プロミスの限度額を引き上げたい!増額のメリットと増額審査のポイント


 

「プロミスを申込みした時の限度額じゃ足りなくなってきた」

「プロミスの枠じゃ足りないから、他のカードローンを申込もうかな」

 

既にプロミスを利用している方の中には、現在のプロミスの限度額では物足りなく感じ、他社での借入を検討している方もいるかも知れませんね。

 

複数のカードローンで借入をすると、返済も月に数回となってしまいますので負担も増えてしまいますし、返済の管理も面倒になってしまいます。

 

実は、プロミスでは現在の限度額を簡単に増額することが可能になっています。

 

プロミスの限度額を引き上げたい方限度額が上げやすいカードローンをお探しの方のために、プロミスの限度額を増額する方法と押さえておくべきポイントを解説していきましょう。

 

 

プロミスの限度額を引き上げるためには

プロミスの限度額は、プロミスで新規申込をした際の希望限度額の範囲で設定されます。

 

初期利用限度額は年収や自分の提示した希望限度額によっては、希望限度額よりも多く設定されることもあるようですね。

 

しかし、カードローンを利用し続けていると、最初に設定された利用限度額では足りなくなってしまうこともあるものです。

 

中には、プロミスで追加の借入をしようと思ったら、借入限度額オーバーで借りることができなかったという方もいるのではないでしょうか。

 

プロミスの限度額が足りなくなってしまったから、他のカードローンで新規に申込みをしようと思っている方も居るかも知れません。

 

しかし、プロミスでは限度額を引き上げるための「増額」が可能です!

 

プロミスでの増額は新規でカードローンを申込みするよりも簡単な手続きで行うことができ、また、新規での審査よりも増額の方が自分の希望するお金を申込しやすいという特徴もあります。

 

プロミスで限度額を増額するには、プロミスの公式サイトからネット申込みで簡単に手続きをすることができます。

 

限度額が足りなくなってしまった時は、新規でカードローンを申込みするよりも先に、増額の審査を受けてみるのが近道となるのですね。

プロミスで実際に増額をする方法

それでは、実際にプロミスで限度額を増額する方法についてご紹介していきましょう。

 

プロミスで限度額を増額する場合には、ネットから簡単に申込みをすることができます。

 

プロミスの会員ページから「各種申込み」「限度額変更申込」を選択すると、希望する限度額を入力することができます。

 

また、入力する項目には自分の連絡先を記入する欄がありますので、連絡の取りやすい携帯電話番号などを記入すると良いでしょう。

 

増額の希望額と連絡先の記入が終了すると、プロミスでの増額の申込みは完了です。

 

「え?それだけ?」と拍子抜けしてしまうかも知れませんが、増額の申込みは非常に簡単なものなのですね。

 

申込みが完了するとオペレーターから電話があり、増額の申込内容の確認・現在の契約内容の説明などの連絡があります。

 

オペレーターからの電話は5分~10分程度かかってしまいますので、電話を取れるタイミングの時に増額の申込みはするようにしましょう。

 

オペレーターとの電話が終了すると「増額審査」が行われ、増額審査に通過すると自分の希望する限度額に増額することができます。

 

プロミスでの増額で、申込みから実際に増額されるまでの時間は、スムーズに進めば1時間程度で完了します。

限度額を増額することでのメリット

プロミスの限度額が足りなくなってしまった際には、新規で他のカードローンに申込みをするのではなく、プロミスで増額をした方がお得になります。

 

それでは、新規で他社のカードローンを申込みするのではなく、プロミスで増額申請をした方がお得になるメリットというと、どのような点が挙げられるでしょうか?

