プロミスとアイフル借りるならどっち?どちらも即日融資可能なカードローン


 

カードローンを利用する際に、まず悩むのが「どのカードローンでお金を借りよう」という点ではないでしょうか。

 

特によく比較されるのが、ともに大手消費者金融系のカードローンであるプロミスとアイフルです。

 

プロミスとアイフルでは、ともにネット申込後の即日融資が可能となっており、30日間の無利息期間を利用することができるお得なカードローンです。

 

安心して利用することができるカードローンを探す際には、プロミスとアイフルが選択候補に挙がってくることも多いのではないでしょうか。

 

しかし、プロミスとアイフルのどちらを利用するのが本当にお得なのか、決めかねているという方も少なくないでしょう。

 

今回は、プロミスとアイフルのどっちでお金を借りた方がお得になるのか、様々な角度から検証して徹底比較をしてみましょう!

 

プロミスってどんなカードローン?

三井住友銀行グループのカードローンとなる「プロミス」

 

WEB完結でのカードレス取引が可能となっており、非常にスマートな取引が可能となっているのが特徴のひとつでもあります。

プロミスの基本情報

 

金利

4.5%〜17.8%

借入限度額

最高500万円

審査スピード

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

プロミスではWEB完結でのカードレス取引が可能となっており、非常にスムーズな申込みをすることができるのが特徴のひとつにもなっています。

 

審査通過後は、最短10秒で振込が完了する「瞬フリ」のサービスを利用することで、即時振込融資でお金を借りることができます。

 

また、30日間の無利息期間を利用することができますので、返済の際の無駄な利息の支払いを最小限に抑えることが可能です。

 

プロミスの利用者の声

ここでは、実際にプロミスのカードローンを利用された方の声を聞いてみましょう。

 

・恥ずかしながら滞納をしてしまいましたが、かかってきた電話で親身になって相談に乗ってくれ、とてもありがたかったです

・借りやすさランキングでいつもトップに上がっていますので、安心して利用することができます

・プロミスを合わせて3社利用していますが、プロミスだけが増枠をしてくれて感謝です

 

このように、プロミスを実際に利用した方からは、借りやすさやオペレーターの丁寧な対応に感謝をしている方の声を多く見ることができました。

 

やはり、業界最大手のカードローンとしての安心感がプロミスの大きなメリットとなっているのですね。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

アイフルってどんなカードローン?

大手カードローンの中では珍しく、銀行との提携無しで単独経営を続けているのが「アイフル」です。

 

独自のサービスはユーザーに寄り添ったものが多く、人気の高いカードローン会社のひとつとなっています。

アイフルの基本情報

 

金利

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査スピード

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

アイフルでは「シンプル・スピード・シークレット」を理念とした3つのSでユーザーの要望に応えたサービスを展開しています。

 

特に、家族にバレずに利用したい方にもしっかりと配慮がされており、安心して利用することができるカードローンでもあるのですね。

 

アイフルでも初めてのご利用の方には30日間の無利息期間が適用されますので、返済の際に支払う利息を節約することができます。

 

アイフルの利用者の声

続いては、実際にアイフルを利用されている方の声を聞いてみましょう。

 

・遅延した携帯代金の支払いのために借入をしたが、1,000円単位で借入をすることができるので無駄なく借りられてありがたい

・かなり急いでいたのですが、アイフルで難なく借りることができ、ピンチをしのぐことができました

・審査可決までの手続きもネットで簡易的にでき、融資までのスピードも速く本当に助かりました

 

このように、アイフルを実際に利用した方からは、手続きのスピードに満足している声を多くみることができました。

 

特に急ぎでお金を借りたい方にアイフルが支持されていることを知ることができますね。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

プロミスとアイフル借りるならどっち?様々な項目で完全比較

やはり、基本情報を比べるだけでは、具体的な両者のカードの違いと言うのは分からないものです。

 

プロミス・アイフルともに、即日融資可能なカードローンとなっており、30日間の無利息サービスも共通しています。

 

また、両者のカードともに、申込みのスピードの速さも大きなメリットとなっているのですね。

 

ここでは、プロミスとアイフルをさらに細部から比較をして、両者のカードの違いを探っていきましょう。

金利で比較

カードローンを選択する際の大きな判断基準ともなるのが金利でしょう。

 

カードローンでお金を借りて返済をする際には「借入金額+利息」を返済する必要があります。

 

利息は「借入金額×金利÷365日×借入日数」で計算をすることができますので、金利が安いほど支払う利息が少なくなるということになりますよね。

 

プロミスとアイフルの金利を実際に比較してみましょう。

 

プロミス

4.5%〜17.8%

アイフル

3.0%〜18.0%

 

このように、カードローンの金利は上限金利下限金利に幅を持たせて設定されています。

 

新規契約で少額での申込みの場合、上限金利近くの金利で設定されることが多くなっていますので、金利の面では僅かながらプロミスの側が有利ということができますね。

 

