結婚式が続いてお金がない、ご祝儀が払えない方の金策はカードローン一択


 

「2か月続けて結婚式、ご祝儀が無いよ…」

「ご祝儀が払えないから結婚式欠席するってわけにはいかないよね」

 

ご祝儀貧乏という言葉もあるように、結婚式の招待が続いてしまうとご祝儀の支払いだけでも負担は大きくなってしまうものです。

 

友人や親戚の結婚式を「ご祝儀が払えないから」と欠席する訳にはいかず、頭を抱えてしまっている方もいるのではないでしょうか?

 

 

しかし、結婚式のご祝儀なら、無利息期間付きのカードローンを利用すれば「利息0円」で借りることも可能です!

 

今回は、無利息期間付きで結婚式のご祝儀を借りられるカードローンを特集してご紹介していきましょう。

 

 

結婚式のご祝儀を利息0円で借りられる無利息期間付きのおすすめカードローン

結婚式の招待をうけると「おめでとう!」という思いとともに、ご祝儀をどうしようと頭を抱えてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

結婚式のご祝儀というのは、完全に自分の家計の計画には無い、想定外の出費となります。

 

どうしても結婚式のご祝儀が払えない時には、無利息期間付きのカードローンが頼りになる味方になってくれるのです。

プロミス

 

実質年率

4.5%~17.8%

借入限度額

最高500万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

 

初めての方は30日間無利息サービス※
郵送物無しのカードレスでも対応可能
新規契約で2000円分の入会プレゼント

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

初めて「プロミス」を利用する方には、30日間の無利息サービスが用意されています。

 

プロミスは、申込み~借入・返済の全てをネットで完結することができる「WEB完結」でのカードレスでも対応可能になっています。

 

対象金融機関が200行以上あるカードレスでの利用では、自宅への郵送物無しでプロミスに申込みをすることができますので、ご祝儀を借りることを家族に知られたくない場合にも安心して利用することができます。

 

プロミスでは30日間無利息サービスの他にも、新規契約で2000円分の「三井住友VISAプリペイド」をもらえるキャンペーンも開催しています。

 

三井住友VISAプリペイドは、VISA加盟店でクレジットカードと同じ感覚で利用することができますので、現金2000円をもらえるようなお得なプレゼントになりますよね!

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

アコム

 

実質年率

3.0%~18.0%

借入限度額

最高800万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

 

初めての方は30日間無利息サービス
スピーディな融資で時間が無い時にも安心
いつでも返せて利息は利用日数分だけ

 

初めて「アコム」を利用する方には、30日間の無利息サービスが用意されています。

 

アコムの大きな特徴となるのは、ネット申込みでの審査~融資までのスピードが非常にスピーディな点です。

 

審査完了後に振込融資でお金を借りる場合、カードの到着を待たずに即日融資が可能ですので、申込みから1時間未満でお金を手にすることも可能です。

 

アコムでは30日間無利息サービスが用意されており、30日以内で返済すれば利息0円で利用することができますが、30日以降も利用した分の利息の支払いだけで返済することが可能です。

 

利用日数分だけの利息の支払いで返済することができますので、ご祝儀を借りる際にも最小限に利息を節約することが可能なのですね。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

アイフル

 

実質年率

3.0%~18.0%

借入限度額

最高800万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

 

初めての方は30日間無利息サービス
簡単4ステップの審査申込み
お急ぎの方もフリーダイヤルへの電話で安心

 

初めて「アイフル」を利用する方には、30日間の無利息サービスが用意されています。

 

アイフルでは50万円まで収入証明書の提出が不要となっており、申込・審査・契約・借入のスムーズな4ステップでお金を借りることができます。

 

審査に不安な方には、事前に融資可能かを即時に知ることができる「1秒診断」も便利に利用することができます。

 

また、特に融資をお急ぎの方は、ネットでの申込後にフリーダイヤルに電話をすることで審査の時間を短縮することができます。

 

結婚式が迫ってしまい、すぐにお金が必要になってしまった方にも頼りになる味方になってくれるのですね。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

結婚式のご祝儀の相場は?

