出産費用が足りない、お金が払えない時に使える便利な制度と解決策とは


 

「子供ができたのは嬉しいけど、出産費用はどうしよう…」

「妊娠したけど、出産っていくらくらいかかるの?」

 

妊娠〜出産は、人生における一大イベントのひとつであることはいうまでもありません。

 

同時に結婚後に最もお金がかかるイベントでもあり、出産費用をどうしよう…と悩んでおられるご夫婦は多いのではないでしょうか?

 

しかし、出産には便利に利用することができる公的制度も整備されており、お金が無い夫婦でも安心して出産をすることができるように配慮されています。

 

今回は、出産に具体的に必要な費用や、お得に使える公的制度などの出産費用が足りない時の解決策を解説していきましょう。

 

 

出産費用はいくらかかる?

妊娠というのは、夫婦にとっても家族にとっても一大イベントのひとつであり、子宝を授かったことを喜ばない方は少ないでしょう。

 

しかし、中には子供ができたことを喜びながらも、出産に対する不安を抱えてしまっている方もいるかもしれません

 

出産とは非常にお金がかかるイベントでもあり、子供が産まれる喜びとともに、出産費用に対する不安がある方も多いでしょう。

 

ご両親に出産費用の援助をしてもらえるという方もいらっしゃるでしょうが、中にはご両親に頼れない事情のある方もいるのではないでしょうか。

 

そうした方の場合、出産費用を夫婦の力だけで用意しなければなりません。

 

まず、出産にはどの程度のお金が必要なのかを把握しておきましょう。

出産・入院の費用

出産をするにあたって、最も大きな出費となるのが出産・入院の費用です。

 

出産のための入院費用には健康保険が適用されませんので、平均として40万円程度の出産・入院の費用を支払う必要があります。

 

出産・入院の費用については健康保険から42万円の「出産育児一時金」が支給されますので、出産・入院についてはそれほど悩む必要はないでしょう。

 

ただし、個室での入院や、マタニティケアのサービスが充実した産院での入院の場合、出産育児一時金では足りない場合もあります。

 

具体的に自分が出産する産院でどの程度の費用が必要なのかは、前もって調べて差額の費用を準備しておくようにしましょう。

出産までの検診費用

出産の費用というと、出産・入院の費用のことだけを頭に浮かべる方が多いでしょうが、出産までにも必要になってくる費用があります。

 

妊娠をしているかの検査、そして妊娠中の妊婦検診費用なども健康保険の対象にならないために、馬鹿にならない負担になってしまいます。

 

初診の場合は15,000円〜20,000円程度の初診料が必要な場合もあり、最低でもその金額は用意しておかなければなりません。

 

また、出産までの検診の推奨回数は15回程度となっており、毎回の検診時には5,000円程度の検診費用が必要になります。

 

検診費用については、各自治体から妊婦検診の補助券が交付されていることもありますので、母子手帳をもらう際に確認をしてみましょう

 

ただし、補助券が利用できるのは母子手帳が交付されたあとになります。

 

母子手帳をもらうまでの初診料などは、自分で用意する必要がありますので注意が必要です。

ベビー用品などの費用

出産というのは非常にお金がかかるイベントのひとつですが、本当にお金がかかってくるのは子供が産まれたあとです。

 

まず、産まれてくる赤ちゃんの為のベビー用品を用意してあげなければいけません。

 

初めての赤ちゃんの場合は、ベビーベッドやベビーバス、そしてベビーカーなどの用品を1から揃える必要があります。

 

ご両親などが近くに居る場合、ベビー用品などはお祝いでプレゼントしてもらえる場合もありますが、やはり最初からあてにする訳にはいきませんよね。

 

身近に先輩ママさんが居る場合などは、おさがりなどをもらう手段もありますが「クレクレ主婦」と思われてしまうのも癪に障ってしまいます。

 

また、紙おむつや肌着などの用品代も馬鹿になりませんので、前もって赤ちゃんの用品はできる限り揃えておきたいものです。

 

出産の際に用品が必要になってくるのは、赤ちゃんだけではなく、妊婦になったママにも必要な用品があります。

 

マタニティ用の服や授乳用のケープなど、ママの為の用品を揃えるのも予算のうちに入れて考えておくようにしましょう。

出産育児一時金とは?

