審査の甘いカードローンなんてない?審査が通る人の共通ポイントを解説!


 

「またカードローンの審査に落ちてしまった」

「誰でも審査に通るカードローンってあるの?」

 

このように、カードローンを利用しようと思っている方の中には、なかなかカードローンの審査に通過する事ができずに悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

誰でも通るカードローンなどあるはずが無く、もしそんなものがあるとしたら間違いなく悪質な闇金ですので絶対に手を出さないようにしなければいけません。

 

しかし、カードローンの審査に通り易くする方法というのであれば、申込みの際に注意点を守るだけで審査の通過率を向上させることができます。

 

今回は、カードローンの審査が通る人の共通ポイントを基に、審査通過の方法を解説していきましょう。

 

 

比較的、審査が柔軟なおすすめカードローン

カードローン会社の審査基準は公表されておらず、どのカードローンが審査が甘いと明確に比較する事は難しくなっています。

 

しかし、口コミの審査情報などを考察して、比較的審査の通過率が高いカードローンを分析することは可能です。

 

ここでは、口コミの情報などから、比較的審査が柔軟と考えられるカードローンをご紹介していきましょう。

アコム

 

実質年率

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査スピード

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

審査通過率は大手消費者金融NO1
ネット申込みでの審査スピードは業界最速クラス
初めてのご利用の方は30日間無利息

 

決算書類での新規顧客のパーセンテージが非常に高い、審査通過率の高いカードローンとなっているのが「アコム」です。

 

アコムでは365日24時間体制でネット申込を受付していますが、ネット申込での審査通過スピードの速さに非常に評価が高くなっています。

 

審査通過後は、カードの到着を待つことなく振込融資でお金を借りることができますので、審査〜融資までのスピードが非常に速いのもひとつの特徴です。

 

アコムの大きな魅力となっているのが、オペレーターの丁寧な対応で、初めてカードローンを利用する際にも安心して質問をすることができます。

 

初めてアコムを利用する際には30日間の無利息期間を利用することができますので、返済の際の金利の負担を圧縮することができるのですね。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

アイフル

 

実質年率

3.0%〜18.0%

借入限度額

最高800万円

審査スピード

最短30分

融資スピード

最短1時間

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

独自視点での審査でチャンス高
レディースローンでパート主婦の方でも申込みしやすい
初めての利用で30日か無利息サービス

 

大手消費者金融の中では珍しく、銀行と提携せずに独自視点での融資を行っているのが「アイフル」です。

 

アイフルでは、申込者の視点に合わせて柔軟なサービスを提供しており、レディースローンなどの多彩なローン商品を展開しています。

 

レディースローンでは限度額を抑えることでパート主婦の方でも審査を申込みやすい環境が整備されています。

 

カードの配送の際には配達時間を指定できる「配達時間えらべーる」で家族の居ない時間を指定してカードの配送をしてもらうことができます。

 

アイフルでは、初めての利用の方に30日間の無利息サービスが用意されていますので、少額の利用の場合は利息0円で利用することも可能となっています。

 

アイフルはWEB完結可能!4項目で最短1秒回答!

審査の甘いカードローンなんてあるの?

今回は、カードローンの審査に不安を抱えてしまっている方の為に、カードローンの審査に通るポイントを解説していきます。

 

そもそも、審査の甘いカードローンなんてあるの?ということから考えていく必要がありますよね。

 

カードローン会社各社は審査の基準を公表しておらず、明確にどの会社が審査が甘いと比べることは難しくなっています。

 

上記のおすすめカードローンの紹介でもそうですが、カードローンの審査を比較する為には実際に審査を受けた方の口コミ情報などを参考にするほかないのですね。

 

しかし、口コミ情報はあくまでも口コミを投稿した方の主観が残ってしまうものですので、口コミで評判の良いカードローンが実際に審査が甘いかというと断言はできません。

 

カードローン各社では、それぞれのカードローンで審査基準が設けられており、申込者の返済能力を審査します。

 

ですので、極端にA社よりもB社の方が審査が甘い、ということは考えにくく、特別審査の甘いカードローンなど無いと言ってしまうこともできるでしょう。

 

申込みをした方が全て審査に通過するカードローンがあったとすれば、それはほぼ間違いなく非正規の闇金業者であると考えた方がいいでしょう。

 

カードローンの審査を通過させるためには、カードローン選びももちろん重要ですが、審査に通過するためのポイントを押さえておくことが何よりも重要なポイントとなるのですね「。

銀行カードローンより消費者金融の方が審査が甘い?

