犬・猫の急な病気やケガの治療費・病院代が払えない時、お金を借りる最善策


 

「うちの犬がよその犬と喧嘩してケガをしてしまった」

「飼っている猫が嘔吐を繰り返していて心配…」

 

ペットの犬・猫は、飼っている方にとっては単なるペットとしてだけではなく、大切な「家族の一員」となっています。

 

そんな大切な家族が突然の病気やケガになってしまった場合、すぐに病院に連れて行ってあげたいものですよね。

 

しかし、犬・猫の病院代は高額になってしまうことが多く、費用に不安を抱えてしまっている方も少なくないでしょう。

 

ここでは、犬・猫が急なケガや病気にかかってしまった場合に、治療費が不足した際の解決方法を解説していきましょう。

 

 

犬・猫の急な病気やケガには高額な費用が必要

犬・猫を飼っていると、避けて通ることができないのが急なケガや病気などのトラブルです。

 

人間と同じように犬・猫も生き物ですので、当然、ケガや病気にかかってしまうことは充分に考えられます。

 

しかも、犬・猫などの治療費は、人間と違い「健康保険」などが適用される訳ではありませんので、非常に高額になってしまいがちです。

 

犬・猫を飼っている方を対象としたアンケート結果では、犬を飼っている方の6割・猫を飼っている方の3割が年間3万円以上の治療費を支払っているという結果がでています。

 

治療費の額としては、完全に人間よりも犬・猫の方が高額な病院代が必要になってしまうのですね。

 

特に、犬・猫が高齢になってくると、人間と同じように病気にもかかりやすくなってしまうものです。

 

白内障緑内障を発症してしまった場合には、20万円を超える高額な手術代が必要になってしまうケースもあるのですね。

 

しかし、犬・猫は大切な家族の一員ですので、治療費が支払えないからと、治療を放棄する訳にはいきません。

 

犬・猫を飼っている方にとっては、日ごろから万一の時のための治療費を用意しておくのも、飼い主の責任となるのですね。

犬・猫の良くある病気やケガ

万一の犬・猫のケガ・病気の時の為に備えておきたい治療費。

 

しかし、具体的に治療費がどの程度かかるのかを知っておかないと準備しておくのも難しいですよね。

 

ここでは、犬・猫別に良くある病気やケガをまとめておきますので、参考にして頂ければ幸いです。

犬に良くある病気・ケガ

ひとくちで犬とまとめても、大型犬から小型犬までいますので一概には言えませんが、猫よりも犬の方が治療費は高額になってしまいがちです。

 

特に、大型犬の場合には処置も大変になりますので、高額な医療費が必要になってしまうケースがあるのですね。

 

犬によくある病気やケガをまとめてみましょう。

 

犬同士の喧嘩での

軽いケガ

約8,000円

がん

約30万円〜

胃腸炎

1〜2万円・手術が必要な場合20万円〜

尿路結石

10万円〜15万円

ヘルニア

15万円〜35万円

白内障

20万円〜

 

このように、犬の場合でも人間と同じような病気にかかってしまうケースは多くなっています。

 

特に、手術・入院が必要な重病の場合は、10万円を超える高額な費用が必要になってきますので、覚悟が必要です。

 

しかし、医療費が高額になってしまうからと、病院にかかるのを後回しにしてしまっていては、病気が進行してしまい、後悔してもしきれないということもあります。

 

飼っている犬の様子が普段と違っていたら、すぐに病院に連れて行ってあげるようにしてあげてくださいね。

猫に良くある病気・ケガ

犬と比べると、飼っていても手がかかりにくく、比較的放任していても平気な猫ですが、当然、ケガ・病気にかかってしまうことはあります。

 

ここでは、猫に良くある病気やケガをまとめておきましょう。

 

猫風邪

約1万円〜

皮膚炎

1万円〜3万円

腎不全

15万円〜20万円

尿路結石

3万円〜10万円

異物の誤飲

10万円〜20万円

骨折

10万円〜20万円

 

特に猫は人間と同じように咳や鼻水が出てしまう「猫風邪」をひいてしまうことが多くなっています。

 

人間の場合でもそうですが、子猫や高齢の猫の場合ですと、ただの風邪が大きな病気を招いてしまうことも少なくありません。

 

身体の小さい猫の場合、少しの病気・ケガが致命的なダメージになってしまう事もありますので、異常を感じたらすぐに病院に連れて行ってあげましょう。

1回の受診で治療が完了しない場合も?

犬・猫の病気の中には、1回の受診では治療が完結しない病気も少なくありません。

 

特に、手術・入院が必要な重大な病気の場合は、経過の観察として毎月受診が必要になってしまうケースも多くなっています。

 

ですので、犬・猫が病気になってしまった場合には、病気を治療するための費用とは別に、定期検査の費用も頭に入れて考えておく必要があります。

 

また、猫に多い「慢性腎不全」にかかってしまった場合は、人間と同じように通院での透析が必要になってくる場合があります。

 

透析が必要になってしまうと、毎月の通院の費用だけでも3万円〜5万円の費用が発生してしまいます。

 

こうした、高額な医療費が必要になってくることもある、ということをしっかりと認識して覚悟をしておくことが必要です。

 

自分の子供と同じように、犬・猫が病気になってしまった場合には費用に関係なく治療を受けさせてあげなければならないのです。

ペット保険とは?

