生活費はカードローンで借りられる?家計を助けるおすすめのお金の借り方


 

「今月ちょっとピンチだから少しカードローンで借りたい」

「生活費が足りないから助けて欲しい」

 

このように、カードローンを利用する方の中には、生活費のためにカードローンでお金を借りようとしている方も多いでしょう。

 

生活費をカードローンで借りると、返済ができなくなってしまうのではないかと不安になってしまい、躊躇している方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、カードローンは、上手に付き合っていけば危険なことなど無い、便利に利用することができるサービスです。

 

カードローンで家計を助けるために知っておいた方が良い、賢いカードローンとの付き合い方を解説していきましょう。

 

生活費を借りることができるおすすめカードローン!

生活費をカードローンで借りている人というのは非常に多いものです。

 

「カードローンに対する実態と意識調査」をまとめた資料では、カードローン利用者の使用目的は1位「娯楽・交際費」2位は「生活費」となっています。

 

実際に生活費をカードローンで助けてもらっている方は多くなっており、カードローンが生活に密着したサービスであることも知ることができますよね。

 

ここでは、特に安心して生活費を借りることができるおすすめカードローンを4社ご紹介していきましょう。

アコム

 

実質年率

3.0%~18.0%

借入限度額

1万円~800万円まで

審査時間

最短30分

融資まで

最短1時間

即日融資

可能

 

丁寧な対応のオペレーターで、初めての方も安心
パート、アルバイト主婦でも安定収入があれば借入可能
初めての利用で30日間無利息サービス

 

三菱UFJフィナンシャル・グループが提供しているカードローンが「アコム」です。

 

カードローンを初めて利用する方というのは、やはり申込みに不安を抱えてしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

アコムの人気のひとつともなっているのが、親切丁寧に対応をしてくれるオペレーターの対応。

 

初めて利用する方の小さな不安や疑問も丁寧に応えてくれますので、安心して利用することができるのですね。

 

アコムを実際に利用した方の口コミを見ても、オペレーターの丁寧な対応に安心したという声を良く見ることができます。

 

また、初めてアコムを利用する方は、30日間無利息で利用することができますので、生活費の為に借入した際の返済も安心ですね。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

プロミス 

 

実質年率

4.5%~17.8%

借入限度額

最大500万円

審査時間

最短30分

融資まで

最短1時間

即日融資

可能

お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

 

郵送物無しのカードレスでも対応可能なので安心
新規契約で2000円分のプレゼント
初めての利用で30日間無利息サービス

 

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンスのカードローンが「プロミス」です。

 

プロミスでは、初めての申込みで30日間無利息サービス※を利用できるほか、2000円分の三井住友VISAプリペイドをもらうことができます。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

三井住友VISAプリペイドは、VISAの加盟店でクレジットカードと同様に利用することができます。

 

カードローンで生活費を貸してくれるばかりではなく、現金2000円をもらえるのと同じですので、非常に嬉しいサービスとなりますよね。

 

プロミスは30日間無利息も利用できますので、生活費でお金を借りても利息ゼロで利用することも可能です。

 

利息ゼロで利用できて、2000円分のプレゼントをもらうことができるのであれば、得をすることしかありませんよね。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

SMBCモビット

 

実質年率

3.0%~18.0%

借入限度額

最大800万円

審査時間

10秒簡易審査

融資まで

最短即日※

即日融資

可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

WEB完結申込でカードレスでの利用が可能
WEB完結なら電話連絡なしで安心
融資までのスピードが速い!

 

三井住友銀行グループのSMBCモビットです。

 

「SMBCモビットと言えばWEB完結!」というほどWEB完結申込が定着しているSMBCモビットでは、カードを使わないカードレスでの利用が可能です。

 

WEB完結でカードレスでの利用の場合、自宅への郵送物無しでカードローンを利用することができますので、家族にカードローンの利用を知られたくない場合でも安心して利用することができます。

 

それだけではなく、SMBCモビットではWEB完結なら電話連絡なしでの利用も可能となっています。

 

SMBCモビットは内緒でカードローンを利用したい方にはピッタリのカードローンとなっているのですね。

 

また、SMBCモビットは審査~融資までのスピードが速いのも特徴のひとつ。

 

急ぎで生活費を借りたい場合にも頼りになるのですね。

 

≪SMBCモビット≫申込~利用までワンストップ対応!PC・スマホからWEB完結☆

生活費をカードローンで借りることはできる?

