アイフルとプロミス借りるならどっち?金利・審査・無利息期間など比較!


 

カードローンを利用する際には、どのカードローンを利用すればお得に利用することができるのか?という点が最も気になる点です。

 

その中でも、大手消費者金融であるアイフルプロミスは、良く比較されているカードローン会社でもあります。

 

しかし、金利や借入限度額でも大きな違いが無いアイフルとプロミスを、どのような基準で選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

 

今回は、アイフルとプロミスを金利や審査、そして無利息期間などの多種多様な条件で比較して、どちらのカードローンがお得に使えるカードローンなのかの結論を出しましょう。

 

アイフルってどんなカードローン?

大手カードローンの中でも、特にクリーンなイメージの強い「アイフル」

 

スマホアプリでは、イメージキャラクターの「ルフィア」がカードローン利用の不安に応えてくれる、安心して利用できるカードローンのひとつです。

アイフル

 

金利

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査スピード

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

業界でもトップクラスの審査スピードの速さを誇るアイフルでは、最短30分での審査回答が可能です。

 

また、審査に不安を抱えている方には、事前に融資可能かを即時判断できる「1秒診断」も利用することができます。

 

イメージキャラクターのルフィアも可愛いスマホアプリも便利に利用できる、現代型のカードローンといえるでしょう。

 

アイフルの利用者の声

ここでは、実際にアイフルを利用した方の口コミを覗いてみましょう。

 

・他社で審査落ちになってしまい、ダメ元でしたが10万円で審査通過。これからは返済を頑張ります。

・申込み時に、私用電話が使えない職場なので、給与明細を在籍確認の代わりにしてもらえて助かりました。

・パート勤めですが、在籍確認の電話を控えてもらうことができ感謝しています。

 

アイフルの口コミを見ると、審査の難易度の低さはもちろん、在籍確認の電話を給与明細などの提出に代えてもらえたことに満足する声を多く聞くことができました。

 

やはり、職場への私用電話などが嫌われてしまう職場も少なくありませんので、そうした柔軟な対応をしてもらえる点は嬉しいですよね。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

プロミスってどんなカードローン?

三井住友銀行グループのカードローンであることから、銀行でお金を借りるような安心感がある「プロミス」

 

カードレス利用も可能と使い勝手の良いカードローンでもあり、初めてカードローンを利用する方にもおすすめできるカードローンのひとつです。

プロミス

 

金利

4.5%〜17.8%

借入限度額

最高500万円

審査スピード

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

プロミスは郵送物無しのカードレス利用が可能となっており、非常にスマートに利用することができるカードローンとなっています。

 

カードレスの場合はカードローンの全ての取引をネットで完結させることができますので、審査から融資までのスピードが非常に早くなっているのです。

 

また、プロミスではスマホアプリにも非常に力を入れており、使い勝手の良いカードローンとなっています。

 

プロミスの利用者の声

 

続いては、プロミスを実際に利用している方の声を聞いてみましょう。

 

・10時に申込みをし、30分待たずに書類アップロードの連絡あり。1時間立たずに融資をうけることができました。

・何年か前にプロミスに申込みをしましたが、定期的な返済で増額をしてくれました。

・簡単入力申込みをしたらすぐにオペレーターから電話あり、感じの良いオペレーターの方で安心することができました。

 

このように、審査のスピードの速さ増額の柔軟さに満足する口コミ情報を多く見ることができました。

 

また、オペレーターの親切な対応もプロミスの大きなメリットになっているのですね。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

アイフルとプロミスを徹底比較!

アイフルとプロミスでは、スピードの速い即日融資をうけることができる共通のメリットがあります。

 

しかし、基本情報を比べただけでは、どちらのカードローンがよりお得に利用できるカードローンかという判断はつきにくいものです。

 

ここでは、より細部の項目でアイフルとプロミスの両者のカードローンを比較して、どちらのカードローンがお得なカードローンなのかを分析していきましょう。

金利で比較

カードローンを選択する際の大きな判断基準のひとつにもなるのが金利の違いです。

 

金利の差は、そのまま返済の際に支払う利息の差になってきますので、金利の安いカードローンを選択することが返済の際の負担を少なくすることに繋がるのですね。

 

それでは、アイフルとプロミスの金利の差を比較してみましょう。

 

アイフル

3.0%〜18.0%

プロミス

4.5%〜17.8%

 

このように、アイフルとプロミスでは上限金利に0.2%の差があります。

 

カードローンを利用する際に、新規申込みで少額の融資の場合は、上限金利近くの金利が設定されることが多くなっています。

 

ですので、上限金利の差は直接的に利用者に影響してくるといってもいいでしょう。

 

具体的に0.2%の金利の差がどの程度の利息の差になってくるのかをシミュレーションしてみましょう。

 

