5万円は即日融資できる?給料日前に借りたい方必見!失敗しないお金の借り方


 

「給料日までお金が足りない…」

「突然冷蔵庫が壊れてしまって5万円だけ借りたい」

 

給料日前に5万円程度のちょっとしたお金を借りたいな、という経験をされたことがある方というのは多いのではないでしょうか?

 

お金が必要になってしまう時というのは、高額のお金が必要になってしまうことよりも、5万円程度の少額が必要になってしまうことの方が多いものです。

 

今回は、5万円を即日融資で借りる際に、失敗しないお金の借り方を解説していきましょう。

 

 

給料日前に5万円を即日融資で借りられるおすすめカードローン

給料日前に少し足りないお金を借りる場合には、即日融資で借りることができるカードローンがおすすめです。

 

しかし、初めてカードローンを利用する方の中には、どのカードローンを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、給料日前に足りないお金を安心して借りることができる、おすすめのカードローンをご紹介していきましょう。

プロミス

 

金利

4.5%〜17.8%

限度額

最高500万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

 

カードレス可能で郵送物なし
初めての方は30日間無利息サービス
2,000円のVISAプリペイドプレゼント

WEB完結でのカードレス利用が可能な「プロミス」では、家族にバレたくないカードローンの利用の場合でも安心して利用することができます。

 

カードを発行することなくカードローンを利用することができますので、申込み完了後に最短でお金を借りることができます。

 

プロミスを初めて利用する方には30日間の無利息サービスも用意されていますので、5万円程度の少額の融資の場合は利息0円で利用することもできます。

 

給料日前に5万円を借りても、無利息期間のうちに返済をすれば、利息を支払うことなくカードローンを利用することができるのですね。

 

新規でプロミスを利用する方には2,000円分のVISAプリペイドカードがプレゼントされますので、カードローンの利用で得をすることができるのですね。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

アコム

 

金利

3.0%〜18.0%

限度額

最高800万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

 

業界最速レベルのスピード融資
初めての方は30日間無利息
初めての方でもオペレーターが親切なので安心

業界最速レベルの融資スピードを誇るカードローンが「アコム」です。

 

アコムでは最短30分での審査回答が可能となっており、カード発行前に振込融資で即時お金を借りることができます。

 

また、アコムのオペレーターは丁寧な対応をしてくれる点でも評価が高く、初めてカードローンを利用する際の不安を解消してくれます。

 

5万円程度の少額の融資の場合であれば、パート・アルバイトやパート主婦の方でも比較的柔軟に対応してくれるのもアコムの特徴となっています。

 

アコムを初めて利用する方には30日間の無利息期間も用意されていますので、少額で短期の借入の場合には有利に利用することができます。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

SMBCモビット

 

金利

3.0%〜18.0%

限度額

最高800万円

審査

10秒簡易審査

融資

最短即日※

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

セブン銀行でのスマホATM取引スタート
カードレス利用で郵送物無し
WEB完結なら電話連絡なしでスムーズ

カードローン業界では初となるスマホATM取引をセブン銀行と提携してスタートしたことで注目を集めているのが「SMBCモビット」です。

 

スマホATM取引では、銀行の口座すら利用することなくスマホ1台でSMBCモビットの借入を利用することができますので、非常にスマートにカードローンを利用することができます。

 

給料日前に5万円足りないお金を借りるためにカードローンの申込みをする場合、多くの方が勤務終了後や仕事が休みのタイミングで申込みをされるのではないでしょうか?

 

そうしたタイミングでの申込みで、会社が休みの場合でもSMBCモビットではWEB完結なら電話連絡なしで審査が完了しますのでスムーズに申し込みをすることができます。

 

また、SMBCモビットではWEB完結でカードレスの利用が可能となっていますので、家族にバレずに利用をしたい場合でも安心して利用することができます。

 

 三井住友銀行グループのSMBCモビット10秒簡易審査限度額800万円、金利3.0%~18.0% 

即日融資で5万円を借りられる?

突然の家電の故障や急な出費による生活費のピンチなど、給料日前に5万円が急に必要になってしまうことは多いのではないでしょうか?

 

5万円と言うと、普通の生活をしている所得層の方にとっては決して小さい金額ではありませんので、どうやってお金を用意したらいいかと頭を抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

 

1万円〜2万円ならまだしも、友達に借りる金額としては5万円は少し大きい金額になってしまいます。

 

給料日前にどうしても5万円を用意しなければならなくなってしまった場合には、即日融資が可能なカードローンでお金を借りるという手段があります。

 

近年ではネットの進化により、様々なサービスがスピーディに利用することができるようになっています。

 

カードローンもネットの進化の恩恵を受けたサービスのひとつとなっており、最近ではネット申込みで即日融資でお金を借りることができるカードローンが多くなっています。

 

それどころか、申込み完了後1時間程度でお金を借りる事ができるカードローンも多くなっていますので、急ぎでお金を借りたい際にも安心して利用することができるのですね。

 