カードローンの審査の難易度を考えた時に、ひとつだけ確かな情報として言えるのは、銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査が甘いという点です。

 

銀行カードローンと消費者金融では規制されている法律が異なっており、銀行カードローンの方が低金利で高額の借入をすることができます。

 

また、総量規制の対象外となる銀行カードローンでは、年収の3分の1を超える金額の借入をすることもできますので、その分審査については厳格になっています。

 

また、2017年の金融庁の発表では、3大メガバンクの銀行カードローンの審査が厳格化されたことが発表されており、銀行カードローンの審査はますますハードルが高くなっています。

 

一般的には、銀行カードローンよりも消費者金融の方が2倍程度の審査通過率がある、と言われているのですね。

 

カードローンの審査に不安を抱えてしまっている方は、まずは消費者金融にターゲットを絞って申込みをした方が無難と言えるでしょう。

カードローン会社の審査基準とは

カードローン会社では、それぞれ会社の審査基準に沿って申込者の審査を行っています。

 

審査の基準は公表されていませんが「スコアリング」という方式でカードローンの審査は行われています。

 

スコアリングとは、申込者の属性や過去の信用情報などを点数方式に計算し、一定の点数を満たす方が審査に通過することができるという方式です。

 

どのような基準でスコアリングされるのか、何点あれば審査に通過することができるのか?と言う点は公表されていませんが、審査基準を各項目に分けて考えてみるとわかりやすいのではないでしょうか。

 

審査の際に判断される基準となるのは、

 

年収
勤務形態
勤続年数
希望限度額
固定電話の有無
過去の信用情報

このような細かい点が審査の際に影響してきます。

 

1つ1つの項目で分けて考えてみると、

 

年収

高い方が望ましい

勤務形態

パートより正社員

正社員なら公務員の方がより望ましい

勤続年数

3年以上経過していると望ましい

希望限度額

高額を希望するほど審査のハードルは高くなる

固定電話の有無

固定電話があった方が望ましい

過去の信用情報

延滞・未払い無し

 

このように、大まかなスコアリングの基準を知ることができますよね。

 

年収は高い方が望ましいですが、年収100万円未満のパート主婦の方でも審査に通過している実例は多くなっています。

 

カードローンの審査基準の中で、最も大きく影響してくるのは「希望限度額」「過去の信用情報」の2つの項目であると考えて良いでしょう。

 

特に、消費者金融系のカードローンの場合、希望限度額が年収の3分の1を超えてしまった場合は、審査をうけることもなく借入をすることができません。

 

消費者金融系カードローンでは総量規制の規制によって、年収の3分の1を超える金額の貸し付けは法律で禁じられているのですね。

 

カードローンの審査を申込む際には、自分の年収に見合った希望限度額で申込みをすることも大切なポイントとなってくるのですね。

総量規制とは?

消費者金融系カードローンでは、総量規制によって「年収の3分の1を超える金額の貸し付け」を禁じています。

 

総量規制とは、利用者保護の目的で制定された「改正貸金業法」による規制となっており、返済能力を超える過度な貸し付けを禁じ、利用者の破たんを防止しているのですね。

 

消費者金融系カードローンは、貸金業法にのっとって運営をしていますので、総量規制によって年収の3分の1を超える金額の貸し付けをすることができません。

 

年収の3分の1を超える金額の借入をする為には、総量規制の対象外になっている銀行カードローンでお金を借りる必要が有るのですね。

 

銀行カードローンではない会社が、一部の総量規制の例外以外で年収の3分の1を超える金額の貸し付けをしているということは、貸金業法を無視しているということになります。

 

貸金業法を無視しているということは、もはや説明の必要もないと思いますが違法な業者であるということになるのですね。

 

ですので「無職でも借りられる」などという言葉に釣られて、良く知らないカードローンを利用するのは非常に危険なことなのですね。

審査に重要な個人信用情報とは?

審査の際に重要になってくるのが、申込者の過去の個人信用情報です。

 

カードローンなどの金融商品を利用した場合、申込みの際に記入した個人情報、およびその金融商品の利用状況が「個人信用情報機関」に記録されます。

 

消費者金融が主に利用する個人信用情報機関は「CIC」と言う機関になっています。

 

CICには、氏名や生年月日などの個人情報に加えて、

 

契約した金融商品
契約日
借入金額
支払いの方法
返済の回数
残債
次回の返済日

このように、過去に利用した金融商品の情報がこと細かく記録されているのですね。

 

もちろん、通常通り決められた期日に返済をしている方は、審査の際にマイナスのイメージが付いてしまうことはありません。

 