こうした、犬・猫の万一の病気やケガに備えるために「ペット保険」に加入しておられる方も多いのではないでしょうか。

 

ペット保険とは、人間の医療保険と同じように犬・猫の万一の病気やケガの際に補償をうけることができる保険です。

 

毎月わずかの掛け金で、万一の際のケガや病気の費用を補償してもらうことができますので、犬・猫を飼っている方にはおすすめのできるサービスです。

 

高額な医療費から、ちょっとしたケガの際の通院費にまで備えることができる保険など、補償の幅も広くなっていますので、万一の際の備えになるのですね。

 

毎月の掛け金も、数百円の負担で掛けることができる保険がありますので、家計に負担をかけることなく保険を備えることができます。

 

大手の保険会社でもペット保険のサービスを提供している会社は多くなっていますので、一度自分の保険の担当営業に相談をしてみても良いかも知れませんね。

病院に行く前に費用が足りないことが分かった場合

犬・猫の万一の病気やケガに備えて、ペット保険に入っておいた方が良いとはわかっていても、やはりなかなかそこまで頭が回らないという方もいらっしゃるでしょう。

 

ペット保険に加入していない場合に犬・猫がケガや病気になってしまった場合には、高額になってしまいがちな医療費を自分で用意をする必要があります。

 

犬・猫の症状を見てみると、どうにも治療費が高額になってしまいそうで、治療費が足りないのではないか?と不安になってしまう場合も多いでしょう。

 

しかし、犬・猫も大切な家族の一員ですので、治療費が無いから病気やケガを放っておく、というのは絶対にできませんよね。

 

治療が遅れてしまうと、最悪の場合は病状が悪化してしまったり、手遅れになってしまったりということもあり得ます。

 

後悔してしまわないためにも、犬・猫がケガや病気にかかってしまった際には、どうにかして治療をうけさせてあげる必要があります。

 

犬・猫を病院に連れて行く前に、費用が不足しそうになってしまうことが分かった場合には、極力治療費を抑えることができる病院を探す必要があります。

 

犬・猫の病院の場合は、人間のように健康保険などが適用されない自由診療となっていますので、病院による治療費の差は大きくなっています。

 

身近に、犬・猫を飼っている方がいれば、どの病院なら安く診てもらえるか?という情報交換をして、できるだけ治療費の安い病院を利用するようにしましょう。

 

ただし、犬・猫の病院選びには、治療費ももちろんですが、大前提として安心して大切な犬・猫の命を預けることができるお医者さん選びが重要です。

 

治療費と評判のバランスのとれた病院を選択して、犬・猫を元気にしてもらうことが第一の条件となってくるのですね。

治療後に費用が足りないことが分かった場合

犬・猫がケガや病気にかかってしまった場合、ほとんどの方が急いで病院に連れていくのではないでしょうか?

 

病気をしがちな子の場合、おおよそどの程度治療費が必要か?といったことも想像できますので、事前に治療費を用意して診察に行くことも可能です。

 

しかし、ケガや病気のために病院にかかることがはじめての場合治療が終わった後の治療費の請求にビックリしてしまうということも少なくないでしょう。

 

健康保険の使用できない犬・猫の治療費は、人間の治療費とは比べものにならないほどの高額になってしまうのです。

 

ですので、実際に治療をしてもらったあとに治療費が足りなくなって焦ってしまう、という方も少なくないのですね。

 

治療後に費用が足りないことが分かった場合でも、既に治療をしてもらった治療費は当然のことながら支払いをしなければなりません。

 

動物病院の場合、病院によっても異なってきますが、治療費が高額になってしまった場合には分割などの対応をしてくれる病院もあります。

 

また、支払い方法にクレジットカードを利用することができる病院もありますので、クレジットカードの分割で支払いをするという方法もありますね。

病院代を支払わずに放置していると?

