とび職・土木作業員におすすめのカードローン!現場仕事でもお金借りれます!


 

「先月、雨で休みが多かったから生活費が厳しい」

「土木作業員だとカードローンの審査に不利なの?」

 

雨の日に休みなってしまうとび職や土木作業員の方は「日給月給」で働く方が多く、休みが多い月にはもらえる給料が少なくなってしまいます。

 

給料が安定しないためにカードローンを利用したいという方も多いでしょうが、同時に、とび職や土木作業員ではカードローンの審査に通らないのでは?と不安な方も多いでしょう。

 

しかし、大手カードローン会社の中にも、とび職・土木作業員の方がお金を借りることができるカードローンは存在します。

 

とび職・土木作業員の方が安心してカードローンを申込みすることができるように、審査のポイントやおすすめカードローンを解説していきましょう。

 

 

とび職・土木作業員の方でも安心して借りられるおすすめカードローン!

収入が安定しないとび職や土木作業員の方がカードローンで失敗しないためには、カードローン会社選びが重要なポイントとなってきます。

 

特に日雇いの土木作業員の方などの場合、審査に通らないだろうと諦めて闇金まがいのカードローンを利用するケースもあります。

 

しかし、大手カードローンの場合でもとび職・土木作業員の方が安心して利用できるカードローンがあるのです。

アコム

 

実質年率

3.0%~18.0%

借入限度額

1万円~800万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

即日振込

可能

収入証明書

50万円まで不要

 

アルバイト、日雇いの方でも申込可能
3秒簡易診断で審査が不安な方でも安心
初めてアコムを利用する方は30日間無利息

 

業界トップクラスのカードローンのひとつ「アコム」

 

アコムでは安定した収入があれば、アルバイトや日雇いのとび職・土木作業員の方でも申込みをすることが可能です。

 

アコムは大手カードローンの中でも比較的高い審査通過率を誇っており、審査に不安を抱える方でも安心して利用することができます。

 

アコムのホームページでは、簡単な入力内容で融資可能かをすぐに知ることができる「3秒簡易診断」を受けることができ、審査に不安な方でも前もって審査の目安を知ることができます。

 

また、アコムでは初めてのご契約から30日間無利息サービスの特典をうけることができます。

 

雨で休みが多く、収入の少ない月に利用しても、翌月の給料で返済すれば利息ゼロで利用することもできますので、無駄な利息を支払わずに済むのですね。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

プロミス

 

実質年率

4.5%~17.8%

借入限度額

最高500万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

即日振込

可能 ※平日14時までに契約完了が必要

収入証明書

50万円まで不要

 

パート、アルバイトの方でも申込可能
カードレスも対応可能なので誰にもバレずに利用できる
初めてプロミスを利用する方は30日間無利息サービス※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

アコムと並び、業界最大手カードローンのひとつとなるのが「プロミス」です。

 

プロミスはパート・アルバイトの方でも安定収入があれば申込み可能なカードローンとなっており、とび職・土木作業員の方でも審査通過の可能性が高いカードローンです。

 

プロミスではWEB完結でカードを使わない「カードレスでの利用が可能※」なカードローンです。

※対象金融機関は200行以上あります。

 

申込後に自宅にカードや契約書などの郵送物無しで利用することができますので、家族に知られずにお金を借りたい方でも安心して利用することができます。

 

また、初めてプロミスを利用する方は30日無利息サービスを利用することができます。

 

契約後の初めての借入から30日間が無利息期間となりますので、万一の為に申込みだけをしておくのも余裕に繋がりますよね。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

カードローンの審査には職業が大きな要素となる?

カードローンの審査の際には、年齢や年収の他に「職業」が大きな判断材料になってきます。

 

申込み書には、年齢や年収・他社での借入状況の他に、職業や仕事内容をこと細かく選択する欄があります。

 

カードローン会社には膨大な職業のデータがあり、どの職業であれば平均の年収はどのくらい、といった判断ができるのですね。

 

審査に職業が判断材料になってくると言っても、具体的にはどのような職業が優位になってくるのでしょうか?