それどころか、クリーンな返済を続けている方の場合、キッチリ支払いができる利用者ということで、審査の際にプラスの印象を与えることもあるのですね。

 

それでは、審査落ちを繰り返してしまう方の個人信用情報はどのようなパターンか、という点を解説していきましょう。

 

個人信用情報期間には、返済の遅れや未払いなどの情報も細かく記録されています。

 

ですので、既に利用している金融商品の返済で延滞が頻発している方の場合、返済能力に疑問が残るということで審査の際に不利になってしまうことがあるのですね。

 

現在利用中の金融商品の返済の遅れなどに心当たりがある方は、個人信用情報機関CICの情報を自分で確認することもできます。

 

審査に落ちてしまう原因となっているのは、実はカードローンの審査の甘さではなく、自分の個人信用情報に問題がある場合が多くなっているのです。

カードローン審査に通過する方の共通ポイント

カードローンの審査の際には、審査の際に気を付けるべきポイントを押さえる事で、ある程度審査を有利に進めることができます。

 

それでは、どのような点に気を付けておけばカードローンの審査に通過することができるのか、カードローンの審査に通過した方の共通ポイントから考察をしてみましょう。

 

カードローンの審査に通過することができる方の共通ポイントは、

 

収入が安定している
希望限度額が少額
他社での支払いの延滞が無い

このような点がカードローンの審査に通過することができた方の共通するポイントとなっています。

 

それでは、ここではそれぞれの共通ポイントについて、なぜ審査の際に有利になってくるのかを考察していきましょう。

1:収入が安定している

ここで着目をすべきポイントは、高収入の方ではなく「安定した収入」が判断基準になってくる点です。

 

消費者金融では、前述のとおり総量規制に基づいて融資を行っていますので、収入の多寡はそれほど重視される項目ではありません。

 

低収入の方に融資をする場合には、その収入に基づいて限度額が設定されるのですね。

 

カードローンの審査の際には、申込者の返済能力を審査しますので、収入が安定しているか?というのが大きな基準となってきます。

 

収入が安定しているかどうかは、申込者の勤務形態である程度予測をすることができます。

 

例えば、ある月は30万円の収入で翌月は0円と言うように、収入がぶれやすい自営業の方の場合は審査に不利になってしまいます。

 

その場合は、年収が100万円程度の安定した収入のあるパートの方の方が審査に有利になってしまうこともあるのですね。

 

カードローンの審査を受ける際には、少額でも一定の安定した収入を明示できるようにしておきましょう。

2:希望限度額が少額

カードローンの審査は、希望する限度額が高額になってくるほど、審査のハードルも高くなってしまいます。

 

審査に通過する方の共通ポイントとして、10万円未満の少額の限度額で申込みをしているという点が挙げられます。

 

一般的には10万円未満の少額の融資の場合、審査のハードルは非常に低くなると言われています。

 

借入をする際には、実際に希望する限度額があるでしょうが、まずは審査に通過しないことには話になりません。

 

少額でカードローンを契約した場合でも、利用実績によっては限度額が増枠される可能性も充分にあるのです。

 

まずは、少額でも審査に通過することを前提としてチャレンジするようにしましょう。

3:他社での支払いの延滞が無い

カードローンの審査の際に、最も重視されるポイントが他社での利用状況です。

 

カードローンの審査に通過することができる方は、共通して他社での支払いを延滞無く支払いをしています。

 

一般的には、直近3か月の間に連続して支払いの延滞があった場合は、カードローンの審査通過が難しいと言われています。

 

ですので、支払いの延滞に心当たりのある方の場合、少なくとも3か月〜半年は延滞なく支払いを続けてクリーンな信用情報を作ることが大切です。

 

延滞歴がある中で何度カードローンの審査に挑戦しても、審査落ちを繰り返してしまうだけになり、その事実でさらに個人信用情報に傷をつけてしまうことになるのですね。

審査が通る人に共通する項目からみる、カードローン審査に通過する為のポイント

カードローンを利用する際に、最も高いハードルとなってしまうのがカードローン会社の審査です。

 

カードローン会社の審査に通過する方の共通ポイントをみると、カードローンの審査にチャレンジする際に気を付けておかなければならないポイントが見えてきます。

 

パートでも安定した収入を提示する
希望限度額は少額で申込む
延滞の心当たりがある場合は、クリーンな実績を積む

 

この中でも、最も大きなポイントになってくるのが、クリーンな支払い実績を積むということです。

 

返済能力を判断されるカードローンの審査の際には、実際に他社の返済に延滞していないという実績が最も重要なポイントとなってくるのですね。

 

Top