診察後に取り急ぎ手持ちのお金が無かった場合には、どうしようもありませんので日を改めて支払いをすることになるケースもあるでしょう。

 

しかし、人によっては病院からの支払いの催促を無視して、支払いを放置してしまっている方もいるかも知れません。

 

既に治療をしてもらった病院代金を支払わずに放置してしまっていると、最悪の場合は病院が警察などに被害届を出してしまう場合があります。

 

病院の側からすると、治療したお金を払ってもらえないのですから当然の対応ですよね。

 

治療後に費用が足りない場合でも、放置したり逃げたりするのではなく、しっかりと病院と話し合って解決策をみつけることが大切です。

日ごろから犬・猫の健康管理をしておくことも重要

犬・猫のケガや病気の中には、避けることができないような致し方ないケースだけではなく、飼い主が防ぐことができた病気もあります。

 

たとえば、過度な肥満が原因になってしまう病気などの場合、日ごろの食事制限などで防ぐことができる病気であることも少なくないのですね。

 

犬や猫は自分で体調管理や栄養管理をすることができませんので、病気になりにくい身体を作ってあげるのも飼い主の責任になってくるのです。

 

また、現在元気いっぱいの犬や猫でも、人間と同じように高齢になってしまうと病気にもかかりやすくなってしまいます。

 

元気なうちにペット保険に加入するなど、万一の病気やケガに備えておくことも大切になってくるのですね。

足りない治療費を一時的にカードローンで借りるという手段も

大切な犬・猫がケガや病気になってしまった場合には、お金が無いからと治療をうけさせないという訳にはいきません。

 

犬・猫の急なケガや病気の治療費が足りない場合、一時的にカードローンを利用してお金を借りるという手段もあります。

 

近年では、ネット申込で最短1時間程度でお金を借りることができるカードローンも多くなっています。

 

そうしたカードローンを利用すれば、犬・猫を診察してもらっている間に不足のお金を借りることも可能なのですね。

 

病院によっては、手持ちのお金が無い場合、日を改めての支払いの相談に乗ってくれる病院もあります。

 

しかし、通院が必要な場合、やはり未払いの治療費を支払っておかないと、なかなか治療には行きにくくなってしまいますよね。

 

費用がないからと、犬・猫の治療を後回しにしてしまっては、後悔してしまう結果になってしまうことにも繋がりかねません。

 

犬・猫の病気の場合には、借りられるところからお金を借りて用意する、というのが最善の解決策になるのではないでしょうか。

犬・猫の急な病気やケガの際に費用を借りることができるカードローン

近年では、ネット申込みで最短1時間程度でお金を借りることができるカードローンも多くなっています。

 

診察の間に審査をうけることもできますので、治療費が足りないかもと不安に思った段階でお金を用意することができるのですね。

 

ここでは、犬・猫の急な病気やケガの際に、安心して利用することができるカードローンをご紹介していきましょう。

プロミス

 

実質年率

4.5%〜17.8%

借入限度額

最高500万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

 

カードレス申込可能でスピーディ
30日間の無利息期間あり
主婦でもパートをしていれば申込み可能

 

「プロミス」では、カードレスでの申込みが可能になっており、スピーディに申込みをすることができます。

 

カードレスの場合、来店不要でカードの到着を待たずにお金を借りることができますので、犬・猫の治療費を急ぎで借りなければならない場合でも安心して利用することができます。

 

また、プロミスでは初めての利用の場合、30日間無利息で利用することができますので、無駄な利息の負担も少なくお金を借りることができます。

 

プロミスでは、主婦の方でもパートで安定した収入があれば申込みをすることができます。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

アコム

 

実質年率

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

 

審査の速さはピカイチ!
30日間の無利息期間あり
35日サイクルの返済で余裕を持って返済できる

スピーディにお金を借りる必要がある場合には「アコム」は非常に頼りになるカードローンです。

 

ネット申込みでは最短30分で審査結果がわかる、非常にスピーディな審査がアコムの魅力となっており、診察の待ち時間にスマホで審査をうけることも充分に可能です。

 

初めてアコムを利用する場合には、30日間の無利息期間を利用することもできますので、返済の際の利息の支払いを最小限に抑えることができるのですね。

 

また、アコムでは返済方法に35日のサイクル制も選べますので、余裕を持った返済計画を組むことが可能です。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

SMBCモビット

 

実質年率

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査

10秒簡易審査

融資

最短即日※

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

WEB完結でスピーディな取引
オリコン満足度NO1の安心感

 

WEB完結のカードローンの代表格ともいえるのが「SMBCモビット」です。

 

SMBCモビットでは、審査から借入・返済までの全ての手続きをネットで完結させることができる、WEB完結のカードローン。

 

SMBCモビットはオリコンランキングでのカードローン満足度調査でNO.1を獲得しており、安心して利用することができるカードローンなのです。

 

 三井住友銀行グループのSMBCモビット10秒簡易審査限度額800万円、金利3.0%~18.0% 

まずは、犬・猫を元気にさせることを考えよう!

家族の一員である犬・猫が、急なケガや病気になってしまった際には、どうしても慌ててしまいますよね。

 

どこの病院に連れていけばいいのだろう、重い病気ではないだろうかと、心配になってしまうのは当然です。

 

しかし、犬・猫の病院では健康保険を利用することができせんので、治療費も心配になってしまいます。

 

ペット保険などに加入していない場合、高額な病院代をどうやって用意しようかと言った点も不安になってしまいますよね。

 

とにかく、犬・猫がケガや病気になってしまった時には、元気にさせることを第一に考えて、不足の費用はカードローンで借りるというのが最善策なのではないでしょうか。

 

Top