「カードローンって、世間の人は実際どんな風に活用してるの?」男性3名の体験談をご紹介!


 

「急な入り用のときは、カードローンで!即日融資も可能です」──こんなキャッチフレーズ、誰でも一度はご覧になられたことがあるでしょう。ですが、実際に即日融資のカードローンをご利用されている、という方は割合としてそれ程多くはないようです。

 

ですので、実際に急な出費が必要になって「これはカードローンを利用したほうが良いのでは?」と思われるような機会があっても、周囲に実体験をされた知人・友人もいないこともあって不安に思い、二の足を踏んでいる…という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、実際即日融資のカードローンを利用された、3名の方の実体験をご紹介していきたいと思います。「カードローンに興味があるけれど、活用しようか迷っている」という方は、是非ご覧ください!

Case1:Sさん(長野県在住・24歳男性・会社員)の、初カードローン体験

「カードローン活用の実体験例」──まず1人目は、長野県在住、営業職勤務のSさんの事例です。

大切な友達の結婚式ラッシュ!でも、ご祝儀のお金が全く足りなくて──

はじめまして、Sと言います。現在24歳で、大学を卒業後、ある会社に営業職で正社員として勤務しています。

 

社内では「営業職は花形」なんて言われていることもあって、入社2年目ながらそれなりに遣り甲斐を持って働けています。残業もふんだんにあるし、結構忙しかったりで大変ではありますけどね。

地元の同年代の友人は派遣社員や契約社員も多く、そういうなかでいうと自分は恵まれているのかなぁなんて思いつつ、でもまだまだ給料は低くて、毎月結構ひいひい言いながら、なんとかやりくりしている、っていう感じです。

 

休日は友人と遊びに行ったり飲みに行ったり、と言うのが多いですね。あとは、ビジネススーツや靴など、営業の外回りが多いとすぐに傷んできちゃうのでたまに買い物に行ったりと…、そんな感じで、毎月、給料日前になると財布の中も銀行の残高もほとんどスッカラカンな状態です(笑)。

 

そんな中、友達の結婚式がひと月に3つも続いた時があったんです。…いや、本当に困りましたね。昔からの大切な友達だったので、欠席するなんてもってのほかでしたし、かといって御祝儀代をケチりたくなかったし、でもどう考えてもお金が足りない!と(笑)。…どうしようかと悩んでいたら、いつも利用している銀行の隣にSMBCモビットのカードローン専用ATMがあることに気付きました。

 

最初に良いな、と思ったのが金利がそれ程高くないということ。まあこれくらいだったら、数ヶ月無理でない程度の節制でなんとか返済していけるだろうな、と。あとは返済もコンビニのATMで手数料¥0で行えることも魅力でした。その上、一つ目の結婚式ももうそこまで迫ってきていて、即日融資で借りられるっていうのも非常に助かりました。この時は確か20万円で借り入れをしたんですが、その金額だったら収入証明書も不要とのことで、手続きも拍子抜けするくらいスムーズに済みました。

 

おかげで、晴れて3人の親友たちの結婚式に気兼ねなく参列することができました。ご祝儀のお礼を言われたことも嬉しかったですが、何より彼らのめでたい席に自分が参加できたことがとても嬉しかったですね。このとき、「ああ、今回良いお金の使い方が出来たな」と、本当に思いました。

 

その後しばらくは結婚式ラッシュは収まり、カードローンの返済も滞りなく済ますことが出来ました。

カードローンをふだんから頻繁に…というのは返済が大変になりそうなのであまりお勧めはしませんが、大切な用事でどうしても手持ちのお金じゃ足りない…なんてときは、即日融資のカードローンは、とてもお薦めだと思いますよ。

 

 ポイント:「即日融資」と「低金利」

今回のSさんの事例は、「同じような状況になったことがある」という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。友人・知人の結婚式って、どうしようかと考えているうちに、どんどん期日が迫ってきて、気付いたら明日になっていた…なんて体験をされた方も少なくないと思います。

 

