ハワイ旅行代が足りない!旅行代金はカードローンの審査に通りやすい?


 

私がプロミスを利用したのは、家族で計画していたハワイ旅行代が足りなかったためです。

 

子供が大きくなる前の想い出づくりにと、家族でハワイ旅行を計画していましたが、あるトラブルでお金が足りなくなってしまいました。

 

結果として、プロミスに助けてもらい、無事にハワイ旅行で家族との想い出を作ることができましたが、色々な意味で忘れられない旅行になってしまいました。

 

今回は、私がハワイ旅行の際にプロミスを利用した体験談をお話していきましょう。

 

 

 

体験者の情報

氏名:森山弘道

性別:男性

年齢:36歳

職業:会社員

年収:330万円

お金を借りる動機説明:家族でのハワイ旅行代が足りなくなってしまったため

利用したカードローン会社:プロミス

 

 

今年の夏は家族旅行に行こうね、と家族と約束をしていたが

我が家には6歳と8歳になる娘がいます。

 

下の子が小学校に上がった際に、家族で想い出を作ることができる期間もあとわずかなのではないかと思い、妻とハワイ旅行を計画することにしました。

 

子供が2人とも女の子でしたので、時期がきたら親父を鬱陶しく思う時も来るだろう、ということも考え、今の内に家族での想い出を作っておくようにしたかったのですね。

 

ハワイ旅行の予算は格安のパッケージツアーを申込みして、2泊3日の宿泊が家族で30万円。

 

飛行機代金+ホテル代も含めた予算ですので、格安の予算ではありますが、平凡なサラリーマンの私達一家にしては非常に思い切った旅行の計画になりました。

 

毎月の少ない給料の中から、妻がなんとか倹約して貯めてくれていた貯金がちょうど30万円。

 

子供が小さい時に一回くらいはと、その貯金を利用してハワイ旅行に出かけることにしました。

 

家族の揃う夕食の際にハワイ旅行のことを子供に教えると、文字通り飛び上がらんばかりに喜んでくれました。

 

その時は妻と2人で目を合わせて、ハワイ旅行を計画して良かったねと喜んだものです。

 

それから、毎日家族でハワイ旅行を楽しみにして過ごしていました。

 

お昼の情報番組でハワイのおしゃれなカフェを特集していたら、子供と「ここにも行けるんだね!」などと話している時間は、それだけでも幸せでした。

楽しみにしていたハワイ旅行に行けなくなる?

ハワイ旅行の前月になり、そろそろ旅行会社に旅行代金の入金をしなければならないな、と思っている時に思ってもいなかった事件が起きてしまいました。

 

我が家では、夫婦の携帯電話料金や光熱費、家賃を全てクレジットカードで支払う形にしています。

 

支払いが分割するのも面倒ですし、クレジットカードで必要なお金を支払った方がポイントを貯めることができるからです。

 

ですので、自宅に家賃や携帯電話の料金の請求書が来るわけはないのですが、ある日家に帰るとポストに家賃と携帯電話料金の払い込み用紙が届いていました。

 

何かの間違いだろう、とクレジットカードのコールセンターに連絡をしてみた際に、驚愕の言葉を聞くことになります。

 

「限度額を超えておられましたので、お支払いができなかったものと思われます」と、この言葉を聞いた瞬間に理解するとともに、血の気が引いていくのを感じました。

 

我が家にとっては初めてのハワイ旅行を控え、普段はできるだけ現金を利用せずにクレジットカードで支払いをするようにしていました。

 

ハワイ旅行の予算の30万円はあくまでも現地に行ってホテルに泊まるだけの予算、旅行中のお小遣いをねん出するためにできるだけ現金を使用しないようにしていたのですね。

 

ですので、普段以上にクレジットカードの利用金額が大きくなっていたのに加え、下の子が小学校に上がったというのも痛手でした。

 

お子さんがいらっしゃるご家庭の方なら理解して頂けるかと思いますが、子供が小学校に上がるというのは非常にお金のかかるイベントです。

 

ランドセルや制服・そして勉強机と、小学校の入学に必要な用品も全てクレジットカードのリボ払いで購入していたのですね。

 

そうした、普段以上のクレジットカードの利用がたたってしまい、クレジットカードで支払いをしている家賃と携帯電話の支払いをすることが出来なかったのですね。

 

家賃と夫婦の携帯電話料金を合わせると、夫婦でおよそ10万円が必要になってしまいます。

 

ハワイ旅行に使用する予定の貯金を利用すれば、家賃と携帯電話料金は支払うことができますが、そうするとハワイ旅行の代金を支払うことが出来なくなってしまいます。

楽しみにしている家族をガッカリさせるわけにはいかない

幸い、妻にはクレジットカードが限度額オーバーになってしまい、家賃と携帯電話料金が未納になっていることを知られずに済みましたので、払い込み用紙は私の通勤用のカバンに忍ばせておきました。

 

家賃と携帯電話料金を支払わなくてはならないので、ハワイ旅行には出かけられないと言ったら、妻と子供がガッカリする顔が目に浮かんでしまいます。

 