それでは、上記の計算方法を基に、0.2%の金利の差がどの程度実際に支払う利息に影響するのかを計算してみましょう。

 

10万円を17.8%18.0%の金利でそれぞれ1ヶ月借入した際の利息を比べてみます。

 

プロミス(17.8%)

1,463円

アイフル(18.0%)

1,479円

 

このように、0.2%の金利の差で10万円を借り入れした際の1ヶ月の利息の差は、わずか16円ということになりました。

ですので、両者のカードローンで金利による差はほぼ無いに等しいということがお分かり頂けたかと思います。

ATM手数料で比較

カードローンを利用していく中で、馬鹿にならないコストとしてかかってしまうものが「ATM手数料」です。

 

プロミス/アイフルともに、借入・返済を自社ATMはもちろん、コンビニATMなどの提携銀行ATMを利用することができます。

 

ATMで返済をする方にとっては、最低でも毎月1回は利用することになる、ATMの手数料が必要かどうかは大きな違いになってくるのですね。

 

それぞれ、自社ATMに加えてコンビニATMなどの提携ATMで借入・返済の取引をすることができます。

 

アイフルの場合、自社ATMでの取引は無料ですが、コンビニATMなどの提携ATMでの利用では100円〜200円の手数料が必要になってきます。

 

プロミスでは、自社ATMに加えて三井住友銀行のATMでの取引も無料となっていますので、ATM手数料で比較をするとプロミスの方が若干有利になっていますね。

 

提携ATMでの手数料に関しては、銀行と提携せずに独自路線での経営を続けるアイフルは若干不利になってきますね。

借入・返済方法で比較

実際にカードローンを利用していくうえで、重要なポイントになってくるのが借入・返済の際の使い勝手はどうか?という点です。

 

急いでお金を用意しなければならないタイミングでは、柔軟な借入方法を選択することが出来るカードローンの方が有利です。

 

また、返済のしやすいカードローンであれば、無駄な利息を支払うリスクを少なく利用することができるのですね。

 

ここでは、プロミスとアイフルの借入・返済方法を比較してみましょう。

 

プロミスでは、自社ATMや提携ATMを利用した借入に加え、スマホ・パソコンを利用して銀行振込での融資をうけることができます。

 

また、三井住友VISAプリペイドカードに直接プロミスからチャージをして利用することが可能です。

 

プロミスでは返済の方法も多岐に渡っており、

 

インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
コンビニ端末での返済

 

に対応しています。

 

返済がしやすいプロミスでは、繰り上げ返済などもしやすくなっていますので、結果的に返済の回数を短縮することができるのですね

 

それでは、続いてはアイフルの借入・返済の方法を解説してみましょう。

 

アイフルでは、自社・提携先の銀行ATMでの借入に加え、スマホ・パソコンを利用した振り込み融資にも対応しています。

 

返済にはプロミスと同じく、

 

インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
コンビニ端末での返済

 

を利用することができます。

 

カードローンを利用する際の使い勝手と言う面では両者のカードに大きな違いはありませんが、三井住友VISAプリペイドカードを利用することができる分、プロミスが若干便利に利用することができます。

プロミスとアイフルの無利息期間の違いは?

プロミスとアイフルには、それぞれ初めて利用をする方に30日間の無利息サービスが用意されています。

 

それぞれのカードローンに共通して利用できる無利息期間ですが、無利息期間の適用条件に若干の違いがあります。

 

プロミスとアイフルの無利息期間の適用条件は、

 

プロミス

初めての借入の日から30日間

アイフル

新規契約の日から30日間

 

このように、無利息期間の30日間がカウントダウンされる条件に違いがあります。

 

両者のカードローンで同じように、新規契約の日から15日経過した後に初めての借入をした時の差を具体的に比較してみましょう。

 

・プロミスの場合は30日間まるまる無利息期間を利用することができる。

・アイフルでは残りの15日間しか無利息期間を利用することができない。

 

このように、無利息期間で両者のカードローンを比較した場合には、プロミスの方が有利という結果を知ることができますよね。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

プロミスとアイフルで即日融資をしてもらう方法

プロミスとアイフルの最も大きなメリットとなっているのは、即日融資でお金を借りることができる点です。

 

急ぎでお金を借りなければならない場合に、その日のうちにお金を借りることができる点は、カードローンを利用するにあたって大きなメリットとなっています。

 

プロミスとアイフルでは、それぞれ審査の回答時間が21時までとなっています。

 

ですので、その日のうちにお金を借りたい場合には、遅くとも20時頃までに審査の申込みをしておく必要があるのですね。

 

プロミスとアイフルでは、土日・祝や夜間での即日融資の場合の利用方法に若干の違いがあります。

 

アイフルの場合、土日・祝や夜間での即日融資の場合では無人契約機でカードを発行してもらう必要があります。

 

