カードローンの上手な返済方法は?返済方式で総支払い額がかわる


 

「カードローンを利用したいけど、ちゃんと返済できるか心配」

「支払っても支払っても返済が終わらない!」

 

既にカードローンを利用している方、今からカードローンを利用しようと思っている方に関わらず、カードローンの返済に不安を抱えている方は少なくないのではないでしょうか。

 

カードローンでお金を借りると、借入した金額と利息を合わせて返済する必要があります

 

支払っても支払ってもカードローンの返済が終わらない、という方はカードローンの返済方法のコツを知らないだけかも知れません。

 

今回は、効率良くカードローンを返済していくための、上手な返済方法のコツをしっかりと解説していきましょう。

多彩な返済方法を選択できるおすすめカードローン

カードローンを利用する際には、借入のしやすさはもちろんのこと返済のことも頭に入れて考えておく必要があります。

 

カードローンを選択する際の判断基準も、借入のしやすさと同じように「返済のしやすさ」を重視して選択することが大切なのですね。

 

ここでは、多彩な返済方法を選択することができる、おすすめのカードローン3選をご紹介していきましょう。

アコム

 

実質年率

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査スピード

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

アコムで選択できる返済方法

・振込

・口座振替

・店頭窓口

・自社ATM

・提携銀行ATM

・インターネットバンキング

 

大手カードローン中でも、特に審査〜融資までのスピードが速いことで人気の「アコム」

 

アコムでは振込融資・提携ATMでの24時間借入をはじめとした借入のしやすさはもちろん、多彩な返済方法での返済ができる点が魅力となっています。

 

また、返済日も毎月の指定日での返済・35日サイクルでの返済と、自分の好きな返済日を柔軟に選択することができます。

 

毎月決まった日の返済で計画的に返済したい方は指定日で、支払いサイトに余裕を持ちたい方は35日のサイクル制と、自分の都合に合わせて選択できるのは嬉しいですよね。

 

アコムでは初めての利用の方に30日間の無利息期間も用意されていますので、返済の際の利息も最小限に抑えることが可能となっています。

 

カードローンの返済計画を考える際には、支払わなければならない利息の金額も影響してしまうもの。

 

利息もしっかりと節約できるアコムなら、計画的でお得な返済が可能となっているのですね。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

プロミス

 

実質年率

4.5%〜17.8%

借入限度額

最高500万円

審査スピード

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

プロミスで選択できる返済方法

・振込

・口座振替

・店頭窓口

・自社ATM

・提携銀行ATM

・インターネットバンキング

 

カードレスでの利用が可能で、家族にバレたくない利用にはピッタリの「プロミス」

 

カードローンの利用を家族に知られずに完結させるためには、可能な限り早く完済をしてカードローンの利用を悟られるリスクを最小限にする必要があります。

 

プロミスでは、カードレスでの利用の場合は口座振替での返済となりますが、その他にも多種多様の返済方法で利用金額を返済することができます

 

口座振替日以外にも、余裕がある時にATMやインターネットバンキングでの返済が可能ですので、借入元金を効率的に減らしていくことができるのですね。

 

また、プロミスでは初めての利用で30日間無利息というサービスに加え、メールマガジンの登録などで貯めたポイントで無利息期間を利用することが可能です。

 

カードローンを利用していると、初回の借入だけではなく、追加融資をうけなければならないケースも少なくないもの。

 

初めての利用以外でも、ポイントを貯めて無利息期間を利用することができるので、支払う利息を最小限に節約することができるのですね。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

カードローンの返済方法はたくさんある

カードローンで借入をする際には、とにかく借りることばかり考えてしまい、返済のことまで考えていないという方も多いのではないでしょうか?

 

カードローンの利用で失敗しないようにするためには、どうやって返済していくかという返済のことまで頭に入れて計画をしておくことが重要です。

 

ですので、カードローンを選択する基準としても、借入のしやすさはもちろんのこと、返済のしやすさを考えたうえでカードローンを選ぶようにしましょう。

 

カードローンの返済方法というと、カードを利用してATMなどで返済をする方法を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、実際にはカードローンの返済方法は、ATMを利用した返済の他にも多くの返済方法が用意されています

 

カードローンの返済方法としては、

 

・カードローン会社のATMでの返済

・コンビニATMなどの提携ATMでの返済

・銀行口座からの口座振替による返済

・カードローン会社への銀行振込

・インターネットバンキングを利用したWEBでの返済

 

といった、多種多様な方法で、利用した金額を返済することができます

 

思いついた時、余裕のある時にすぐに返済できる便利な返済方法が用意されたカードローンであれば、最短でカードローンを返済することも可能になってくるのですね。

 

 

カードローンの返済計画は自分で立てていくもの!