ここまで、生活費を借りる際に頼りになるカードローンをご紹介してきました。

 

しかし、カードローンで生活費の補てんの目的でお金を借りることができるのか心配な方も居るかも知れませんね。

 

長引く不況の中で、カードローンを利用している方の人口は1500万人にも上ると言われています。

 

日本の総人口の10人に1人以上の方がカードローンを利用しているという調査結果には驚いてしまいますよね。

 

カードローンを利用している方の、借入額の利用目的を調査した結果によると「娯楽・交際費」に次いで「生活費」が使用目的で2位の割合を占めていました。

 

それほどカードローンを利用して生活費を借りている方が多いということを知ることができますよね。

 

カードローンを利用したことが無い方にとっては、カードローンで生活費を借りるということは危険なのでは?という不安を抱えている方も多いかも知れません。

 

インターネットの質問サイトにも、同様の不安を持った方が多く質問を寄せています。

 

そうした質問に、無責任な回答者の方は「カードローンでお金を借りるなんて破滅だ」などの回答を寄せていますが、私自身の感想ではこれは間違っていると思います。

 

私にも経験がありますが、お金が無くて悩んでしまっていると、心にも余裕がなくなり、夫婦喧嘩なども増えてしまうものです。

 

カードローンと上手に付き合うことで、少し足りない生活費を補てんして、生活にも心にも余裕を持つことができるのです。

生活費をカードローンで借りる際に注意しておくべき点

生活費をカードローンで借りる際には、返済をする際のことも頭に入れて借入をすることが何よりも大切なポイントとなります。

 

カードローンで生活費を借りることを選択する、ということは現在の収入と支出が見合っていないということです。

 

一時の生活費の補てんで生活費を借りるのは生活を助ける意味でも非常に有意義なことですが、根本的な問題を解決していかないと、あっという間に限度額がいっぱいになってしまいます。

 

生活費をカードローンで借りるのであれば、給料日までを一旦しのいだうえで、今後カードローンで追加融資を受けないように家計の収支を考えていく必要があります。

 

収入が足りないのであれば、なんらかの形で出費を削るなどの工夫をしていく必要があるのですね。

生活費を借りる際には返済も注意しておこう

生活費をカードローンで借りると、当然のことながらカードローンに返済をしていかなくてはなりません。

 

ですので、今までの生活費に加えて「カードローン」の返済も毎月の出費として支払っていかなくてはならないのですね。

 

生活費をカードローンで借りて多重債務者に陥ってしまう方の傾向としては、返済の金額をカードローンで借りる「自転車操業」をしてしまう方が多くなっています。

 

そんな、その場しのぎのお金の借り方をしていては、カードローンの限度額に達してしまい、返済が不可能になってしまうのは時間の問題です。

 

カードローンを利用する際には、返済のことまで頭に入れて利用するようにしましょう。

家計を助ける賢い生活費の借り方

カードローンで生活費を借りる際の注意点についてお伝えをしてきましたが、賢く利用すればカードローンは決して怖いものではありません。

 

ここでは、家計を助けてくれる、賢い生活費の借り方を解説していきましょう。

極力借りたお金はすぐに返すようにする

カードローンを借りて、返済をする際には「利息」が必要になってきます。

 

利息は返済の回数が多くなるほど多くなってくるもの、つまり返済の期間が短くなればその分支払う利息も少なくて済むのですね。

 

生活費が足りなくてカードローンを利用する際というのは、給料日前に利用する機会が多くなっているのではないでしょうか?