ここでは、30万円を借り入れして36回で返済する際に支払う利息を比較していきます。

 

アイフル(18.0%)

90,431円

プロミス(17.8%)

89,345円

 

このように、返済の際に支払う利息に1,000円強の差がでています。

 

30万円を借りた時の1,000円の利息の差をどのようにとらえるかは人それぞれになってくるかとは思いますが、無駄な利息は少ないに越した事はないですよね。

審査で比較

カードローンを選択する際の基準として、審査の難易度は大きな判断基準のひとつになってきます。

 

特に、パート・アルバイトの方などの場合で審査に自信が無い方にとっては、できる限り審査のハードルの低いカードローンを選択したいというのは正直な所でしょう。

 

アイフルとプロミスに限らず、カードローン各社では審査の基準は公表されていません。

 

ただし、アイフルとプロミスではともにパート・アルバイトの方の申込みを歓迎しており、申込みの門戸は広いカードローンであるといっていいでしょう。

 

アイフルでは限度額を抑えたレディースローンも展開しており、パート主婦の方でも申込みのしやすい環境が整備されています。

 

また、口コミ情報でも両者のカードローンは審査通過を喜ぶ声を多く見ることができます。

 

・アイフル:他社借入1件で過去滞納あり、ダメ元で申込みをしてみたら10万円即決。本当に助かりました。

 

・プロミス:携帯会社の未納金ありのアルバイト勤務でしたが、即日5万円を借りることができて感謝しています。

 

両者のカードローンともに、ブラックでの審査通過を約束するものではありませんが、非常に厳しいステータスの方でも審査に通過した実例が報告されています。

 

審査に不安を抱えている方にとっては、安心して申込みをすることができるカードローンであると言っても良いのではないでしょうか。

無利息期間で比較

アイフルとプロミスでは初めての借入の方に30日間の無利息期間を提供しています。

 

返済の際の利息を節約することができる無利息期間は、カードローンを利用する際の大きなメリットになってきます。

 

ともに、初めての利用の方に30日間の無利息期間を提供していますが、無利息期間の適用条件に若干の差があります。

 

ここでは、アイフルとプロミスの無利息期間の適用条件の差を解説していきましょう。

 

アイフル

新規契約の日から30日間無利息

プロミス

初めての借入の日から30日間無利息

 

このように、両者のカードローンでは無利息期間の適用開始日に違いがあります。

 

新規契約から30日間借入をしていなかった場合、アイフルでは無利息期間を利用できずに消滅してしまいます。

 

無利息期間の使い勝手の良さでは、プロミスの側に分があると言っても良いでしょう。

使い勝手で比較

カードローンを利用する場合には、借りやすさ・返しやすさといった使い勝手の良さも大きな判断基準になってきます。

 

お金が必要になったタイミングですぐに利用でき、返済の遅れの無いように返済方法が多彩なカードローンが優秀なカードローンであると言えるのですね。

 

両者のカードローンともに、カードを利用したATMでの借入・そして銀行口座への振込融資でお金を借りることができます。

 

それでは、両者のカードローンの返済方法を比較してみましょう。

 

 

アイフル

プロミス

店頭での返済

ATMでの返済

振込での返済

インターネットバンキング

コンビニ端末での返済

 

このように、両者のカードローンでは多彩な返済方法に対応しています。

 

アイフル・プロミスともに、最小1,000円単位での返済に対応していますので、余裕がある時に少しずつ返済をすることが可能となっているのですね。

 

随時返済で余裕のある金額を返済していくことは、最終的な返済回数を短縮することに繋がります。

 

早期返済することができれば、それだけ無駄な利息を節約することに繋がりますので、返済の際の負担を軽減することができるのですね。

 

このように、カードローンを選択する際には、借入のしやすさよりも返済のしやすさに重点を置いた方がお得にカードローンを利用することができます。

アイフルとプロミスを即日融資で比較

アイフルとプロミスは、両者ともに即日融資が可能なカードローンとなっています。

 

お急ぎの場合でもその日のうちにお金を借りることができますので、非常に便利に利用ができるサービスと言えるでしょう。

 

アイフル/プロミスともに、24時間体制でネット申込みの受付をしています。

 

審査回答の最終時間は21時までとなっており、20時頃までの申込みでその日のうちに審査の回答を得ることができるということになりますよね。

 

アイフルとプロミスでは、土日祝・夜間での即日融資にサービスの差があります。

 

土日祝・夜間に振込融資を選択すると、通常では実際に振込をされるのが翌日以降に持ち越されてしまいます。

 

ただし、プロミスの場合では三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を振込口座に指定すれば、土日祝・夜間の場合でも即時振込融資をうけることができます。

 

また、プロミスでは最短10秒振込融資の「瞬フリ」のサービスを提供していますので、振込融資の入金が反映されるのも非常にスピーディです。

 

アイフルは、大手カードローンの中では珍しく銀行との業務提携を行わずに独自経営を続けているカードローンです。

 

アイフルで土日祝・夜間に即日融資をうけるためには、無人契約機でのカード発行が必須になってしまいます。

 

独自のサービスを展開することができる強みがありながら、やはり振込融資などの際には三井住友銀行グループのプロミスに比べると不利になってしまうのですね。

アイフルとプロミスではどっちが家族にバレにくい?