給料日前に5万円足りなくなってしまった場合には、即日融資可能なカードローンでお金を借りるのが最も近道となるのですね。

失敗しないカードローン選びのコツ

カードローンを始めて利用する方の中には、カードローンの利用に不安を持ってしまっている方も多いかも知れません。

 

しかし、この不安は持っていないよりも持っておいた方が良いものです。

 

「カードローンは何の心配もない、素晴らしいサービスだ」と説いているサイトは多くありますが、あくまでもカードローンは借金であることを自覚しておかなければいけません。

 

カードローンの利用には利息が発生してしまいますので、何も考えずにカードローンを利用していると、失敗をしてしまうことがあります。

 

ここでは、失敗しないカードローン選びの為に必要なコツをご紹介していきましょう。

金利で選ぶ

カードローンでお金を借りて返済をする際には、借入をした元金に合わせて「利息」を支払う必要があります。

 

利息の計算方法は「借入した金額×金利÷365日×借入日数」となりますので、当然金利が安いカードローンを利用した方が返済の際の負担が少なくて済むのですね。

 

それでは、金利が1%変わると、実際に支払う利息にどの程度の差が出るのかをシミュレーションしてみましょう。

 

5万円を1ヶ月(31日)金利18%と17%のカードローンでそれぞれ借りた場合の利息を計算してみます。

 

金利18%の場合

5万円×18%÷365×31日=764円

金利17%の場合

5万円×17%÷365×31日=721円

 

このように、10万円を借りた場合の1ヶ月の利息は、1%の金利で約40円の違いがあります。

 

80円の差が大きいと考えるか、小さいと考えるかは人それぞれですが、金利が利息に直結して影響してくるのですね。

 

カードローンの実際の金利の表示を見てみると、3.0%〜18.0%などの幅を持たせて記載をしてあります。

 

5万円程度の少額の借入の場合、多くの場合が上限金利近くの金利が適用されますので、約17%〜18%の金利が適用されることが多くなっています。

返済のしやすさで選ぶ

カードローンを選択する際には、借入のしやすさよりも返済のしやすさを念頭に入れて選択をするべきです。

 

上記でも説明をしたように、カードローンの返済をする際の利息は借入の日数によっても変動してきます。

 

ですので、極力完済までの期間を短くすることが、無駄な利息を支払わないために必要になってくる要素でもあるのです。

 

そうした点から、カードローンを選択する際には、返済のしやすさを重要視すべきです。

 

今回ご紹介した各カードローン会社は多様な返済方法に対応しています。

 

各種ATMでの返済
口座振替
インターネットバンキング
振込返済

 

など、利用者が返済をしやすい形で返済をすることが出来ますので、最終的な完済までの期間も短くなるのですね。

 

余裕がある時には、繰り上げ返済一括返済をするのも、利息を節約するひとつの方法になってくるのです。

実際にあった、こんな失敗例

カードローンを利用する際には、出来る限り失敗を少なく利用することが何よりも重要なポイントとなってきます。

 

ここでは、インターネットの質問サイトに寄せられた例を基に、実際にあったカードローンの失敗例を解説していきましょう。

 

質問者

消費者金融に5万円借りたいと言ったら、3,500円を振り込めば5万円を借りることができるとのこと。

 

実際に5万円を借りることはできましたが、金利も28.78%。消費者金融では普通のことなのでしょうか?

 

これは、インターネットの質問サイトで実際に見ることができた質問です。

 

結論から言って、この質問者さんは明らかに悪質な業者に騙されてしまっていることが分かりますよね。

 

通常の消費者金融を利用する際では考えられない点が、2点あります。

 

まず、消費者金融で融資を受ける際に先になんらかの手数料が必要になってくることはありえません。

 

さらに、この質問者さんが利用した消費者金融では最初に支払った手数料に加えて、28.78%の金利で利息が発生したと記入しています。

 

現在の貸金業法では、10万円未満の融資の場合の上限金利は20.0%までと設定されていますので、違法な高金利であることが分かりますよね。

 

恐らく、この質問者さんは、消費者金融を騙る「ソフト闇金」に引っかかってしまったのではないかと予想することができます。

 

闇金と言うと、怖いお兄さんが「トイチ」「トサン」などの高金利でお金を貸しているイメージのある方が多いでしょう。

 

しかし、近年では物腰も柔らかく、一見するだけでは一般の消費者金融と見分けがつかないような「ソフト闇金」と呼ばれる業者も存在します。

 

そうしたソフト闇金では、金利も支払うことが出来ないほどの高金利ではないものの、違法な高金利であることはいうまでもありません。

 

こうした失敗をしないように、カードローンを利用する際には、そのカードローン会社が安全なものかどうかを自分で判断する必要があるのですね。

5万円ならパート・アルバイトでも借りられる?

