ケータイ代が払えない場合どうする?スマホが止まる前にお金を借りる


 

「今月、お金無いからケータイ代金払えないな…」

「ケータイ代払えないから、止まったら恥ずかしいな」

 

スマホをお使いの方の場合、毎月のケータイ料金は約1万円前後必要になってくるランニングコストとなってしまいます。

 

毎月、小さくない支払いが必要となってしまいますので、時にはケータイ代金を支払うことができないというケースもあるのではないでしょうか?

 

「ケータイ料金」というと、なんとなくライトな印象で、支払いが遅れてしまうことが当たりまえになってしまっている方もいるかも知れません。

 

しかし、ケータイ料金は、他の支払いに優先してでも支払っておくべき費用のひとつです。

 

ここでは、ケータイ料金を払えなかったらどうなるのか?また、ケータイ料金が払えない場合の対処方法を詳しく解説していきましょう。

 

 

今月ピンチでケータイ代が払えない!ケータイ代が払えないとどうなる?

毎月、約1万円弱のランニングコストとしてかかってくるケータイ電話の料金。

 

出費の多かった月によっては、ケータイ代金を支払うことができないというケースもあるかも知れません。

 

各ケータイ会社の締め日と支払い日は、

 

 

締め日

支払い日

ドコモ

月末

翌月末

au

月末

翌月25日または月末

ソフトバンク

10日

翌月6日

20日

翌月16日

月末

翌月26日

 

このように、締日から支払日までに1ヶ月弱の支払いサイトが設けられています。

 

基本的にケータイ料金の支払いは、銀行口座からの口座振替、もしくはクレジットカードで支払いを設定している方が多いのでしょう。

 

口座振替でケータイ代金を支払っている方の場合を例にあげると、支払い日に銀行にケータイ料金分の残高が残っていない場合、未払いとなってしまうのですね。

 

ドコモケータイをお使いの方は、月末に一度口座振替ができなかった場合、翌月15日に再振替が行われます。

 

再振替を行ってもケータイ料金の引き落としができないと、払い込み用紙の付いた「督促状」が郵送されます。

 

また、au・ソフトバンクは再振替がありませんので、支払い日に口座振替ができなかった時点で督促状が郵送されてしまいます。

最悪の場合、スマホが止まってしまうことも

各ケータイ会社の支払い期限に口座振替をすることができず、督促状が届いてしまうと、早急にケータイ料金の支払いが必要となります。

 

ケータイ会社から郵送される督促状には「お支払い期限」が記載されており、支払い期限までにケータイ料金の支払いをすることができなければスマホが止まってしまいます。

 

督促状に記載されている期限までは、普段通りにスマホを利用することができますが、支払い期限を過ぎてしまうとスマホが止められてしまいます。

 

スマホの回線が止められてしまった場合、通話機能やSMSなどを利用することができなくなってしまいます。

 

ソフトバンクのケータイをお使いの方は、スマホが止められてしまっても着信のみは可能ですが、自分から発信をすることができなくなってしまいます。

 

ドコモ・auのケータイをお使いの方の場合は、着信もすることができませんので、知り合いから着信があった時には「お客様のご都合でお繋ぎできません」という悲しいアナウンスが流れてしまいます。

 

ケータイ料金が払えなくてスマホが止まってしまうということは、学生のころならまだ笑い話になるかも知れませんが、社会人になると信用に関わってしまいます。

 

せいぜい1万円程度のスマホ料金を管理することができずに、スマホを止めてしまうあなたのことを、会社の上司や同僚はどのように評価するでしょうか?

 

1万円程度のお金も管理することができない、だらしないヤツという印象が付いてしまい、仕事の評価にも悪いイメージを付けてしまうのは言うまでもありませんよね。

督促状が届いた段階で、支払いの延滞であることを肝に銘じておく

私にも身に覚えがありますが、スマホをお使いの方の中には「督促状が届いてから支払う」ということがクセづいてしまっている方も居るのではないでしょうか?

 

ケータイ会社の料金は、口座振替ができなくても特別電話などで催促をしてくることもなく、督促状のみを郵送してきます。

 

口座振替に遅れてしまっても、ケータイ会社からのアクションも特にありませんので、支払いに延滞しているという意識が薄くなってしまうのが、ケータイ料金を延滞してしまう方の傾向です。

中には、純粋に「督促状」をケータイ料金の「請求書」だと勘違いをしている方も少なくないでしょう。

 

しかし、ケータイ会社から送られてくる「督促状」は、しっかりとペナルティの付いた警告のハガキです。

 

督促状が届いた段階で、既に本来支払いをしなければならない期日から延滞をしてしまっている状態ですので「延滞利息」が発生してしまいます。

 

延滞利息は、各ケータイ会社ともに「14.5%の年率」で計算されますので、約1万円のケータイ料金を1ヶ月延滞した場合、約120円の利息が発生します。

 

また、督促状の発行手数料が100円程度、コンビニなどで支払う際の払い込み手数料が200円必要になりますので、督促状でケータイ料金を支払うと約400円強の無駄な手数料を支払っているのです。

 

もし、毎月のケータイ料金を督促状が届いてから払うクセがついてしまっている方は、年間5,000円弱も無駄な手数料を支払っているのですね。

スマホが止まっても支払いを放置していると…?