妊娠・出産の際に、最もまとまったお金が必要になってくるのが出産のための入院です。

 

出産のための入院費用は、分娩費用もあわせて約40万円程度の費用が必要になってきます。

 

出産のための入院の費用に関しては健康保険から「出産育児一時金」が42万円支給されますので、それほど不安に感じることは無いでしょう。

 

個室での入院を希望した場合や、妊娠・出産にあたってトラブルがあった場合などを除き、ほとんどの場合は出産育児一時金でカバーすることができます。

 

ただし、出産育児一時金は出産後に受け取りをすることができる制度となっていますので、一旦産院に費用を支払う必要があります。

 

健康保険に加入してさえいれば、出産育児一時金は確実に受け取ることができますので、一時的に出産費用を用意することができれば安心です。

 

産院によっては、クレジットカードなどで支払いをすることが可能な病院もありますので、入院前に確認をしておいた方が良いでしょう。

入院費用を支払うのが難しい場合は

後から確実に戻ってくるお金とはわかっていても、一時的に40万円近い大金を支払うことが難しい場合もあるでしょう。

 

お互いの両親などに頼ることができない場合などに、若い夫婦で支払いをするには40万円を超える入院費用はあまりにも大きな負担になってしまいます。

 

入院費用の支払いをすることが難しい方の場合には、

 

出産育児一時金の直接支払い制度
出産一時金受取代理制度

 

などを使用して、産院に直接出産育児一時金を支払ってもらうことが可能となっています。

 

一時的に約40万円の入院費を立て替える必要なく退院することができますので、蓄えの少ない若い夫婦などの場合でも安心して出産をすることができます。

出産一時金受取代理制度と直接支払い制度の違い

入院費用を前もって病院に直接支払いをしてもらえる制度には「直接支払い制度」「出産一時金受取代理制度」を利用することができます。

 

双方ともに、出産育児一時金の42万円を病院に直接支払ってもらうことができる制度となっていますが、2つの制度にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

本来、後払いとなる出産育児一時金を先に産院に支払いしてくれることで、退院時の自己負担が無くて済むという基本的な点は両者の制度ともに違いはありません。

 

直接支払い制度と出産一時金受取代理制度の違いとなるのは、制度の使用に当たって健保組合への申請が必要かどうかという違いになります。

 

直接支払い制度の場合は産院との「合意書」のみで、あとは産院と健保組合が出産育児一時金の支払いの手続きを進めてくれます。

 

出産一時金受取代理制度では、出産予定日の2か月前以降に健保組合への事前申請自ら行う必要があります。

 

どちらの制度を利用することができるかについては、分娩する産院によっても変わってきますので、事前に病院に問い合わせをしておきましょう。

お金が無いと出産は難しい?

妊娠・出産に当たって、最も大きな出費となってくるのは分娩・入院の費用です。

 

ただし、妊婦検診の費用も回数を重ねれば負担になってしまいます。

 

また、近年では分娩の前に医療費の踏み倒しを防止するために「分娩予約金」の入金が必要な産院も増えています。

 

こうなってくると、お金が無いと出産が難しいかなと思ってしまいますが、そうした費用を支払う際にも利用することができる制度は存在します。

妊婦検診の補助券は積極的に活用しよう

1回あたり約5,000円の検診費用が費用となる「妊婦検診」ですが、母子手帳をもらう際に妊婦検診の「補助券」をもらうことができます。

 

各自治体で母子手帳を発行してもらう際に補助券の交付をうけることができ、自治体によっても異なりますが、約5万円分程度の検診の補助をうけることができます。

 

妊婦検診の推奨回数は15回程度と言われていますので、全額補助というわけにはいきませんが、非常に助かる制度となっていますよね。

 

ただし、補助券が交付されるのは母子手帳が交付されてからとなっており、妊娠したかを検査する初診の際には利用することができませんので、注意が必要です。

出産費用資金貸付制度とは?

分娩予約金が必要な産院で分娩をする際に、分娩予約金が支払えない場合は「出産費用資金貸付制度」を利用することができます。

 

出産費用資金貸付制度では、健康保険から支給される出産育児一時金の9割を無利子で借入することができる制度となっています。

 

出産前に費用が必要な妊婦が、安心して出産を行うことができるように整備された制度が出産費用資金貸付制度なのですね。

 

出産費用資金貸付制度は妊娠4か月以上であれば利用することができる制度となっていますので、分娩予約金が無い場合にも利用することができます。

最終手段として無利息期間のあるカードローンも!