 

ここでは、プロミスで限度額を増額することでのメリットを解説していきましょう。

新たに他社での審査を受ける必要が無い

プロミスで限度額が足りなくなってしまった際に、他社カードローンでお金を借りる際には、当然のことながら新規申込みの審査を受ける必要があります。

 

他社カードローンを新規で申込みをする際には、既にプロミスで借入がある状態で審査を受けることになります。

 

カードローンの審査では、

 

・年齢

・年収

・勤務形態

・他社での借入状況

 

が大きな判断基準となってきます。

 

プロミスが初めて利用するカードローンであった場合、他社での借入が「ゼロ」であったプロミスでの審査よりも、審査の難易度は高くなってしまいます。

 

他社のカードローンの審査を新規で申込む際には、必ずしも審査に通過するとは限らない、という点がデメリットになってくるのですね。

 

プロミスで限度額を増額する場合でも、増額審査を受ける必要がありますが、入力する項目は希望する限度額と自分の連絡先のみとなっています。

 

万が一審査に落ちてしまった時のダメージも増額審査の方が少ないのではないでしょうか。

借入件数が増えてしまうと、自分の信用情報で不利に働いてしまう

カードローンの審査では、他社での借入状況が大きな判断基準になってくると説明してきました。

 

他社での借入状況で判断されるのは、借入の総額はもちろんのこと、借入件数が大きな判断材料となってきます。

 

一般的には、カードローンでの借入件数が4件を超えていると、新規申込みでの審査通過は難しくなってくる傾向があります。

 

限度額が足りなくなってしまった際に他社での新規申込みをするということを繰り返していると、気付いた時には多重債務者になってしまっているということもあるのですね。

プロミスで増額をした方が金利の面で有利になる

プロミスで増額をすることでの最大のメリットは、金利の面で有利になってくることです。

 

プロミスの金利は4.5%~17.8%となっていますが、新規での少額の申込みの場合、17.8%の金利が適用されることが多くなっています。

 

これは、プロミスに限ったことではなく、多くのカードローンでは新規申込で少額の借入の場合は上限金利に近い金利が設定されます。

 

プロミスでは、借入の総額によって金利が変動します。

 

・1万円~99万円:17.8%

・100万円~:15.0%

 

このように、100万円を超えると金利が15.0%に下がるのですね。

 

それでは、プロミスで増額する場合と、新規で他社のカードローンに申込む場合での実際に支払う利息の差を比較してみましょう。

 

プロミスで50万円借りていて、100万円に増額する場合。

 

プロミスで50万円借りていて、他社で50万円を追加融資する場合。

 

上記の2つのパターンで、3年間・36回払いで返済をした場合の支払う利息を比較してみましょう。

 

 

36回払いの金利

プロミス 

100万円・金利15.0%

247934円

247934円

プロミス 

50万円・金利17.8%

148918円

299639円

他社 

50万円・金利18.0%

150721円

 

このように、プロミスと他社カードローンの2社で合計100万円を借りた場合では、プロミスで増額する場合と比べて5万円以上支払う利息に差が出てしまうのですね。

 

金利の面で考えた時にも、他社で新たに申込みをするよりもプロミスで増額した方が有利になってくるのです。

増額審査に通過するためには

プロミスで限度額を引き上げるための増額をするためには、増額審査を受ける必要があります。

 

増額審査は、新規申込み時の審査と同様に「年収」「他社での利用状況」などが判断基準となってきます。

 

しかし、増額審査の際に年収などよりも重要になってくるのが「現在のプロミスの利用状況」なのです。

 

プロミスでの増額審査の際には、

 

プロミスの利用期間
プロミスの返済状況

 

などが重視されます。

 

当然のことながら、新規申込をした直後に増額審査を受けても、新規申込をした際の状況と変わってない訳ですから増額審査に通過することは難しいでしょう。

 

また、カードローンの増額というのは「カードローン会社にとって優良な顧客」に対して行われるものです。

 

返済が遅れがちな方の場合でも、やはり増額の審査に通過することは難しくなってくるでしょう。

 

目安としては、

 

プロミスの契約から3か月~6か月が経過している
直近3か月の期間にプロミスへの返済の遅れが無い

 

といった方の場合であれば、増額審査に通過する可能性は高くなってきます。

50万円以上の限度額に増額するためには収入証明書が必要

プロミスを新規で申込みをした際に、50万円以下の少額で申込みをされた方の場合は収入証明書が未提出の方も多いでしょう。

 

プロミスでは50万円までは収入証明書の提出が不要ですので、本人確認書類の提出のみで審査を受けた方もいらっしゃると思います。

 

プロミスで限度額を増額する際に、総額の限度額が50万円を超えてしまう場合には収入証明書の提出が必要になってきます。

 

収入証明書には、

 

・源泉徴収票

・直近2ヶ月分の給与明細書

 

などを使用することができますが、保管していないという方は市区役所に「課税証明書」を発行しに行く必要があります。

 

50万円を超えない場合の増額でも、収入証明書を提出すると増額審査に有利になる場合もありますので、増額審査の前には収入証明書を用意しておく方が良いかも知れませんね。

こんな人は増額審査に落ちてしまうかも?

