまうと、増額の審査の際に不利になってしまいます。

 

使用目的には学費や旅行などの「一時的に必要なお金」であるような使用目的にした方が審査の心象は良いでしょう。

 

カードローン増額の審査を行うのもやはり人間、印象が良いには越したことがないのですね。

カードローンでは年収の3分の1までしか借りられない?

カードローンは限度額の増額が可能となっています。

 

しかし、際限なしにいくらでも増額ができるというわけではなく、消費者金融系のカードローンの場合は年収の3分の1までしか借りることができないという規制があります。

 

過剰な貸し付けによる利用者の破たんを防ぐための「総量規制」という規制により、消費者金融系のカードローンでは年収の3分の1までの金額しか借りることができません。

 

また、カードローン会社には、会社ごとに借り入れ限度額が設定されており、年収の3分の1未満の金額でも借り入れ限度額を超える金額の融資はできなくなっています。

 

借り入れ限度額が最大500万円のカードローンでは、年収2000万円の方でも500万円までしか増額することができないのですね。

年収の3分の1の金額は実際に借りられるの?

総量規制によって消費者金融系のカードローンでは、年収の3分の1までしか借りることができなくなっています。

 

しかし、カードローンを新規で申込みをした際には年収の3分の1を大きく下回る金額の限度額が設定されるケースが多くなっています。

 

消費者金融系のカードローンでは、実際に年収の3分の1の金額まで限度額を増額することができるのでしょうか?

 

これは、実際に私の経験からも言えることですが、年収の3分の1までの金額を借りることは可能です。

 

実際に私が利用したカードローンでは、収入証明書をもとに1万円単位で年収のきっちり3分の1の金額の限度額まで増額してくれました。

 

年収の3分の1の金額まで増額するためには収入証明書の提出が必須となってきますので、増枠の審査の前には収入証明書を用意しておくようにしましょう。

年収の3分の1を超えても借りられる銀行カードローンとは

カードローンの中には、前述の総量規制の対象外となるカードローンも存在します。

 

総量規制の対象となるのは「貸金業法」で定義された貸金業者、消費者金融系のカードローンが貸金業者に当たります。

 

銀行の提供する「銀行カードローンは総量規制の対象外」となっており、年収の3分の1を超えた場合でも増額をすることが可能な場合があります。

 

より高額な限度額が欲しい場合には、銀行カードローンを利用するのもひとつの手段となるのですね。

借り入れ限度額が高く、増額の可能性が高いおすすめカードローン4選

カードローンを増額して利用する為には、そもそものカードローン会社の借り入れ限度額も影響してきます。

 

もちろん、借り入れ限度額いっぱいまで増額するためにはそれなりの年収や利用実績が必要になってきますが、やはり借り入れ限度額の大きなカードローンの方が増額の可能性は高くなってきます。

 

ここでは、借り入れ限度額の大きなおすすめカードローンと、各カードローンの増額審査についてご紹介していきましょう。

SMBCモビット

 

実質年率

3.0%~18.0%

限度額

最大800万円

審査時間

最短30分※

融資スピード

最短即日

収入証明

 

WEB完結で最短30分のスピード審査※
カードレスでのスムーズな利用が可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビットではカードレスで申込みから借り入れ・返済の全てをネットで完結させることができるWEB完結のカードローン。

 

もちろん、カードが必要な方はカードを利用して提携ATMなどで24時間SMBCモビットを利用することができます。

 

SMBCモビットの増額申請はコールセンターへの電話で申請をします。

 

申込み時からの利用状況、年収の変化などによって増額の審査が判断されます。

 

SMBCモビットの増額申請は、新規申込時の審査時間よりも時間がかかってしまう傾向があります。

 

増額審査の場合は3営業日程度必要という口コミ情報もありますので、増額申請には時間に余裕を持って申込みするようにしましょう。

 

≪SMBCモビット≫申込~利用までワンストップ対応!PC・スマホからWEB完結☆

アコム

 

実質年率

3.0%~18.0%

限度額

最大800万円

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明

50万円まで不要

 

ネットからの申込みで最短1時間の即日融資
初めての利用で30日間無利息サービス
土日の増額審査が可能!

 

ネットからの申込みでは最短1時間での即日融資も可能な「アコム」

 

楽天銀行の口座をお持ちであれば24時間振込融資も可能で、夜中にお金が必要になってしまった際にも頼りになるカードローンです。

 

また、初めてアコムを利用する方には30日間の無利息サービスも用意されており、金利を節約して利用することができます。

 

アコムでの増額申請の方法で1番シンプルなのは、会員ページからの「極度額の変更のお申込み」で増額申請をうけることです。

 

会員ページからの増額申請の場合は、増額の審査基準を満たしていれば即日増額してもらうことも可能です。

 

また、土日でも9時~20時ころまでの申込みで、その日のうちに増額審査の結果を知ることが出来るのも嬉しいですよね。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

プロミス

 

実質年率

4.5%~17.8%

限度額

最高500万円

審査時間

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明

50万円まで不要

 

ネット申込みで最短1時間の即日融資可能
初めての方は30日間の無利息サービス※
最短10秒融資の「瞬フリ」で急ぎの場合でも安心

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

最短10秒での瞬フリで、急ぎの場合でも頼りになるのが「プロミス」です。

 

ジャパンネット銀行、または三井住友銀行の口座をお持ちであれば24時間振込融資に対応してくれるのも嬉しいメリットとなりますよね。

 

また、大手他社のカードローンに比べて、借り入れ限度額そのものは大きくないものの上限金利が安く、増額して高額の借り入れをする際にも安心して利用することができます。

 

プロミスでの増額申請はコールセンターへの電話で行います。

 

勤務状況の確認や、増額した借り入れの使用目的などを確認したのちに増額の審査が行われ、最短30分で増額の審査は終了します。

 

プロミスでは、プロミスの利用が3か月以上、直近3か月以内に返済金額の延滞がない場合に増額の審査をうけることができます。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

新規申込みから半年経ったら、とりあえず増額審査をしてみよう

カードローンを新規で申込みをした場合には、初期の利用限度額は低めに設定されることが多くなっています。

 

延滞なく返済を続けて、契約から半年が経過したら、とりあえず限度額の増額の審査を受けてみることをおすすめします。

 

今はそんなに大きな限度額が必要ないと思っても、いざという時に限度額に余裕があると心にも余裕を持つことができます。

 

増額審査は新規申込みの審査とは違い、審査に落ちてしまった時のダメージもそれほど大きくないものです。

 

消費者金融系のカードローンでは年収の3分の1の金額までの増額が可能、しっかりと増額を勝ち取っちゃいましょう!

 

 

Top