ここまで、妊娠・出産の際にお金が足りない場合に利用することができる制度をご紹介してきましたが、中には制度で賄うことができない費用もあります。

 

例えば、妊娠中のマタニティ用品や、ベビー用品の用意の為の費用などは支給してくれる制度がありません。

 

また、15,000円〜20,000円が必要な初診料なども、補助券の交付前ですので自分で支払いをする必要があります。

 

そうした、制度を利用することができない費用が足りない場合、最終手段としてカードローンを利用するという手段もあります。

 

カードローンの中には、30日間無利息サービスなど、一定期間を無利息で利用することができるサービスを提供している会社も多くあります。

 

カードローンの利用に不安を抱えている方の多くが、無駄な利息を支払いたくないという理由でカードローンを敬遠されているのではないでしょうか。

 

無利息期間の付いたカードローンの場合、支払う利息の金額も最小限に抑えることができますので、返済の際も安心して利用することができるのですね。

 

妊娠中はホルモンバランスも崩れてしまいますので、少しの不安でうつになってしまう可能性も少なくありません。

 

無利息期間の付いたカードローンで不足のお金を借りることで、安心して出産に臨むことができるのであれば、カードローンの利用も有意義になってくるかと思います。

 

出産後、育児がある程度落ち着けばパートに出て働くこともできますので、返済計画に余裕を持つことができる、無利息期間付きのカードローンがおすすめなのですね。

出産費用の不足に助かる無利息期間ありのカードローン3選

マタニティ用品・ベビー用品・初診料などの、制度を利用することができない費用も足りないという方も少なくないでしょう。

 

そうした費用の不足の場合には、無利息期間ありのカードローンで足りないお金を借りるというのもひとつの方法となってきます。

 

ここでは、安心して利用することができるおすすめのカードローンをご紹介していきましょう。

プロミス

 

実質年率

4.5%〜17.8%

借入限度額

最高500万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

カードレス利用で旦那にバレずにカードローン
2,000円分のVISAプリペイドカードプレゼント
30日間の無利息期間あり

 

カードレスの利用が可能で、家族にバレずに利用することができる人気のカードローンが「プロミス」です。

 

カードレスの利用では、自宅への郵送物なしでカードローンを利用することができますので、ご主人にバレることなくカードローンを利用することができます。

 

出産に必要な費用とはいえ、ご主人に心配をかけたくないから、内緒で利用したいという奥さんは多いでしょう。

 

家族にカードローンがバレてしまう、最もリスクが高い郵送物なしで利用できるので、安全にカードローンを利用することができるのですね。

 

また、プロミスをはじめて利用した方には、最高2,000円分のVISAプリペイドカードがプレゼントされる特典もあります。

 

VISAプリペイドカードは、VISAの加盟店でクレジットカードと同じ感覚で利用することができますので、ちょっとした小遣いになりますよね。

 

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

アコム

 

実質年率

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

ネット申込みで審査結果が速い!
オペレーターが親切なので、初めての利用でも安心
30日間の無利息期間あり

 

業界最大手のカードローン会社のひとつとなっているのが「アコム」です。

 

アコムの最も大きなメリットとなるのが、審査の際やカードの利用の際に対応してくれるオペレーターに親切な方が多いという点です。

 

アコムの社員教育が行き届いている、ということだと思いますが、初めてのカードローンの利用で不安がある場合でも、安心して利用することができます。

 

万一、支払いの期日に遅れてしまいそうな場合でも、オペレーターが親身になって解決方法を提案してくれます。

 

また、アコムはネット申込みから実際の融資までのスピードが速いのも大きなメリットのひとつとなっています。

 

初診料の支払いが足りそうになくて不安な際にも、その日の内に最短1時間でお金を借りることができますので、安心して検診をうけることができるのですね。

 

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

 

制度やカードローンの利用で、出産以外の不安を排除する

妊娠・出産というと、家族の一大イベントであると同時に、女性の方にとっては命がけのイベントでもあります。

 

10か月以上もの長期間、お腹に数キロの子供を抱えて体調を崩してしまったり、ツラい想いをしている妊婦の方は多いのではないでしょうか?

 

そんな、命がけの出産の前には、出産以外の心配は排除しておくべきです。

 

出産費用をどうしよう、産まれてからのお金はどうしようと悩んでしまっていたら、元気な赤ちゃんを産むことは難しいですよね。

 

出産に足りない費用は、各自治体の便利な制度を利用することもできますし、最悪足りないお金は無利息期間の付いたカードローンで借りることもできます。

 

悩む前にカードローンの審査を受けてみて、最終的には借りることもできる!と余裕を持っておくことも重要です。

 

Top