カードローンでお金を借りる際には、カードローン会社から「毎月の最低返済金額」が提示されます。

 

既にカードローンを利用している方の中には、毎月、この最低返済金額を返済していると言う方も多いでしょうが、そうした方は返済が長期に渡ってしまうこともありますので注意が必要です。

 

カードローン会社の提示する毎月の最低返済金額は、あくまでも「毎月このくらいは最低返済してくださいね」と言う、最低限の金額でしかありません。

 

最低返済金額は、借入金額の3%程度の金額で設定されていることが多く、10万円を借りても月々の最低返済金額は3000円程度というカードローン会社が多くなっています。

 

10万円を金利18%で借りて最低返済金額の3000円で返済をすると、毎月減っていく元金はわずか1500円程度、半分は利息に消えて行ってしまうのです。

 

毎月3000円の返済で10万円を完済するためには、4年間借金を返済し続けなければならないことになってしまい、最終的に支払う利息も4万円と借りた金額の半分近い利息を支払うことになります。

 

ですので、カードローンを返済する際には、カードローン会社から提示された最低返済金額を支払うだけではなく自分自身で返済計画を立てることが重要になってくるのですね。

 

 

カードローンの上手な返済方法のコツ

カードローンと上手に付き合っていくためには、上手な返済方法で損をせずに返済を続けていくことが重要となってきます。

 

何も考えずに、毎月の最低支払い金額だけを返済し続けていたのでは、最終的に支払わなければならない利息が多くなり、損をしてしまうことにも繋がります。

 

ここでは、カードローンの上手な返済方法のコツを解説していきましょう。

無駄な遅延損害金の発生する支払いの遅れは絶対にダメ!

カードローンの返済の際には、借入した金額の元金と利息を毎月返済していく必要があります。

 

返済の際に絶対やってはいけないのが「支払いの延滞」です。

 

カードローンは、会社によって異なりますが、毎月の指定日・もしくは一定の周期によるサイクル制で毎月の返済日が設定されます。

 

毎月の返済日を過ぎても月の返済が完了していないと、支払いが延滞になってしまい、カードローンの信用情報にも不利な情報となってしまいます

 

しかし、支払いの延滞をしてしまうと、信用情報に不利になってしまうよりも直接的な実害をうけることになります

 

カードローンの返済を延滞してしまった場合、毎月の支払金額に合わせて「遅延損害金」を支払う必要があります

 

この場合、支払わなくてはならない金額が「元金+利息+遅延損害金」となってしまいますので、返済の際の負担も大きくなってしまいます。

 

遅延損害金は、問答無用で20%という高金利で計算されることが多くなっていますので、1日〜2日の遅れでも馬鹿にならない金額になってしまいます。

 

うっかり忘れで無駄な遅延損害金を支払い、おまけにカードローン会社からの信用まで失ってしまうのは馬鹿らしいですよね。

 

カードローンを利用する際には、毎月の返済日を把握して、延滞なく返済をしていくようにしましょう。

 

毎月の最低返済金額以上に返済をする

カードローンでは、借入をしている金額に応じて、毎月の最低返済金額が設定されます。

 

しかし、毎月の返済日に最低返済金額のみを返済していたのでは、完済までの期間も長期になってしまい、結果として利息で損をしてしまうことになってしまいます。

 

カードローンを上手に返済するためのコツとなるのが、毎月の最低返済金額以上に返済をしていくことになります。

 

カードローンの返済方式を大きく分けると「約定返済」「随時返済」と言った2種類の方式に分けることができます。

 

約定返済とは、毎月決まった期日に決まった金額を支払う方式のことで、銀行口座からの振替での返済などが約定返済に当たるでしょう。

 

カードローンを上手に返済していくためには「随時返済」を上手に活用していくことが大切なポイントとなってきます。

 

随時返済とは、約定返済とは逆に好きなタイミングで好きな金額を返済する返済方法のことを指します。

 

返済日以外でのATMでの返済や、インターネット返済、振込返済などが随時返済に当たります。

 

毎月の返済日での最低金額での返済に加え、随時返済で余裕のある時に返済をしていくことで、最終的に完済までの期間を短くすることができるのです。

 

思いついた時に、自宅でスマホで気軽に返済をすることができる「インターネットバンキング」を設定しておくと、余裕のある時に返済をしやすくなりますのでおすすめです。

 