 

職業の区別の前に判断材料となるのが「勤務形態」です。

 

当然、アルバイト勤務の方よりも正社員の方が審査には有利になってきますので、とび職・土木作業員の方でも日雇いではなく正社員として雇用されている方の方が有利となります。

 

とび職・土木作業員の方の中には「一人親方」として元請業者から仕事を受注している方も多いでしょう。

 

そうした方の場合は「自営業」という扱いになり、正社員の方よりは少々審査に不利になってしまいます。

 

しかし、今回ご紹介した「アコム」「プロミス」は自営業の方も申込可能となっていますので、審査通過の可能性は充分にありますので、ご安心ください。

審査に有利な職業とは?

それでは、なぜカードローンの審査に職業が関係してくるのでしょうか?

 

カードローンの審査で判断されるのは「申込者の返済能力」ですので、収入を得るための職業が「安定しているかが大きな判断基準」となっているのです。

 

ですので、カードローンの審査で最も有利な職業というと「公務員」などの倒産の心配のない職業であるといえます。

 

ただし、とび職・土木作業員の方の場合でも、株式会社として登記されている会社の正社員として働いている場合は審査を心配することは無いでしょう。

 

日雇いで働いているとび職・土木作業員の方の場合、アルバイト勤務としての扱いになってしまいます。

 

アルバイト勤務の場合、職種が特別審査に影響することは少なく「パート・アルバイト」としての審査となります。

 

日雇いの方の場合でも、月収10万円程度の収入があればカードローンの審査に通過する可能性は充分にあるのですね。

なぜ現場作業員の方はカードローン審査に不利なのか?

カードローンの審査に通りにくいと言われている「とび職」「土木作業員」の方。

 

それでは、なぜ現場作業員の方はカードローンの審査に不利になってしまうのでしょうか?

 

第1に考えられる要因となるのは、日給月給の給与体系で働いている方の収入の不安定さが挙げられるでしょう。

 

現場作業員の方の場合、仕事にならない雨の日などの場合は休みになってしまうことも多いものです。

 

日給月給で働く方の休みが多くなってしまうと、やはり収入が不安定になってしまい、カードローンの審査に不利になってしまうことがあります。

 

しかし、月単位でみると収入に変動があるかも知れませんが、年間を通してみると、晴れの日と雨の日の違いはそう多くはないのではないでしょうか?

 

カードローンの審査の際に記入する収入はあくまでも年収ですので、月単位の収入が不安定でも年間通して収入が安定していれば大きな問題にはなりません。

 

実は現場作業員の方がカードローンの審査に不利になってしまう大きな原因としては、勤務形態の不安定さが要因となっています。

 

私自身、中卒で大工の現場作業員として働いた経験がありますが、とび職・現場作業員の方の中には一人親方をしている先輩のところで働く、というケースも多いのではないでしょうか?

 

そうした場合、親方が会社として起業していないと、日当が手渡しで封筒に入れて渡されるということも多くなります。

 

手渡しで給料が渡され「源泉徴収票」「給与明細」などが無い場合、自分の年収を証明する書類が無いということになり、勤務しているという実態も証明することができません。

 

そうした場合、屋号を持たない先輩のところで働いていることをどうやって記入しようか悩んでしまう場合もあるでしょう。

 

日給月給で働き、源泉徴収票などの発行が無い場合には、自分で確定申告を行い「自営業者」としてカードローンに申込む方がカードローンの審査に通過する可能性は高くなります。

 

毎月の給料で所得税や住民税が天引きされていない場合には追徴課税を受ける恐れもありますので、1度役所や税務署で相談してみるのも良いかも知れませんね。

カードローンの審査の前に押さえておくポイント!

とび職・土木作業員の方がカードローンの審査を申込む際には、申込みをする前に押さえておくべきポイントがあります。

 

カードローンの審査の際には本人確認書類として、身分証明書の提出が必要になってきます。

 

本人確認書類には、

 

・運転免許証

・健康保険証

・マイナンバーカード

・パスポート

 

などの身分証明書の提出が必要となっています。

 

運転免許証を持っていれば本人確認書類になりますので問題ありませんが、注意が必要なのは健康保険証を提出する場合です。

 

現場作業員の方でも、株式会社の正社員として働いている場合は「社会保険証」がありますので問題ありません。

 

しかし、一人親方のもとで働く現場作業員の方は「国民健康保険証」を利用されている方も多いでしょう。

 

国民健康保険証を利用している方の中には、学生の時の親の扶養に入ったままの保険証を利用している方もいるかも知れません。

 

親の扶養となっている国民健康保険証を本人確認書類として提出してしまうと、扶養の範囲内での収入しか無いと判断されてしまい、審査に不利になってしまいます。

 

親の扶養の健康保険証を利用している方は、カードローンの申込みの前に自分の名義の健康保険証を作成しておくようにしましょう。

いつも現場にいるけど、在籍確認は大丈夫?