そんなときにカードローンを賢く使うというのは、とても有効な手段です。いくつかのカードローン会社は即日融資OKであるところも多いので、Sさんのようにスピード手続きで対応することも可能です。また、金利から返済額をきちんと確認して、あとで返済額の大きさに後悔することなく、計画的にローンを組めたというところも良かったでしょう。

 

また、カードローン会社によっては、「無利息期間」を設けているところもありますので、返済額と今後入ってくるお金のバランスで調整が付くようでしたら、「無利息でローンを組む」ことを目指されても良いかもしれませんね。

 

利用したカードローン会社

≪SMBCモビット≫申込~利用までワンストップ対応!PC・スマホからWEB完結☆

Case2:Kさん(東京都在住・29歳男性・契約社員)の、初カードローン体験

続いて2人目のカードローンの体験談は、趣味を大切に毎日を過ごす東京都在住、契約社員Kさんの事例です。

欲しかった自転車(ロードバイク)が一点限りで販売!──だけど手持ちのお金はなく…

私の会社はシフト制になってまして、平日の日が良く休みになるのですが、休日と比べて人通りの少ない繁華街をブラブラとするのが私の日課でした。

この前もいつものように街を歩いていたら、行きつけの自転車屋でずっと前から欲しかったロードバイクが、なんと20万円というお買い得価格で現物1点限りで販売されているのを見つけたんです。一部マニアの間では人気のある自転車で、生で見る機会も滅多になかったのでとてもびっくりしました。

 

「たまたま入荷したんだけど、一点しかないからね。欲しかったら、早めに買いに来てね」とお店の人から。再来週の給料日まで待って、かつ少ないながらも貯金を切り崩せば買えなくもない金額でしたが、恐らくその間に他の人が購入してしまうでしょう。ずいぶん迷いましたが、恐らくここで諦めたり他の人に先に買われてしまっては一生後悔するだろうと、カードローンを使ってすぐに購入しようと決心しました。

 

私が利用したのはアコムの「自動契約機(むじんくん)」。タッチパネルでカード発行をその場で行えるという手軽さだということは前から知っていて、前から試してみたかったんですよね。すると、すぐに仮審査に通過した旨の連絡が来ました。その後、簡単な手続きと、会社への在籍確認もありましたが、在籍確認の方法は事前にオペレーターに確認して会社へはカードローン会社名ではなく個人名で連絡があることを存知していたので、特に心配はありませんでした(後日談になりますが、本当に個人名で連絡があったことを、電話対応した担当者が言っていました)。

 

結果、即日でカードを受け取ることができ、近くのATMで借入することができました。念願のロードバイクを購入することが出来たのです!購入したロードバイクは現在の私の一番の宝物で、最近は暇さえあればロードバイクに乗りまわしています。

 

ところで、カードローンって、契約社員でも利用できるんですね。しかも私の年収は250万程で、審査を通過できるか正直結構不安でした。ですので、何の問題もなく審査通過出来た時は嬉しかったし、なんとなく「信用してくれた」という気持ちになって、返済も頑張ろうという気になりましたね。

 

ポイント:「カード受取りまで即日で進められたこと」と「正社員でなくとも審査通過できること」

人によってモノの価値は様々ですが、今回のKさんにとってロードバイクは20万円を大きく上回る価値があったのでしょうね。

 

さて、今回のケースで言うと、Case1同様即日融資が実現できている、ということと、Kさんが「契約社員でも審査を通過出来た」とお話されているところがポイントと言えるでしょう。

 

実際、契約社員やアルバイトだからと言って、その理由だけでカードローンが利用できないということはありません。実際、大手消費者金融や銀行カードローンでも、契約社員やアルバイトの方を申し込み不可とはしていないのです。

 

それよりも、きちんと「返済プランに無理はないか」といったところを見られますので、変に肩書や年収などを意識するのではなく、計画的な利用が出来そうかといった点を意識して、カードローンを活用されると良いでしょう。

 

利用したカードローン会社

初めてのご利用は 安心のアコムへ!上限金利18.0%!24時間365日お申し込みOK

Case3:Yさん(千葉県在住・42歳男性・会社員)の、初カードローン体験

カードローンを「初めて利用する」という方は、若い方のみではありません。3人目にご紹介しますのは、千葉県在住、会社管理職のYさんの事例です。

給料日前に親戚の葬儀が…このままでは急な出費に対応できない!?