プロミスで増額審査を受けるためには「3か月~半年以上のプロミスの利用」「直近3か月の延滞無し」という点に気を付ける必要があります。

 

しかし、中には上記の条件を満たしていても増額審査に落ちてしまう方も居ますので、注意が必要になってきます。

 

プロミスでの増額審査の際には、プロミスでの利用状況はもちろんのこと、他社での利用状況も大きな判断基準になってきます。

 

他社での利用状況とは、実際に借入・返済をしているカードローンはもちろん、他社での審査を受けた場合も利用状況として判断されます。

 

たとえば、限度額が足りなくなってしまい、他社で審査を何件も受けて審査落ちを繰り返してしまった場合、増額審査の結果にも影響してしまいます。

 

カードローンの審査の際に、複数の会社で同時に審査を受けることは「タブー」とされています。

 

申込み→審査落ちを繰り返してしまうと、その審査落ちしたという記録だけで他社での審査にも悪影響を及ぼしてしまうのですね。

 

ですので、プロミスの限度額が足りなくなってしまった際には、まずはプロミスで増枠審査を受けてみることをおすすめします。

実録!プロミスで年収の3分の1までの増額は可能?

現在、消費者金融系のカードローン会社では、総量規制による規制により「年収の3分の1」までの金額しか借りることができません。

 

プロミスも貸金業法で言うところの「貸金業者」に当たりますので、年収の3分の1までの借入しかすることができないのですね。

 

しかし、それは裏を返すと「年収の3分の1」までは借りられるということになります。

 

ここでは、プロミスで本当に年収の3分の1まで借りることができるのか、口コミ情報を調査してみました。

 

・プロミスで5万円までならOKだったのでコツコツ返済をしていましたが、急にお金が必要になりプロミスに増額を申込むと年収の3分の1の30万円まで増額!非常に助かっています。

 

・年収300万円、50万円希望でプロミスに申込むとあっさり可決、その後プロミスから増額の案内が来て現在は100万円の枠があります。

 

このように、自分から増額申請をしなくても、きちんと返済を続けていればプロミスの方から増額の案内が来ることもあるようですね。

 

カードローンを利用する際には、なによりもクリーンな返済が大切になってくるのです。

プロミスの基本情報

 

実質年率

4.5%~17.8%

借入限度額

最大500万円

審査

最短30分

融資

最短1時間

カードレス

対応可能

収入証明書の提出

50万円まで不要

 

ネットから簡単に増額申請が可能
カードレスも対応可能なので安心
24時間振込融資可能

 

SMBCグループのカードローンであるSMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」

 

業界最大手カードローンのひとつでもあり、抜群の信頼感を誇るプロミスを利用されている方は多いのではないでしょうか?

 

プロミスでは、申込み~審査、そして借入・返済の全てをネットで完結することが出来る「WEB完結」でカードレス※での利用が可能です。

※対象金融機関は200行以上あります。

 

カードローンを申込みすると、カードや契約書が自宅に届いて、家族にバレてしまうことを心配している方も安心して利用することができます。

 

また、初めてプロミスを利用する方には30日間の無利息期間※も用意されていますので、無駄な利息を節約することができるのですね。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

限度額が足りなくなったら、まずは増額の申込みを!

今回、プロミスでの増額の申込み方法を解説してきましたが、希望限度額と連絡先を記入するだけで、拍子抜けするほど簡単に申込みをすることができるのがお分かり頂けたかと思います。

 

プロミスで増額審査に通過するためには、

 

3か月~6か月のプロミスの利用期間がある
直近3か月以内でプロミスでの返済に延滞が無い

 

という条件を満たしておく必要があります。

 

また、申込み時よりも年収が増えたなど、プラスの材料がある場合は増額審査の通過率が高くなっています。

 

限度額が足りなくなってしまったら、新しくカードローンを申込みする前にまずはプロミスの増額審査を受けてみましょう。

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

 

 

Top