 

給料日までの生活費の補てんで借りたお金は、極力給料が入ったらすぐに返済をするようにしましょう。

 

そうすることで、支払う無駄な利息を最小限に抑えることが可能なのですね。

 

一旦返済をしておけば、また足りなくなって借入をする際にも最小限の利息でお金を借りることができます。

 

生活費で借りたお金はとにかく給料日でいったん返済する!それを徹底するだけで、無駄な利息を節約できるだけではなく、借り過ぎを防止することもできるのですね。

無利息期間のついたカードローンを利用する

生活費のためにカードローンを利用する方の中には、日常的にお金が足りない訳ではないけど、予定外の出費などで単月のみ生活費が足りないという方も多いでしょう。

 

そうした、一時的な生活費の補てんに賢く利用することができるのが、無利息期間のついたカードローンです。

 

カードローンの中には、30日間無利息サービスなどが用意されているカードローンもあります。

 

アコム」「プロミス」などは新規で利用する際、30日間無利息サービスが適用されます。

 

一時的に生活費を借りても次の給料日で返済をすれば、利息ゼロで利用することもできるのですね。

限度額が足りなくなった時は増額をする

カードローンで生活費を借りる際には、最低限必要なだけの金額を借入する方が安全なことはいうまでもありません。

 

しかし、やはり生活をしていくうえで、カードローンの限度額いっぱいまで借入をしてしまうこともあるでしょう。

 

カードローンの限度額がいっぱいになったら、新規申込で他社から借入をするのではなく、今利用しているカードローンでの増枠を申込みする方が賢い利用方法になります。

 

複数の会社でお金を借りてしまうと「多重債務者」になってしまいますので、新たにカードローンを利用する際にも不利になってしまいます。

 

また、月に返済をするカードローンが複数になってしまうと、家計への負担も増えてしまうのですね。

生活費を借りるための審査の通過の方法

生活費をカードローンで借りることができるのは分かったけど、やはり審査が不安という方は多いでしょう。

 

ここでは、確実に生活費を借りるための審査の通過の方法を解説していきましょう。

希望限度額は最小で申込みをする

カードローンの審査を申込みする際には、自分の希望する借入限度額を記入して申込みをします。

 

この借入限度額が大きくなれば、やはり審査の難易度そのものも高くなってしまうのですね。

 

生活費のためにカードローンを利用するのであれば、できるだけ限度額には余裕を持っておきたいのはやまやまですが、申込みの際には希望限度額は低めで申込みをした方が無難です。

 

一般的には、3万円~10万円程度の少額の融資であれば、比較的審査のハードルは低くなると言われています。

 

カードローンは利用状況と返済状況によって、契約のあとから限度額を増額することも可能になっています。

 

まずは、審査に確実に通過することを目標にして、利用をしながら増額の審査を申込むというのが審査に通過するコツになるのです。

使用目的が生活費だと不利になる?

カードローンの審査を申込む際には、借入したお金の使用目的を記入する必要があります。

 

各カードローンが提供しているのは「フリーローン」ですので、使用目的を自由に決めることができるローンなのですが、審査の参考に使用目的を記入する必要があるのですね。

 

つまり、申込みをした人が「何にお金を使うのか?」というのも審査の際の判断基準になってくるのです。

 

まず、絶対にNGとなる使用目的が「ギャンブル」です。

 

あなたも、友達に「パチンコに行きたいからお金貸して?」と言われても断ってしまいますよね。

 

 

そして、生活費の為というのも場合によっては審査に不利になってしまう傾向があります。

 

生活費に困っているような方が、返済能力があるのかと不安視されてしまうことがあるのですね。

 

逆に、審査の際に歓迎される使用目的としては「冠婚葬祭」「レジャー」などの一時的な支出になります。

 

冠婚葬祭・レジャー・交際費などの場合では、一時的にお金が必要になっただけなのだな、とカードローン会社も安心してお金を貸すことができるのです。

 

上記で説明した、カードローンを利用している方の使用目的の1位が「娯楽・交際費」であったのも、何か察することができますよね。

賢く使えば家計を助けてくれるカードローン!

生活費が足りなくてカードローンを利用する、ということにバッドなイメージを抱いてしまっている方は多いのではないでしょうか?

 

しかし、使い過ぎに注意して、賢く利用していけば、カードローンは家計を助けてくれる強い味方になってくれます。

 

給料が入ったらすぐに返済して、必要になった分だけを借りるという利用方法を続けていけば、意識的に家計を節約するメンタルが生まれます。

 

ちょっと足りないお金を友達に借りて、お礼の食事などで数千円使ってしまっては、また生活費に困ってしまうことにもなります。

 

生活費こそ、カードローンで借りて賢く利用するべきカードローンの使用目的なのですね。

 

Top