カードローンの審査の際には「職場への在籍確認」が必須となっています。

 

申込者の返済能力を判断するうえで、申込時に記入している勤務先で実際に働いているかの確認として、職場への電話は必須となっています。

 

現場作業員の方の場合、事務所に居るということは少なく、勤務中のほとんどの時間を現場で過ごしていることが多くなっているのではないでしょうか?

 

そうした場合に心配になってしまうのが、職場への在籍確認が大丈夫なのか?という点です。

 

在籍確認の電話では、本人に電話が繋がらなくても実際に雇用されていることが分かれば問題ありません。

 

「〇〇さんはご在籍ですか?」という問いに対して「今、現場に出ています」という返答を得られれば在籍確認は完了するのですね。

 

カードローン会社が在籍確認の電話をする際には、カードローン会社からの電話であることを伏せて電話をかけてくれますので、会社に借金を知られたくない場合でも安心です。

勤務先に事務所が無いんだけど?

少人数のとび職・土木作業員の会社に勤めている場合、事務所が無かったり、仕事中に誰も事務所に居なかったりということもあるでしょう。

 

また、会社の固定電話が無く、親方の携帯電話しか連絡手段が無い、というケースもあるかも知れません。

 

勤務先の電話を登録する際に、電話番号が個人の携帯の電話番号では、勤務先としての信用としては不利になってしまいます。

 

事務所が無く、親方の携帯しか連絡手段が無い場合には、親方に相談して親方の自宅の固定電話を申込書に記入させてもらった方が無難です。

 

いつでも解約可能な携帯電話番号よりも、移動が難しい固定電話の方が、カードローン会社としても信用できるのですね。

現場作業員でも審査に通る?借入できる条件とは?

ここまで、現場作業員の方がカードローンの審査を受けるためのポイントなどを解説してきましたが、まだ審査が不安という方も多いでしょう。

 

現場作業員の方でもカードローンの審査に通過するための条件はどのような点になってくるのでしょうか?

 

ここでは、現場作業員の方でもお金を借りられる条件を解説していきましょう。

借入希望額は少なく申込む!

カードローンの審査の際には、借入希望額が大きくなってしまうほど、審査の難易度は高くなってしまいます。

 

せっかくお金を借りるのであれば、できるだけたくさん借りたいというのは正直なところですが、新規申込の際の希望額は少なめにしておいた方が審査通過の可能性は高くなってきます。

 

カードローンの審査では、10万円以下の希望額の場合、比較的審査のハードルは低くなります。

 

新規申込の際の利用限度額が少なくても、毎月決められた返済をきちんとこなしていけば、借入限度額を増額することも可能です。

 

まずはカードローンの審査に通過することに重点をおいて申込みをすることが大切なポイントとなるのです。

携帯・スマホの延滞に注意する!

カードローンの審査の際には「他社での利用状況」も大きな判断基準になります。

 

カードローンに申込みをするのは初めてだから大丈夫と思ってしまうかも知れませんが、携帯やスマホの料金の滞納には注意が必要です。

 

近年ではスマホの機種代金を携帯料金と一緒に分割をしている方が多いでしょう。

 

スマホの端末料金の分割支払いも、カードローンやクレジットカードの利用と同じ「月賦」での支払いとなります。

 

他社のカードローンの利用が無くても、スマホ料金の延滞が多い方などの場合、審査に不利になってしまうことがありますので、注意が必要となります。

とび職・土木作業員が失敗しないカードローン選びの為には?

カードローンの審査に不安を抱えている方でも、カードローンの審査に通過する可能性は充分にあります。

 

希望限度額を少なめに申込む
スマホなどの延滞に気を付ける

 

などのポイントに気を付ければ、大手カードローンでも利用することは難しくないでしょう。

 

とび職・土木作業員の方が、カードローンの利用で失敗しないためには、しっかりと安心できるカードローンを利用することです。

 

現場作業員では審査に通過しない、という不安から闇金まがいのカードローンを利用すると後悔しか残りませんので本当にそれだけはやめてくださいね。

 

 

Top