予定外の出費となると、非常に馬鹿にならない金額になってしまう結婚式のご祝儀。

 

そもそも、結婚式のご祝儀にはいくら包んだらいいの?と悩んでしまっている方も多いでしょう。

 

ここでは、招待されたあなたの年齢別のご祝儀の相場をまとめておきましょう。

 

20代

友人・同僚

94%

30000円

3%

20000円

3%

10000円

兄弟・姉妹

64%

50000円

14%

30000円

4%

100000円

30代

友人・同僚

95%

30000円

2%

20000円

1%

10000円

兄弟・姉妹

65%

50000円

13%

30000円

4%

100000円

40代~

友人・同僚

92%

30000円

8%

10000円

兄弟・姉妹

77%

50000円

11%

100000円

11%

30000円

 

このように全年齢で、

 

・友人、知人、同僚に招待された時は30000円

・兄弟、姉妹、親族に招待された時は50000円

 

といったご祝儀を包む方の割合が多くなっています。

 

40代の方の一割が親族に招待された結婚式の場合は10万円程度のご祝儀を用意しているのも特徴的になっています。

 

40代になると、自分の子供が結婚するケースも多くなることから、高額のご祝儀を用意することも多くなっているのでしょうか。

 

また、結婚式のご祝儀というと2万円という割り切れる金額は縁起が悪いとも言われていますが、20代・30代の方の中には気にせずに2万円のご祝儀を渡している方もいるようです。

 

いずれにしても、3万円~5万円の高額の出費が予定外に発生してしまうというのは痛いものです。

 

どうしてもご祝儀が用意できない場合には、無利息期間付きのカードローンでピンチを助けてもらいましょう。

6月になると「ご祝儀貧乏」になってしまう?

やはり、昔から6月というと結婚式シーズンですよね。

 

ジューンブライドに憧れる方はまだまだ多く、6月になると複数の結婚式の招待をうけて、ご祝儀貧乏になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

ジューンブライドの由来となっているのは「結婚の女神」である「ユーノー」が6月1日に祭られたことが起源となります。

 

結婚の女神・ユーノーが祭られた6月に結婚すると幸せな花嫁になれるということにあやかり、ユーノーの英語表記「Juno」と6月「June」からジューンブライドができたと言われています。

 

友人や兄弟の幸せな姿というのは見ている方も嬉しくなるものですが、重なるご祝儀のことを考えると頭が痛くなってしまいますよね。

 

1件あたり3万円のご祝儀といっても、重なってしまうと高額な出費になってしまいます。

 

また、日どりが被ってしまい、参加できない場合でもご祝儀だけは包むというケースもありますので、6月の結婚式シーズン前にはある程度準備をしておきたいものです。

結婚式でかかる費用はご祝儀だけではない?

結婚式の為に必要になってくる費用というと、ご祝儀を一番に思い浮かべてしまいますが、実は結婚式にかかる費用はご祝儀だけではありません。

 

特に女性の場合は、ご祝儀の費用よりも結婚式の為の準備にお金がかかってしまうというパターンも多くなってしまいます。

 

結婚式というのは、新郎新婦はもちろんのこと、参加するゲストにとっても晴れの舞台でもあります。

 

当然、カジュアルな服装で参加するわけにはいきませんので、ドレスを用意したり美容院で髪をセットしたりと言った準備が必要になります。

 

また、2次会の費用も頭に入れてお金を準備しておく必要があるのですね。

 

上記のように、美容院や2次会費用はご祝儀代とは別で+2万~3万円がかかってしまいます。

 

独身の方が結婚式に参加される場合は、2次会で素敵な出会いが見つかるかも知れません。

 

それだけに、やはり自分の服装や髪型にもある程度費用をかけて用意をしておきたいとことですよね。

無利息期間付きのカードローンは利息0円で利用できる?

