キャッシングとカードローンの違いは?今さら聞けない借入・返済方法の違い


 

「お金を借りるのにキャッシングとカードローンどちらがお得?」

「キャッシングとカードローンって何が違うの?」

 

双方ともに、お金を借りることができるサービスであるキャッシングとカードローン。

 

しかし、キャッシングとカードローンの明確な違いを説明することができる方は少ないのではないでしょうか?

 

それだけではなく、カードローンを利用するにあたっては、いまいち意味が分からない用語も多いものです。

 

今回は、キャッシングとカードローンの借入・返済方法の違いから、いまさら聞けないカードローン用語の疑問を解消していきましょう。

 

キャッシングとカードローンって違うの?

ともに、お金を借りることができるサービスであるキャッシングとカードローンの明確な違いはどのような点になってくるのでしょうか。

 

大枠で考えると、

 

クレジットカードのキャッシング機能のことを「キャッシング」
銀行カードローンや消費者金融系カードローンのことを「キャッシング」

 

という認識でほぼ間違いはないでしょう。

 

キャッシングという言葉の意味を考えると、数万円〜数十万円の比較的小口の融資のことをキャッシングと呼び、大口の融資をカードローンと呼ぶ場合もあります。

 

また、クレジットカードのキャッシングとカードローンでは、借入・返済の方法にも違いがあり、同じお金を借りる目的の商品でありながら両者には違いが少なくありません。

 

利用者によって大きな判断基準となる金利面についても、カードローンと比べるとキャッシングの方が高めになっている傾向があります。

 

従前では、キャッシングは翌月一括払いで返済ができる程度の小口融資のみをさす言葉となっていました。

 

ですが、近年ではキャッシングの際の返済も分割払いやリボ払いに対応しているものが多くなっており、両者の区別が分かりにくくなってしまっているのですね。

クレジットカードのキャッシングって?

大枠の考え方として、クレジットカードのキャッシング機能のことを「キャッシング」と呼ぶことが多くなっています。

 

単純に「カードローン」「キャッシング」と分ける場合には、銀行や消費者金融のカードローンクレジットカードのキャッシングを区別していると考えて良いでしょう。

 

クレジットカードには、本来の目的であるお買い物を後払いにする機能に加えて、お金を借りることができるキャッシング機能を利用することができます。

 

クレジットカードでお金を借りるサービスが開始した当初は、キャッシング機能はあくまでも翌月一括で返済ができる程度の少額の融資のことを指す言葉でした。

 

しかし、消費者金融系カードローンなどが増加してきた際に、翌月一括の返済のみという返済方法はユーザーのニーズに合っていないということになり、お金を借りたいユーザーは当時の「街金」「サラ金」と言った、現在でいうところの消費者金融系カードローンを利用するようになったのですね。

 

クレジットカード会社としては、そうした顧客の流出を防ぐために返済方法で分割やリボ払いなどを選択可能に改善し、現在のような形になってきたのです。

 

ですので、本来は、

 

一括で返済する借金=キャッシング・
分割で返済する借金=カードローン

 

という分け方をしていたのですが、その定義が崩れて「銀行・消費者金融はカードローン」「クレジットカードはキャッシング」という形に定着していったのですね。

クレジットカードのキャッシング機能のメリット

クレジットカードでは、商品を購入する為の本来の目的に加えて、お金を借りる機能のキャッシングを利用することができます。

 

同じお金を借りる目的の商品としては、銀行・消費者金融のカードローンもあります。

 

同じ目的を持つ商品同士でもあり、区別も曖昧なこの2つのサービスは良く比較されているサービスでもあります。

 

基本的には、お金を借りるという目的ひとつを見た時には、お金を貸すことを専門にサービスを提供しているカードローンの方が有利となっています。

 

しかし、やはり全ての方がお金を借りる際にカードローンを利用しているわけではなく、クレジットカードのキャッシング機能を利用されている方も多いでしょう。

 

それでは、クレジットカードのキャッシング機能を利用するメリットというと、どのような点が挙げられるでしょうか。

 

クレジットカードのキャッシング機能を利用する、最も大きなメリットとなるのが、何と言っても「手軽に利用をすることができる」点です。

 

以前は、クレジットカードを持つことに抵抗がある方も少なくは無かったでしょうが、近年では1人に1枚以上のクレジットカードを保有しているのは当たり前の時代です。

 

特に、キャッシュレス化が進んでいる昨今では、ネット通販や音楽のストリーミングサービスを利用するのにもクレジットカードは必須のアイテムとなっています。

 

クレジットカードのキャッシングの場合、手持ちのクレジットカードでそのままお金を借りることができるという手軽さがあります。

 

クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合には、キャッシング枠を利用する為の審査が必要になりますが、既にカードをお持ちの場合はコールセンターへの電話一本で申込みが完結します。