特に、5万円程度の少額の融資が必要になってくるのは、パート・アルバイトの方など、非正規雇用の方が多いのではないでしょうか。

 

パート・アルバイトとして勤務する場合、出勤時間や日数によっては月によって収入にばらつきが出てしまうことも少なくないでしょう。

 

出勤が少なかった翌月などの場合、次の給料日まで、どう節約をしてもお金が足りないということもあるのではないでしょうか。

 

パート・アルバイトの方の場合、カードローンを利用しようと思っても審査に不安があるという方も少なくないでしょう。

 

しかし、5万円程度の少額の融資の場合、パート・アルバイトの方でも安定した収入があれば申込みをすることが可能です。

 

カードローンの審査の際には、申込者の年収や勤務形態はもちろんのこと、希望する借入金額によっても大きな違いがでてきます。

 

5万円程度の少額の融資の場合であれば、パート・アルバイトで勤務をする収入の少ない方でも、ほぼ問題なく審査に通過することが可能です。

 

パート・アルバイトの方でも心配をせずに、まずは審査にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

カードローンの審査をうける前に!これだけは気をつけよう

5万円程度の少額の融資の場合、それほど深く考えなくても仕事をしている方であれば審査に通過することは可能です。

 

しかし、当然のことではありますが、全ての申込者に審査通過が約束されている訳ではありません。

 

ここでは、カードローンの審査を受ける際に、気を付けておかなければならないポイントをまとめておきましょう。

スマホ料金の延滞に気を付ける

カードローンの審査を受ける際には、他社カードローンの利用状況なども大きな判断基準のひとつとなります。

 

初めてカードローンを利用する方は、他社の利用が無いから問題ないと思うでしょうが、意外なところに落とし穴があるものなのです。

 

近年では、高価になったスマホの端末代金を、ケータイ料金とともに毎月の分割で支払っている方も多いでしょう。

 

実は、そうしたスマホの端末代金の分割も、カードローンなどの利用と同じ「他社での利用状況」として判断されます。

 

ですので、毎月のケータイ料金を滞納してしまっている方の場合「他社での延滞あり」と判断されてしまうので、審査に不利になってしまうことがあります。

 

初めてカードローンを利用するにも関わらず審査に落ちてしまう方は、スマホの料金を延滞してしまっている方が多くなっているのです。

収入欄には税込年収を記入する

カードローンを申込する際には、自分の年収を記入する欄があります。

 

意外とやってしまいがちなミスとしては、収入を記入する際に手取りの収入を記入してしまうパターンがあります。

 

カードローンの申込みの際に記入する収入は、所得税や住民税などを天引きされる前の総支給額で記入をするのが正式です。

 

年収300万円程度の方の場合でも、税込年収と手取りの年収では数十万円の差が出てしまうこともありますので注意をしましょう。

タイプ別に選ぶおすすめカードローン

今回は、5万円を即日融資で借りたい方のために、それぞれタイプの違うカードローンをご紹介してきました。

 

ここでは、申込者のタイプ別に、具体的にどのカードがおすすめのカードローンになるかを解説していきましょう。

無利息期間を使いこなしたい方はプロミス

プロミスには、初めて利用する方に30日間の無利息期間が用意されています。

 

プロミスの無利息期間は、他社の無利息期間と比べても優秀になっており、初めての借入から30日間の無利息期間をMAX活用することができます。

 

他社カードローンの無利息期間は、新規契約の日から30日間という適用条件になっていることが多くなっていますので、契約から借り入れまで日数が空くと無利息期間が消費されてしまいます。

 

また、プロミスではポイントを貯めることで2回目以降の無利息期間も利用できますので、追加で融資をうける場合でも利息0円で利用することができます。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

申込みが不安な方はアコム

カードローンを利用する際には、金額の大小ではなく不安がついて回ってしまうものです。

 

申込みの際に不安を抱えている方の場合は、オペレーターが親切なことで人気を集めているアコムの利用がおすすめです。

 

社員教育が徹底されたアコムのオペレーターは、利用者の目線に立って相談に乗ってくれますので、審査の際の不安を解消することができるのですね。

 

また、アコムは業界最速クラスの融資スピードを実現することができますので、融資をお急ぎの方の場合でも安心して利用することができます。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

カードレスでスマートに利用したい方はSMBCモビット

WEB完結でカードレス利用が可能なSMBCモビットは、スマートに利用することができるカードローンです。

 

カードレスでの申込みの場合は、カードの発行無しでお金を借りることができますので、申込後に即お金を借りることができます。

 

SMBCモビットでは、セブン銀行との提携でカードを利用しな「スマホATM取引」がスタートしています。

 

また、カードを完全に利用しない取引が可能となっていますので、家族にバレずにカードローンを利用したい方にも最適です。

 

 三井住友銀行グループのSMBCモビット10秒簡易審査限度額800万円、実質年率3.0%~18.0% 

金利・返済方法を確認して、失敗の無いカードローン選びを

給料日までに足りない5万円を借りる際には、即日融資が可能なカードローンを利用すると安全にお金を借りることができます。

 

失敗しないカードローン選びの為には、金利や返済方法を確認して選ぶことが重要となっています。

 

大手カードローンの場合、ほとんどのカードローンの金利は上限金利18.0%で設定されています。

 

5万円未満の借入で20%を超える金利で請求をしてくる業者は違法な業者ですので、絶対に避けるようにしてください。

 

無利息期間のあるもの、家族にバレずに利用できるものなど、自分に合ったカードローンを選ぶようにしましょう。

 

Top