今回は、ご祝儀が用意できない時に助かる、無利息期間の付いたカードローンをご紹介してきました。

 

無利息期間の付いたカードローンでは、無利息の期間中に返済すれば利息0円でお金を借りることができます。

 

カードローンを利用する際には、借入したお金と「利息」を合わせて返済しなくてはなりません。

 

無利息期間付きのカードローンなら、支払う利息を節約することができますので、ご祝儀を借りた場合でも返済の際の負担を抑えることができるのですね。

 

実際に、実質年率18.0%のカードローンでご祝儀5万円を借りて、翌月に一括返済する場合にどの程度利息を節約できるのかを比較してみましょう。

 

 

利息

返済総額

30日間無利息

0円

50000円

無利息期間無し

739円

50739円

 

このように、無利息期間付きのカードローンの場合だと、翌月一括返済の場合では利息0円で利用することも可能になっています。

 

一括での返済ではなく分割で返済する場合においても、最初の30日間の利息が不要になっていますので、最終的に支払う利息を節約することができるのですね。

 

結婚式のご祝儀を借りる場合には、無利息期間の付いたカードローンがおすすめです。

それぞれのカードローンの無利息期間に注意すること!

各カードローン会社が新規の顧客向けのサービスとして提供している無利息期間。

 

ユーザーにとっては、カードローンを利息0円で利用できる、非常にお得なサービスでもあります。

 

各カードローン会社では無利息期間の適用開始日に違いがあり、借入をしていないのに無利息期間が消滅してしまうというケースもあります。

 

ここでは、それぞれのカードローンの無利息期間の適用開始日をまとめておきましょう。

 

プロミス

初回借入日の翌日から30日間

アコム

契約日の翌日から30日間

アイフル

契約日の翌日から30日間

 

このように、カードローンの中で、唯一プロミスのみ「初回借入日の翌日から無利息期間が適用」されます。

 

他のカードローンでは、契約をしてから30日が経過してしまうと、実際にお金を借りていないのに無利息期間が終了してしまいます。

 

せっかくの無利息期間を無駄にしないためにも、無利息期間の適用開始日には注意をしておくようにしましょう。

結婚式のご祝儀はカードローンの審査に通過しやすい?

結婚式のご祝儀をカードローンで借りたいけど、審査が不安という方も多いでしょう。

 

しかし、結婚式のご祝儀として借入をする際は、カードローンの審査も通りやすくなっていますので、それほど不安に感じる必要はありません。

 

カードローンの審査を受ける際には、

 

・年齢

・年収

・勤務形態

・他社での借入状況

 

などの申込者個人の情報だけではなく、借入したお金を何に使うか?という「使用目的」も審査の判断基準になります。

 

使用目的がギャンブルなどであった場合は、審査に対して不利になってしまうことは言うまでもありませんが、審査に有利になってくる使用目的もあります。

 

それが「結婚式のご祝儀」などは一時的に必要になってくる費用です。

 

結婚式のご祝儀などの慶弔費用の場合、日常的にお金が無いわけではなく、一時的に必要になっただけだと判断をされます。

 

カードローン会社としても、返済の心配が少なくなってくるので審査の際にも安心してお金を貸すことができるのですね。

 

また、ご祝儀でお金を借りる際には3万円~5万円という少額で申込みをする方が多いのではないでしょうか?

 

希望限度額が5万円未満の少額の場合、審査のハードルそのものも低くなっていますので、それほど審査を心配する必要もないのですね。

 

初めてカードローンを利用する場合で、パート・アルバイトでも安定した収入があれば、スムーズにご祝儀を借りることができるでしょう。

足りないご祝儀はカードローンで借りて、気持ちよくお祝いしてあげよう!

結婚式の招待をうけると、まず頭に浮かんでしまうのが「ご祝儀どうしよう」という思いではないでしょうか?

 

おめでたいことだとは思うけど、ご祝儀が払えないから仮病で欠席できないかな…、と思ってしまっている方もいるかも知れませんね。

 

ご祝儀が払えない時は、無利息期間付きのカードローンを利用すれば利息0円で借りることも可能です。

 

ネット申込で簡単にお金を借りることができるので、欠席の理由を考えるよりも簡単にお金を借りることができるのですね。

 

結婚式というのは、招待されたゲストにとっても非日常の体験をできる空間でもあります。

 

足りないご祝儀をカードローンで借りて、気持ちよくお祝いしてあげましょう!

 

 

Top