アイフルとプロミスでは、それぞれ家族にバレたくない方のための配慮がなされています。

 

アイフルの企業理念でもあるのが「シンプル・スピード・シークレット」といった3つのSです。

 

そのうちのシークレットを実現するサービスになるのが、カードの配達時間を選択することができる「配達時間えらべーる」です。

 

配達時間えらべーるでは、配達時間を事細かく指定することができますので、他の家族がいない時間を指定してカードの配送をしてもらうことができるのですね。

 

家族に内緒にしたいカードローンの利用がバレてしまう、最もリスクが高くなってしまうタイミングが、カードローン会社からの郵送物です。

 

カードローンの口コミを見ていると「家族に内緒にしたいのに、契約書が届いてしまいバレてしまった」などという失敗談もみることができます。

 

カードローン会社では、郵送物を発送する際には、カードローン会社からの郵送物であることが分かりにくいようにカモフラージュをしてくれています。

 

ただし、見慣れない封筒が届いてしまうことで家族に不信感を持たれてしまうことは避けることができないリスクです。

 

アイフルの配達時間えらべーるでは、家族のいない時間に配送をしてもらうことができますので、リスクを最小限に抑えることができるのですね。

 

それでは、プロミスで内緒のカードローンを利用する際のメリットはどのような部分になってくるでしょうか。

 

プロミスではWEB完結でのカードレス利用が可能となっており、そもそもの郵送物無しでの利用が可能となっています。

 

家族にバレてしまう危険性の高い郵送物そのものが無しで利用することができますので、より安全に利用することができるのですね。

結局、アイフルとプロミス、お得なカードローンはどっち?

ここまで、金利や審査、そしてシークレット性などの様々な項目でアイフルとプロミスを比較してきました。

 

基本的な機能は両者のカードともに優秀なカードローンでありながら、詳細な項目では違いがあったことをお分かり頂けたでしょう。

 

ここでは、そうした比較結果を基に、どちらのカードローンがお得なカードローンかを結論づけていきましょう。

カードを利用して便利に利用したい方はアイフル

アイフルのサービスをプロミスと比較した時に、振込融資などのカードを利用しない取引は多少不利となっています。

 

ただし、アイフルではカードを郵送する際の配達時間を指定することができる「配達時間えらべーる」のサービスなどで、カードを安全に手に入れることができます。

 

カードを利用した取引では非常に利便性の高い取引ができる点がアイフルの大きなメリットとなっています。

 

こうした点から、カードを利用して気軽にカードローンを利用したい場合にはアイフルは優秀なカードローンであると言っても良いでしょう。

 

また、銀行と提携せずに独自路線で経営を続けるアイフルには、審査の対応も柔軟であるメリットがあります。

 

他社よりも審査に通過しやすいことを約束するものではありませんが、審査の視点は他社のカードローンと違うことは間違いないでしょう。

カードレスで便利に利用したい方はプロミス

プロミスの最も大きなメリットとなっているのは、WEB完結でのカードレス利用が可能な点です。

 

カードレスで利用する場合は、自宅への郵送物無しで利用することができますので、家族に内緒でカードローンを利用したい方にもピッタリとなっています。

 

また、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、24時間振込融資に対応していますので、即日振込融資を希望される方の場合でも安心です。

 

業界最高レベルの融資スピードの速さを実現しているのも、そうした振込融資の際の利便性の高さなのですね。

 

初めてプロミスを利用する方には30日間の無利息期間※が用意されていますが、プロミスでは無利息期間の適用条件も有利となっています。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

初めての借入から30日間の無利息期間をフルに活用することができますので、無利息期間でカードローンを選択したい方にもおすすめです。

カードを使うか、カードレスで使うかもカードローンの選択基準のひとつ

アイフルとプロミスを様々な項目で比較すると、大きな差になってくるのが「カードレス利用」です。

 

プロミスで利用することができるカードレス利用は、審査完了後の融資もスムーズで、スピード感の速い利用が可能となっています。

 

それでは、カードレスで利用することができないアイフルが劣っているのか?というと決してそのようなことはありません。

 

カードを利用することで、コンビニなどの提携ATMでの24時間利用が可能になっており、気軽に借入・返済をすることができるメリットがあるのですね。

 

このように、カードを使うか、カードレスで利用するかと言う点も、カードローンを選択する際のひとつの判断基準になってくるのですね。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

 

Top