正直にお話しますと、私がお金を借りることになるとは思っていませんでした。「自分は完全にひとり立ちして、頼るより頼られる立場でないといけない」といった意識もありまして。…なんというか、「お金を借りる」という行為自体に、一種の後ろめたさと言うか、敷居の高さも感じていたのでしょうね。

 

40歳を超えたところで働いている組織の管理職ポストに付き、ローンとは言えどもマンションも購入し、妻と2人の子供を養って──と、順風満帆な人生のようで聞こえは良いですが、現実の日々はなかなか大変です。私の家庭では、ローン返済をいち早く終わらせるためになるべく手持ちでお金を持たないようにしており、例えば私が日々自由使えるお金は主に毎月の昼食代と月に数回の飲み会代、そしてあとは毎日の煙草と、月に数回のちょっとした娯楽(せいぜい書籍を買うとか、映画に行く程度…ではありますが)──どれかひとつでも派目を外すものなら給料日前の数日は昼食抜き…なんてこともありました。

 

ですが、サラリーマンと言うのは年齢とともに、急な出費や私が支払うべき出費も増えてくるもの。会社の飲み会への参加もある程度必要とされますし、少ないながらも部下を指導する立場のため、私が支払いをすることも多々あります。また、職場や仕事上の付き合いのある方、学生時代の友人、親族などへの、冠婚葬祭の急な出費も当然ながら、若いころと比べるとどんどん増えてきていました。

 

そして、つい先月のことです。娘の私立中学の入学費の支払いの時期と、祖父の急遽による葬儀の支払いの時期が重なってしまったのです。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、防犯やトラブル対策と言うことで、人が亡くなったときに当人の金融口座は一時的に遮断されることがあります。私の祖父もそのケースで、

──本当に焦りましたね。

 

そんなときに、以前から広告で見ていたとあるプロミスのカードローンを、初めて利用しました。プロミスを選んだ理由は、WEBからの手続きが簡単にできる、という評判を聞いていたからです。いつも仕事で忙しくしているので、店頭まで出向く時間もなかなか作れなかったので、とても助かりましたね。すぐに審査もおり、まとまったお金を手にしたときは、まさに「九死に一生を得た」気分でしたね。また、翌月からの返済も、コンビニから簡単に済ませられたのも安心しました。

 

祖父は、子供の頃私を特に可愛がってくれていました。孫として、そして一人の大人として、祖父を悔いなく送り出せたことに、本当に感謝しております。

 

ポイント:「スピーディな審査」と「簡単返済」

今回のYさんのように、人生では「急に大きなお金が必要になる」という、いわば先送りが出来ないような場面が、何度か訪れます。そのような時の為に、常日頃からきちんと準備しておくことが大切──ですが、いざその準備が出来ていない、という事態もきっとあるでしょう。そのようなときにカードローンをうまく活用することによって、Yさんのように事態を切り抜けることもできます。

 

 更に、返済手法もコンビニや自動引き落としなど、各カードローン会社でも様々なサービスを用意しておりますので、仕事で忙しいYさんのような方も利用しやすいのではないでしょうか。

 

利用したカードローン会社

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

まとめ

正社員営業職のSさん(24)、派遣社員のKさん(28)、管理職のYさん(42)と、3人の男性のカードローン活用の事例をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 Yさんがお話されていたように、「お金を借りる」ということに後ろめたさを感じられる人というのは、きっと少なくなく、いらっしゃることでしょう。ですが、これまでの事例でも見られたように、急な入り用があって、手元に充分な現金がなかったとき、そしてそれを適えることがとても大切であった場合、きっと当事者の方々は、「その後ろめたさを気にする必要性が、今どれだけあるのだろうか」といったところにも、考えが及ぶのではないでしょうか。

 

 そのようなときに、即日融資できるカードローンと言うのは、私たちにとって有効な選択肢、ひとつのカード(手札)となりえます。そのカードを使う時に、最大限有効に、かつ有益に活用できるように、本記事の内容が少しでもお役に立てれば、とても嬉しく思います。

 

Top