近年では、スマホのモバイル回線が止められてしまっても、Wi-Fi環境であればスマホのある程度の機能を利用することができます。

 

通話やメールなども、LINEなどのメッセージアプリを利用すればスマホを止められてしまっていても利用することが可能です。

 

ですので、中にはスマホが止まってしまっても「とりあえず使えるから」と、軽く考えてしまっている方も多いでしょう。

 

料金未払いのペナルティはスマホが利用停止になったことで終了、と勘違いをしてしまっている方もいらっしゃるかも知れません。

 

しかし、当然のことながら、スマホの料金は回線が止められようと支払いをしなければなりません。

 

ケータイ代は前月までに利用した料金が請求をされる形になっていますので、既に支払いをした代金を支払わなければならないのは当然のことなのですね。

 

スマホが止められてしまっていてもケータイ電話の支払いを放置し続けていると、最悪の場合はケータイ電話の契約解除になってしまいます。

 

ケータイ代が2か月〜3か月未払いの状態が続いてしまうと、強制的にケータイ電話の契約が解除されてしまいます。

 

契約解除になってしまった場合は、未払いのケータイ代が債権回収業者などに移譲され、差し押さえなどで未払い料金を回収されてしまいます。

 

また、悪質であると認めらえた場合には、裁判などに発展してしまう場合もありますので、ケータイ代を支払わずに逃げ切るということは考えない方が良いでしょう。

 

未払い状態が続いて、ケータイ電話が契約解除されてしまった場合には、以後、ケータイ電話を新規で契約することができなくなってしまうケースもあります。

 

近代の1人に1台スマホの時代に、ケータイ電話を契約することができなかったら、とてもじゃありませんがまともな生活を送ることはできませんよね。

 

ケータイ電話の料金だからと、甘く見て放置してしまっていると、取返しの付かないトラブルに発展してしまうこともあるのですね。

端末代金の滞納はクレジットカード・カードローンの審査にも影響する!

最近のスマホは、まさに小型のコンピューターとでもいえるもので、非常に高性能な機能を持っている機種が多くなっています。

 

高解像度のカメラ機能や、おサイフケータイ機能、ゲームやアプリなど、スマホは手のひらの中に納まる高性能コンピューターなのですね。

 

ですので、当然のことながら近年のスマホは機種代金も非常に高額になっています。

 

ほとんどの方が、ケータイ電話を契約する際に、毎月のケータイ代と同時に支払う「機種代金の分割」を利用しているのではないでしょうか?

 

ケータイ電話の機種代金を、月々の分割支払いにしている方の場合、ケータイ代を滞納してしまうと取返しの付かないことになってしまうことがありますので注意が必要です。

 

スマホの機種代金を分割する、というと非常にライトな印象を受けてしまい、なんの疑問も持たずに機種代金を分割で契約している方も少なくないでしょう。

 

しかし、スマホの機種代金の分割払いは、商品の月賦払いとなりますので、カードローンやクレジットカードの利用と同じ「借金」であることを知っておかなければなりません。

 

カードローンやクレジットカードの支払いを延滞してしまうとどうなるかは分かりますよね?

 

カードローンやクレジットカードの利用状況や返済状況は「個人信用情報機関」に記録されます。

 

ですので、返済に延滞や未払いがあった場合は、個人信用情報機関に記録が残ってしまいますので、新たにカードローンやクレジットカードの審査を受けても審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

 

ケータイ電話の機種代金の分割も、カードローンやクレジットカードと同じように利用状況が個人信用情報機関に記録されます。

 

ですので、ケータイ代だからと軽く考えて延滞を繰り返していると、カードローンやクレジットカードの審査をうける際に非常に不利になってしまうことがあるのです。

 

近年では、このようなケータイ代の未払いが原因で自分でも気づかないうちに「ブラックリスト」入りをしてしまっているケースが少なくありません。

 

カードローンの審査を受けるのが初めてで、収入も平均的な額なのにも関わらず審査落ちをしてしまう方の多くが、ケータイ代が延滞しがちという傾向があるのです。

 

一般的には、支払い日に口座振替をすることができずに督促状が届いてしまう、ということが3か月以上連続してしまうと、カードローンなどの審査通過は難しくなってしまいます。

 

恐らく、ケータイ代を延滞しがちな方の多くが、カードローンの支払いだった場合には、何とかして期日に支払いができるように努力するのではないでしょうか。

 