カードローン会社の返済シミュレーションを活用して、無理のない返済計画を立てる

毎月の最低返済金額以上に返済をする際に、有効な方法となるのがカードローンの返済シミュレーションの活用です。

 

毎月、返済の際に余裕がある金額を入金しておくのは、返済を早く終わらせるためにも必要なことですが、具体的にどのくらいお得になるかが見えないと、長期に渡る返済で精神的にも疲れてしまいます

 

そうした場合に「毎月このくらいなら返せる」「何年で完全に返済する」と、目標を決めるのに役立つのが返済シミュレーションです。

 

カードローン各社では返済の回数や借入金額で、利息を計算することができる返済シミュレーションが用意されています。

 

具体的な例として、10万円を18%の金利で借りた場合の返済シミュレーションをしてみましょう。

 

毎月の返済額

返済回数

返済総額

3000円

48回

約140000円

5000円

24回

約120000円

10000円

11回

約110000円

 

このように、毎月の最低支払い金額3000円に2000円を上乗せして、毎月5000円の支払いをするだけで、返済回数が半分になり利息も2万円節約することが可能になるのです。

 

毎月頑張って1万円ずつ支払い続けていけば、1年未満で完済して利息も1万円弱に抑えることもできます。

 

返済シミュレーションを活用することで、完済までに実際にどの程度利息で得をすることができるのかが分かりますので、前向きに返済計画を立てることができますよね。

複数のカードローンを利用している方は、おまとめローンも視野に入れる

カードローンの返済で苦しんでしまっている方の中には、複数の会社のカードローンを利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

複数の会社でカードローンを利用している場合、毎月の返済日も複数回になってしまうので、最低返済金額以上の返済をしていくことが難しいという方も多いでしょう。

 

複数のカードローンで返済をしている方の場合「おまとめローン」を活用するのもひとつの手段となります。

 

おまとめローンとは、その名の通り複数のカードローンの借入を、ひとつのカードローンにまとめて借入をすること。

 

カードローン各社では、おまとめローンに対応している会社も多く、おまとめローン専用のローン商品を提供し、借りやすい環境を作ってくれているカードローンもあります。

 

おまとめローンを利用するメリットとしては、

まとめて高額で融資をうけることで、低金利でお金を借りることができる

返済をひとつにまとめることで、毎月の返済額の負担が少なくなる

 

などのメリットをうけることが可能になっています。

 

毎月の支払の際の金利が安くなれば、その分同じ金額を返済しても元金が減る割合が多くなりますし、毎月の返済金額が少なくなれば最低返済金額以上の余裕の支払いもしやすくなります。

 

複数のカードローンを利用している方は、おまとめローンを利用することも賢い返済方法のひとつとなるのですね。

おまとめローンの審査に通過しなかった場合には

複数の借金をひとつにまとめるという性質上、おまとめローンを申込む際には希望限度額も高額になってしまいがちになってしまいます。

 

ですので、審査のハードルもそれなりに高くなってしまい、必ずしも審査に通過することができるとは限りません。

 

複数のカードローンを利用している場合で、おまとめローンを利用せずに返済していく際には、1つのカードローンを集中して潰していくことが近道です。

 

A社で10万円

・B社で20万円

・C社で30万円

 

と3つの会社で借入をしている場合には、1番返済のしやすいA社をまず集中して完済していくのがおすすめです。

 

B社・C社は最低返済金額で返済をしながら、余力のある時はA社に返済をして1社でも先に完済をすれば、毎月の返済先が1つ減ることになります。

 

複数のカードローンを利用している場合には、均等に支払っていくよりも、先に1社でも完済した方が最終的に早期に完済をすることができるのですね。

自分で計画を立てて、無駄なく返済をしていくことが重要

今回は、カードローンを上手に返済していく方法について、特集して解説してきました。

 

カードローンの返済には「元金+利息」の返済が必要となっていますが、返済の回数が多くなれば、その分支払う利息も多くなってしまいます。

 

ATMでの返済・インターネットバンキングでの返済を上手に活用して、毎月の最低返済金額以上の返済を続けることで、最終的な支払い回数が少なくなります

 

最終的な支払い回数が少なくなれば、支払う利息の金額も少なくなりますので、総支払金額そのものが少なくなるのですね。

 

上手な返済をしていくためには、返済シミュレーションなどを活用して、自分で返済計画を立てることが大切です。

 

毎月、無理のない返済計画を立てて、損のない返済をしていくようにしましょう!

Top