振込融資の場合では、平日15時以降の振込依頼の場合、振込が翌日以降に持ち越されてしまいますので、カードの発行が必須となるのですね。

 

プロミスでは、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を振込口座に指定の場合、24時間対応で振込融資でお金を借りる事が可能です。

 

即日融資の際の利便性を考えると、プロミスの側に若干の優位性があるといっても良いでしょう。

それぞれのカードローンのメリット部分で比較

カードローンには、基本的な機能やサービスだけではなく、それぞれのカードローン独自のメリットが用意されています。

 

ですので、カードローンを選択する際にはそうした独自のメリットを比べる事が大きなが判断の材料となる場合もあります。

 

ここでは、プロミスとアイフルの独自のメリットを比較してみましょう。

プロミスの独自のメリット

プロミスの独自のメリットとなるのは、WEB完結でのカードレス取引が可能になっている点でしょう。

 

審査・申込み〜借入・返済までのすべての取引をネットで完結させることができますので、非常にスムーズにカードローンの利用をすることができます。

 

カードレスでカードローンを利用する際の大きなメリットとなっているのが、郵送物無しで利用することができる点です。

 

カードレスの場合は、カードの発送などの手続きが必要なくなるため、自宅に郵送物が届くことなく利用することができます。

 

家族にカードローンの利用を知られずに利用したい方にとっては、カードレス利用が可能な点は大きなメリット部分になるのではないでしょうか。

アイフルの独自のメリット

アイフルではカードレスでの利用をすることはできませんが、家族にバレずに利用することができるように配慮をしてくれます。

 

特に、カードの配送の際には、配送の時間を選ぶことができる「配達時間えらべーる」を利用することができますので、自分しか家にいない時間帯にカードを配送してもらうことができます。

 

カードレスでの利用は確かに便利ですが、コンビニATMでの利用の利便性を考えると、カードを手元に持っておいた方が便利に利用することができると考えることもできます。

 

また、アイフルではパート主婦の方でも申込みをしやすいレディースローンも用意されており、主婦の方にも利用しやすいカードローンとなっています。

 

ご主人にバレずにカードローンを利用したいパート主婦の方には、アイフルはおすすめのカードローン会社であるといえるのではないでしょうか。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

プロミスとアイフル、結局どっちがお得?

今回は、ともに業界大手のカードローン会社であるプロミスとアイフルを様々な視点から比較してきました。

 

基本情報だけを比較するのでは見えてこなかった違いを知ることができたのではないでしょうか。

 

ここでは、そうした分析結果をまとめ、タイプ別にどちらのカードローンがおすすめであるかを解説していきましょう。

カードレスでスマートに利用したい方はプロミス

プロミスの独自のメリットとなっているのが、WEB完結でのカードレス取引が可能な点です。

 

カードの発行を必要とせず、スマートに取引をすることができますので、お急ぎの方にもおすすめできるカードローンといえるのではないでしょうか。

 

プロミスでは、振込融資の場合でも最短10秒振込可能の「瞬フリ」を利用することができますので、審査完了後の振込融資も非常にスムーズです。

 

また、カードレスでの利用の場合は郵送物が発生しないために、家族にバレずにカードローンを利用したい方にも安心して利用することができます。

 

家族に余計な心配をかけずにスマートに利用することができる点が、カードレス取引をする際の大きな利点となるのですね。

審査に不安なパート主婦の方はアイフル

アイフルの大きなメリットとなっているのが、ユーザーの利便性に合わせた柔軟な対応をしてくれる点です。

 

その中でも、特にレディースローンなどを展開しているアイフルは、パート主婦の方にとって利用しやすい環境であると言うことができます。

 

アイフルのレディースローン「SuLaLi」では、借入限度額を10万円に抑えることで、収入の少ないパート主婦の方でも申込みをしやすい設定になっています。

 

カードの配送に関しても、ご主人のいない時間帯を選択することができる「配達時間えらべーる」で家族バレを防ぐこともできます。

 

また、アイフルのオペレーターも丁寧な対応をしてくれますので、初めてカードローンを利用する方でも安心して申込みをすることができるのですね。

 

カードローンを比べてみると、大きな違いが!自分に合ったカードローン選びを

一見するだけでは、同じようなサービスを提供しているように思えるカードローンのサービス内容。

 

今回はプロミスとアイフルと言う大手カードローン2社を例に挙げて比べてみましたが、細部では大きな違いがあることをお分かり頂けたかと思います。

 

金利や利便性だけではなく、カードローン選択の際のキモとなってくる独自のメリットにはそれぞれのカードローンの特性が出てくるものです。

 

ですので、カードローンを選択する際には、自分の求めるサービスを提供しているカードローンを選択することが大きな判断基準となってきます。

 

失敗しないカードローンを選ぶために、自分に合ったカードローンを選択するようにしましょう!

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

 

Top