 

クレジットカードを新規で申込みする際に、キャッシング枠もあわせて申込みをしているという方も多いのではないでしょうか。

 

カードローンを利用する場合には、新規でカードローンの審査を申込みする必要があります。

 

近年ではネット申込みで来店不要の申込みが可能なカードローンも多くなっていますが、既に申込み済のクレジットカードのキャッシング機能を利用するのと、どちらが手間が少ないのかは考える必要もありませんよね。

 

また、イメージの問題でも消費者金融系のカードローンを敬遠される方は少なくありません。

 

現在では、カードローンの貸金業法も改正されており、クリーンな営業をしているカードローンがほとんどですが、やはりバブル期の「街金」「サラ金」のイメージを親世代から刷り込まれている若者も多いものです。

 

ですので、比較的手軽に利用することができ、さらにクリーンなイメージを持っているクレジットカードのキャッシング機能にメリットを感じられている方も多いのです。

消費者金融をキャッシングと呼ぶこともある?

今回は大枠の定義として、

 

クレジットカードのキャッシング枠=キャッシング
銀行や消費者金融のカードローン=カードローン

 

という分け方で問題ないという解説をしてきました。

 

しかし、消費者金融のカードローンのことを「キャッシング」と呼ぶこともあり、利用者はキャッシングとカードローンの区別がつきにくくなっているのですね。

 

消費者金融系のカードローンのことを「キャッシング」と呼ぶ際には、カードローンと呼ばれるのは「銀行カードローン」のみとなっています。

 

その背景としては、バブル崩壊後に制定された貸金業法の改正が背景にあるのではないでしょうか?

 

バブル期には、現在の消費者金融は「街金」「サラ金」などと呼ばれ、現在と同じように「カード」を利用してお金を借りることができました。

 

しかし、利用者の返済能力を超えた過度な貸付や、取り立てなどが問題になり、現在の貸金業法が制定されることになりました。

 

その際に、街金・サラ金という呼称はイメージが悪いということで「キャッシング」という呼称が使われるようになっていったのですね。

 

また、それと時を同じくして、それまで企業向けの大口融資しか積極的に融資を行っていなかった銀行が、個人向けのローン商品を展開していきます。

 

そうした銀行のフリーローンの商品が「カードローン」と名付けられたのです。

 

こうした背景があり、消費者金融は「キャッシング」銀行のフリーローンは「カードローン」と呼ぶ流れが根付いていったのですね。

 

しかし、現在では大手消費者金融の多くが、銀行と提携または銀行のグループ企業となっています。

 

ですので、現在では消費者金融のローン商品もカードローンと呼ばれるようになってきたのですね。

キャッシングとカードローンを比較

基本的な分け方としては、やはり「銀行・消費者金融のカードローン」「クレジットカードのキャッシング」という区別で問題は無いでしょう。

 

上記では「お金を借りるならカードローンの方が有利」という説明をしていますが、それぞれの角度で比較をした時にどのような違いがあるのでしょうか?

 

ここでは、項目を分けてキャッシングとカードローンを比較してみましょう。

キャッシングとカードローンの限度額の違い

キャッシングとカードローンを比較した場合に、大きな違いとなってくるのは「利用限度額」の違いです。

 

利用限度額とは、最大でいくらまでお金を借りることができるのか?という限度になる金額のこと。

 

カードローンの場合では、利用限度額のことを「借入限度額」と表記することが多く、大手のカードローンの借入限度額は500万円〜800万円程度に設定されています。

 

また、比較的大きい限度額で利用することができる銀行カードローンの場合には、1,000万円を超える限度額でローン商品を提供しているカードローンも少なくありません。

 

クレジットカードの利用限度額は「利用限度枠」などと表記されることが多くなっていますが、カードローンの借入限度額とは考え方が少し異なります。

 

クレジットカードの場合、基本となる機能はお買い物に利用する為の「ショッピング機能」ですので、あくまでもキャッシング機能は「ショッピング機能」に付帯するサービスとなります。

 

利用限度枠を設定する際にも主従関係が影響します。

 

クレジットカードの利用限度枠は、ショッピング枠・キャッシング枠がそれぞれ設定されますが、双方の枠をMAXで使うことができるわけではありません。

 

基本的にはキャッシング枠よりもショッピング枠の方が大きな金額で設定されていますが、あくまでもキャッシング枠はショッピング枠の枠内でしか利用することができません。

 

少し複雑になってきますので、具体的な例を挙げて説明をしてみましょう。

 

ショッピング枠100万円・キャッシング枠50万円のカードの場合、

 

ショッピングで50万円を利用した場合、キャッシングは50万円利用することができる
ショッピングで50万円、キャッシングで50万円を利用した場合、ショッピング枠は0円となる
ショッピングで100万円を利用した場合、キャッシング枠は0円となる