カバンの中に家賃と携帯電話料金の払い込み用紙を忍ばせたまま、仕事が手につかない日々を過ごしていましたが払い込み用紙の期限が迫ってきてしまい、結局貯金で支払うことにしました。

 

これで、ハワイ旅行のための旅行代金を支払うことはできなくなってしまいましたが、楽しみにしている家族にハワイ旅行が中止になったことを伝えることができません。

 

もちろん、私自身もハワイ旅行を楽しみにして仕事を頑張っていましたので、なんとか旅行を実現させたいと思っていました。

 

ですので、どうにかして不足の10万円を用意することができないか?という方法を考えることにしたのです。

足りないお金をプロミスで借りることに

ハワイ旅行に足りないお金を用意しよう!と決意した私が思いついたお金を用意する方法は、やはりカードローンでお金を借りることでした。

 

カードローンであれば足りない10万円をすぐに借りることができて、毎月5000円〜10000円程度の支払いであれば自分のお小遣いの中から無理なく返済できると判断したのですね。

 

しかし、カードローンでお金を借りるにあたっては、1つだけ大きなハードルが立ちはだかってしまいます。

 

それが、カードローンでお金を借りたことを妻に悟られてはならないという点です。

 

クレジットカードの限度額がオーバーしてしまい、致し方ないことだとは言っても、借金をして旅行に行くことを妻が気にしてしまうかも知れません。

 

また、良くない用途でお金を使ったのではないか?とあらぬ誤解をうけるのも避けなければいけません。

 

家族にバレないカードローンを中心にカードローン会社を検索すると、条件に合いそうなカードローン会社が「プロミス」でした。

 

プロミスでは、カードを利用することのないカードレスでの利用が可能で、自宅への郵送物なしで利用することができるという点が条件にピッタリでした。

 

今回、家賃と携帯電話料金の払い込み用紙は幸い妻に見られずに私が受け取ることができましたが、やはり自宅に郵送物が届いたら妻にバレてしまうリスクを抱えてしまうことになります。

 

また、プロミスでは初めての利用の場合、30日間の無利息期間があるというのも背中を押してくれたポイントになります。

 

今回の借金は、私の小遣いで責任を持って支払おうと思っていましたので、支払う利息を節約することができるに越したことはありません。

 

今回の私の条件では最も有利なカードローンであると思えましたので、ハワイ旅行に足りないお金はプロミスで借りることにしました。

私がプロミスの審査に通過するために気を付けたこと

ハワイ旅行代に足りないお金を借りるならプロミスが最適だと思いましたので、実際にプロミスに申込みをすることにしました。

 

しかし、プロミスの審査をうけるにあたって、私には不安に思う点が1点ありました。

 

なにしろ、カードローンでお金を借りるのは初めてでしたので、審査に関しての不安はできるだけ潰しておきたいと、ネットで「プロミスの審査の通し方」をかたっぱしから調べてみました。

 

そこで分かったのは、

 

プロミスでは年収の3分の1までしか借りることができない
他社カードローンでの返済に延滞がある場合は注意
スマホ料金などの延滞にも注意が必要

 

ということでした。

 

 

ここで、私が不安だったのは「スマホ料金などの延滞」です。

 

先月のスマホ料金がクレジットカードで引き落とし不能になってしまったため、届いた払い込み用紙でスマホ料金を支払ったので、延滞扱いになっているのではないか?という点です。

 

既にスマホ料金は貯金の中から支払っていましたが、審査にとってどのような影響を与えるのかが不安でした。

 

しかし、とにかく不足の10万円を借りなければいけません。

 

今回、私は家族にカードローンの使用を知られたくないという希望がありましたので、郵送物なしのカードレス取引を利用することにしました。

 

プロミスでカードレスでの利用をするためには、ネットでプロミスに申込みをする必要があります。

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込融資が可能ということでしたが、幸い私はジャパンネット銀行の口座をもっていました。

 

ネットでの申込みは非常に簡単で、全ての項目を入力するまでに10分もかからなかったように思います。

 

借入の目的は「レジャー」そして、少しでも審査のハードルを下げることができればと、希望限度額は10万円で申込みをしました。

 

入力が完了してドキドキしながら審査の結果を待っていると、ほどなくプロミスからの着信があり、審査に通過したということでした。

 

その時に、ひざから崩れ落ちるほどホッとしたことを覚えています。

 

しかし、私にとっては本当に家族にバレずに利用できるかが心配でしたので、オペレーターに「郵送物無し」で利用することが可能なのかを確認してみました。

 

カードを利用しない取引の場合であれば郵送物は発生しない、とのことで、その時に本当に安心することができたのです。

プロミスのおかげで家族と想い出を作ることができた

無事にプロミスの審査に通過することができましたので、振込融資でハワイ旅行代の不足分10万円を借りて、旅行代金を支払うことができました。

 

プロミスのおかげで無事に家族でハワイ旅行に出かけることができました。

 