ケータイ代の支払いというと軽く考えてしまいがちですが、少しの延滞のつもりが大変な結果を招いてしまうこともあるのですね。

ケータイ代金はスマホが止まる前に借りてでもはらうべき

ケータイ代の支払いが遅れてしまうと、スマホの回線を止められてしまい、最悪の場合は契約解除になってしまう場合もあります。

 

また、ケータイ電話は大切な連絡手段でもありますので、スマホが止まってしまうと日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

それだけではなく、社会人になってケータイが止められてしまうと、上司や同僚からの信頼を失ってしまうことにも繋がってしまうのですね。

 

また、スマホの機種代金を毎月のケータイ料金と一緒に月々支払っている方の場合、ケータイ代が延滞してしまうと、自分の信用情報に傷をつけてしまうことにもなってしまいます。

 

ですので、ケータイ代を支払うことができない場合には、カードローンでお金を借りてでも代金を支払っておいた方が無難です。

 

ケータイ代の延滞が連続してしまうと、カードローンの審査に通過することも難しくなってしまいますので、初回に延滞してしまいそうな段階で早めに手を打っておくべきです。

 

近年では、カードローンもスマホで申込みをすることが多くなっていますので、スマホが止められてしまうと、カードローンに申込みをするのも難しくなってしまいます。

 

ケータイ代を支払えそうにないときには、スマホが止まる前にお金を借りて払ってしまいましょう。

ケータイ代を借りるのにおすすめ、少額でも安心して借りられるカードローン3選

ケータイ代を支払うことができないときには、カードローンでお金を借りてでも支払いをしておくべきです。

 

しかし、ケータイ代はせいぜい1万円程度のもの、少額ではカードローンは貸してくれないのではないか?と心配になってしまう方も居るかも知れません。

 

ここでは、1万円程度の少額でも借りやすい、おすすめのカードローンをご紹介していきましょう。

プロミス

 

実質年率

4.5%〜17.8%

借入限度額

最高500万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

 

上限金利でも17.8%だから安心
郵送物なしのカードレス利用可能
初めての方は30日間無利息

「プロミス」では上限金利でも17.8%と、消費者金融系のカードローンの中でも低金利でお金を借りることが可能です。

 

1万円〜5万円程度の少額の融資の場合、上限金利近くの金利が適用されることが多くなっていますが、上限金利でも他社よりも安い金利で借りることができるのですね。

 

また、プロミスでは最小借入金額が1,000円からとなっていますので、ケータイ代の不足分だけを最小限で借りることができます。

 

初めてプロミスで借入をする方には、30日間の無利息期間も用意されていますので、返済の際の負担も最小限に抑えることが可能です。

 

プロミスでは郵送物無しのカードレス利用が可能となっていますので、家族にカードローンの利用がバレたくない場合でも安心して利用することができます。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

アコム

 

実質年率

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

 

パート、アルバイトでも審査に通過しやすい
最小借入金額1,000円から
初めての方は30日間無利息

パート・アルバイトの方でも、安定した収入があれば比較的審査に通過しやすいカードローンが「アコム」です。

 

ケータイ代も足りないという方の場合、やはり収入面でも審査に不安が残ってしまう方は多いでしょう。

 

低収入の方でも、1万円〜3万円程度の少額の融資の場合であれば比較的審査のハードルは低くなっています。

 

また、アコムは借入・返済を1,000円単位で取引することができるので、借り過ぎを防止して、返しやすいカードローンとなっています。

 

初めてアコムを利用する場合には30日間の無利息期間もありますので、返済の際の利息も最小限に抑えることができるのですね。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

SMBCモビット

 

実質年率

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査

10秒簡易審査

融資

最短即日※

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

WEB完結で手間なく借りられる
カードレスでスマートに利用

 

ケータイ代金が不足してしまった場合でも、最も手軽に借りることができるカードローンが「SMBCモビット」です。

 

WEB完結でカードレス利用が可能なSMBCモビットでは、申込みから借入・返済までの全ての取引をネットで申込みすることができます。

 

カードレスの場合、カードの到着を待たずにお金を借りることができますので、ケータイ代の支払い期日が迫っている場合でも安心です。

 

SMBCモビットでは1,000円単位での借入・返済が可能ですので、借りすぎる心配もないのですね。

 

 三井住友銀行グループのSMBCモビット10秒簡易審査限度額800万円、金利3.0%~18.0% 

ケータイ代を一旦カードローンで借りて、格安SIMも選択肢に

ケータイ代というのは前月までに使用した料金を支払うものですので、当然のことながら使ったものは支払わなくてはいけません。

 

また、ケータイが最悪の場合契約解除になってしまうと、新規でケータイを契約することができないばかりか、カードローンの審査にも悪影響を与えてしまいます。

 

ケータイ代を延滞してしまいそうな場合は、躊躇せずにカードローンで審査をうけてでも払った方が、あとあとのダメージは少なくて済むのですね。

 

一旦、足りないケータイ代を借りて支払うことができれば、格安SIMなどに乗り換えてコストを下げる工夫をしてみるのも良いかも知れませんね。

 

Top