 

このように、ショッピング・キャッシングのそれぞれの枠を利用すると、片方の枠を利用していなくても実際に利用できる枠は少なくなってしまいます。

 

また、全体の利用可能枠についても、年会費無料のクレジットカードなどの場合、100万円程度が限度となっていることが多く、キャッシングに利用できる枠は少なくなる傾向があるのですね。

キャッシングとカードローンの利息の違い

また、利用者にとって大きな違いとなるのが、キャッシングとカードローンの利息の違いです。

 

カードローン・キャッシングでお金を借りた場合には「借入金額+利息」を返済する必要があります。

 

ですので、お金を借りる際の利息が低いほど、返済をする際の負担は少なくなるのですね。

 

クレジットカードのキャッシングの金利は、約18%程度で固定されています。

 

それに対して、カードローンの金利は3.0%〜18.0%など、変動金利で設定されています。

 

下限金利と上限金利に幅のあるカードローンの場合でも、新規契約で少額の借入の場合は上限金利近くの金利が設定されることが多くなっています。

 

しかし、借入金額が大きい場合や長期で返済を続けている場合などには、金利が見直されるケースも少なくありません。

 

先でも説明をしたように、キャッシングはそもそも少額の融資を想定して提供されているサービスです。

 

ですので、金利も少額の融資向けに設定された固定金利となっていますので、カードローンに比べると金利の面でも不利になってくるのです。

キャッシングとカードローンの借入・返済方法

キャッシングとカードローンを利用する際に、大きな違いとなっているのは借入・返済の際の利用方法です。

 

カードローンの場合は、お金を借りることを目的として提供されている商品となっていますので、借入・返済の利便性を追求した商品になっています。

 

借入の際は、カードを利用したATMでの取引や、24時間対応の振込融資など、いつでもお金を借りやすい仕組みが作られています。

 

また、返済方法の多さもカードローンのメリットとなっており、

 

カードを利用したATMでの返済
口座振替
振込での返済
インターネットバンキングでの返済
コンビニの端末での返済

 

など、多種多様な返済方法が用意されています。

 

それでは、クレジットカードのキャッシングの利用方法としてはどうでしょうか?

 

基本的には、クレジットカードの返済の場合は口座振替でショッピング代金と合わせて返済をしていく形になります。

 

また借入の際にもATMでカードを利用した借入に限定されていることが多くなっています。

 

特に、返済が口座振替で限定されてしまっていると、返済の回数が多くなりがちになってしまい、無駄な利息の支払いも多くなってしまいます。

 

近年では、カードローンと同じように、借入・返済の方法を柔軟に対応しているクレジットカードも多くなっていますが、やはり基本的にはカードローンの方が利便性が高いといえるでしょう。

少額ならキャッシングがお得?

キャッシングは、そもそも少額での融資を想定して提供されている商品となっており、まとまった金額の融資にはあまり向いていない傾向があります。

 

それでは、少額の融資の場合はカードローンを利用するより、キャッシングの方がお得に利用することができるのでしょうか?

 

その答えは「ノー」であると断言することができるでしょう。

 

少額の融資の場合でも、キャッシングを利用するよりもカードローンの方が利息や使い勝手の面を考えても有利に利用することができます。

 

また、消費者金融系のカードローンの場合、一定期間の無利息期間が設けられている会社も多く、少額の場合こそ有利に利用することができるのですね。

 

唯一、キャッシングを利用するメリットとなるのが、手軽に利用することができるという点ですが、近年ではカードローンの融資はスマホ1台で1時間程度の即日融資が可能です。

 

数万円の少額でお金を借りる際も、少しの手間を惜しまずにカードローンを利用した方が、完済時にお得に返済を終えることができるのです。

 

あくまでも、クレジットカードはショッピング用、お金を借りる際にはカードローンで、と上手に使い分けをすることをおすすめします。

似て非なるキャッシングとカードローン、借入・返済方法の違いを知ろう

キャッシングとカードローンは、ともにお金を借りることができるサービスという面では同じようなサービスであると言えます。

 

大枠で考えると、銀行・消費者金融でお金を借りる際にはカードローン、クレジットカードでお金を借りる際にはキャッシングと分けることができますが、その中身は似て非なるものです。

 

特に、借入や返済の方法も、クレジットカードのキャッシング機能では限定されてしまうことがありますので、使い勝手が良いとはいえません。

 

それだけではなく、利息や限度額の面で考えてもキャッシングを利用するよりもカードローンでお金を借りた方が有利に利用できる場合が多いのです。

 

キャッシングとカードローンの違いを良く理解して、しっかりと使い分けを出来るようにしておきましょう。

 

Top