一時は、旅行の中止も考えていましたが、旅行中に楽しそうにはしゃぐ子供の顔を見ていると、あきらめずにプロミスの審査をうけてよかったなぁと心から思いました。

 

今回、私がプロミスの審査をうける際に不安だった点は、スマホ料金がクレジット払いすることができず、延滞扱いになってしまっていたことです。

 

のちになって調べてみたのですが、スマホ料金などが3か月程度連続で延滞になってしまっている場合は、審査に不利になってしまうことがあるということでした。

 

もちろん、延滞をせずにスマホ料金を支払っているに越したことは無いのですが、1回の延滞ではそれほど気に病むことも無かったようです。

 

また、今回はハワイ旅行代に不足の10万円のみを希望したことも、やはり功を奏したようです。

 

カードローンの審査は、希望する限度額が大きくなるほどハードルが高くなってしまいますので、最低限必要な金額で申込みをした方が無難でしょう。

プロミスを完済するまで

当然のことですが、カードローンでお金を借りたら返済をしていかなければなりません。

 

今回、私がプロミスに借りたのは10万円でしたので、毎月の最小返済金額は4,000円となります。

 

カードレスでの利用をしていましたので、毎月の返済は口座振替での引き落としになり、毎月4,000円を口座に入れておけば返済を続けることは可能です。

 

しかし、最小返済金額での返済では約3年間にわたって返済をしていかなければなりません。

 

返済の期間が長期間になってしまうと、何かの拍子で妻にカードローンを利用したことを知られてしまわないとも限りません。

 

そこで、私は今回借りた10万円を1年間で返済していく返済計画を立てることにしました。

 

プロミスのホームページには、借入の金額・返済期間・金利を入力することで、毎月の返済金額を計算することができる「ご返済シミュレーション」を利用することができます。

 

ご返済シミュレーションで計算をしてみたところ、毎月9000円の支払いを続けていけば1年間で返済を完了することができます。

 

プロミスでの私の毎月の返済方法は口座振替を利用していましたので、そこで引き落とされる金額は4000円。

 

プロミスでは、カードを持っていなくてもプロミスへの振込返済またはネットバンキングの利用で随時返済をすることができます。

 

私はジャパンネット銀行の口座を持っていましたので、残りの5000円をネットバンキングで返済をしていくことにしました。

 

毎月、少ない小遣いの中から合計9000円をねん出するのは正直厳しいものでしたが、タバコの本数を減らすなどして返済を続けていきました。

 

返済から半年ほど経ったときに、プロミスから「増枠が可能です」という連絡がありました。

 

どうやら、毎月繰り上げ返済をしていたことが、プロミスに好印象を与えていたようです。

 

50万円まで増枠可能ということでしたので、万一の為にと増枠をしてもらいましたが、結局今のところ追加で利用することなく返済を続けていけています。

 

まだ、プロミスへの返済は少し残っていますが、あと数か月で完済することができそうです。

プロミスの基本情報

 

実質年率

4.5%〜17.8%

借入限度額

最高500万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

郵送物無しのカードレス利用可能
はじめての方は30日間無利息
2000円分の三井住友VISAプリペイドプレゼント

 

最大手カードローン会社のひとつとなるのが「プロミス」です。

 

プロミスでは、申込み〜借入〜返済の全ての取引をネットで完結させることができる「WEB完結」で「カードレス」での利用をすることが可能となっています。

 

カードレスの利用の場合、家族にカードローンの利用がバレてしまう原因になる、自宅への郵送物無しで利用することができますので、安心して利用することができます。

 

ネット申込みの場合は最短30分で審査完了・最短1時間でお金を借りることができるスピーディな取引スピードも大きな魅力となっています。

 

また、プロミスでは初めての利用の場合、30日間無利息で利用することができますので、返済の際の無駄な利息の支払いを節約することができます。

 

それだけではなく、初めてプロミスを利用する方には、2,000円分チャージ済の「三井住友VISAプリペイドカード」がプレゼントされます。

 

三井住友VISAプリペイドカードは、VISAの加盟店でクレジットカード同様に利用することができますので、非常にお得なプレゼントになりますよね。

旅行代金の不足分は審査にも通りやすい

今回、私は家族で計画をしていたハワイ旅行代が足りないためにカードローンを利用して不足分を貸してもらいました。

 

私が利用したカードローンは「プロミス」

 

プロミスを選択した最も大きな理由となったのが、郵送物無しで家族にバレずに利用することができる点です。

 

カードローンを利用することも家族に相談出来れば一番良いのでしょうが、私は無用な心配をかけたくなかったので家族にカードローンの利用を知られるわけにはいきませんでした。

 

また、今回プロミスの審査をうけるにあたって、借りたお金の使用用途に「レジャー」を選択しましたが、レジャーの場合は若干審査に有利になってくるようです。

 

慢性的にお金が足りない訳ではなく、一時的にお金が必要なのだと判断をされるのですね。

 

今回、プロミスのおかげで家族の想い出を作ることができ、プロミスには感謝の気持ちしかありません。

 

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

 

Top